院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

スタッフブログ

魔歯について

衛生士の飯田です。
先日4人目の孫が生まれました。
一か月以上も早く誕生して、保育器に入っていましたので、昨日初めて会いました。小さな体でゆっくり母乳を飲んでます。その口に虫歯のような歯が見えました。魔歯です。
柔らかな、グラグラした歯でした。
 
新生児歯(魔歯)とは
先天性歯(魔歯)とは、赤ちゃんが生まれた時点ですでに生えている乳歯のことです。
生後2ヶ月以内に生えてきた乳歯も、先天性歯(魔歯)に含められています。
先天性歯(魔歯)は、生後4~6ヶ月頃に生えてくる白くきれいな乳歯と比べると、構造が不完全です。
たいていは茶色がかった色をしており、歯の表面にはザラザラしていて凸凹がありますし、エナメル質も一般的な乳歯に比べてもろくなっています。
また、歯の根っこが未熟でもろく、グラグラ揺れたり、自然に抜けやすいものです。
先天性歯(魔歯)が生える確率
先天性歯(魔歯)が生える確率は、0.05%(1000人に2人)くらいです。
通常、下あごの前歯(乳中切歯)が生えていますが、乳犬歯や上あごの前歯が生えることもあります。
先天性歯には、正常な乳歯が早く生えてきた(正常乳歯)場合と、余分な歯(過剰歯)が正常乳歯より早く生えてきた場合の2種類あります。
新生児に新生児歯(魔歯)が生える原因
新生児歯(魔歯)は、乳歯や過剰歯が通常より生える現象ですが、原因は特定されていません。
発育異常や遺伝の影響を指摘する声もありますが、はっきりしたことは分かっていないのが現状です。
新生児歯(魔歯)の治療(対処法)
新生児歯(魔歯)は、基本的には経過観察します。
ただし、寝ているうちに抜けて誤飲すると大変なので、グラグラしているようなら早めに抜歯するのが安全です。
また、新生児歯(魔歯)が原因で舌に外傷や潰瘍ができる、歯肉炎になる、お母さんのおっぱいが傷つくといった場合は、歯の先を丸く削ることもあります。
気になる場合は、早めに小児科に相談してみましょう。
自然に抜けるので心配ないそうで、飲み込んでも大丈夫と担当ドクターに聞いているそうです

知覚過敏

冷たい物がしみることはありませんか?

それは知覚過敏かもしれません。今回はそんな知覚過敏について説明します。

知覚過敏は正式には象牙質知覚過敏症といいます。

擦過刺激や冷温刺激などによって引き起こされる短時間で一過性の歯の痛みで、

特に虫歯や神経の炎症などの病変がない場合にみられるものをいいます。

知覚過敏のメカニズム

歯の一番表面にあるエナメル質は削っても痛みを感じることはありません。

しかし、エナメル質内部の象牙質を削ると痛みを感じます。

象牙質には表層部から歯髄まで連続する無数の象牙細管という管状構造物が存在します。

細管内には細胞があり、この周囲に神経の末端線維が分布している為、健全

な象牙質を歯ブラシなどで擦過するとその圧が細管内に伝わり、痛みが生じると考えられています。

知覚過敏の起こりやすい状況(原因)

加齢による歯頸部の露出、歯周病、摩耗、咬耗、酸蝕症、ホワイトニング、修復治療、歯質の亀裂、破折など色々あります。

酸蝕や、咬耗、摩耗による知覚過敏は、日常生活の生活習慣や環境などで歯質を喪失するものなので

セルフケアも大事になります。セルフケアのポイントなどをお伝えしたいと思います。

酸蝕による知覚過敏

酸性飲食物がの多量摂取によりエナメル質表面が溶けて症状を起こしている場合、原因となる物を取らないことが改善策ですが、なかなか困難な事なので、ある程度の対処法をお伝えします。

①酸性飲料の飲み方に注意する。長時間ちびちびと飲まない。ストローを使う。

②柑橘系は皮ごと食べない。種を噛まない。

③酸性の飲み物を飲んだら、飲料水で洗口して口の中のpHを中性にする。

④しみる症状がひどい時は歯ブラシのタイミングを30分ほど空ける。

摩耗による知覚過敏

乱暴なブラッシングでエナメル質を削ってしまったり、歯肉退縮を起こすと症状がおこります。

この場合はブラッシングを注意する事で予防することが出来ます。

①適切なブラッシング圧で磨く。適切な圧は200g以下と言われてます。

②歯ブラシの選択。軟らかめのブラシ、極細毛、コンパクトヘッドの歯ブラシをおすすめします。歯間ブラシをお使いの方は大きいサイズを使わないように気を付けて下さい。サイズが合わないと歯を削ってしまいます。

③歯磨き粉の選択。最近は知覚過敏用の歯磨剤も売られています。(例シュミテクト)症状が軽いうちほど効果が発揮されるので早めのうちから使うのをおすすめします。普段使う歯磨き粉は研磨剤が入っていないもの、挺研磨性の物がいいでしょう。

咬耗のよる知覚過敏

噛みしめ、歯ぎしりにより歯が削れ症状を起こすことがあります。

噛みしめなどは、歯の症状以外にも、肩こりや顎の痛み、歯周病の進行など全身の及ぼす影響も大きいです。

予防策としては、日中は噛みしめないように目に付くところに「噛みしめない!」と書いた紙などを貼って注意喚起をする。夜は歯ぎしりの予防のマウスピース(ナイトガード)をはめる。

硬い物が好きな方やガムを常用する方は、咬耗による知覚過敏を増悪する可能性があるので注意して下さい。

咬耗は意識をすることが大切です。

ホームケア―を頑張ってみても、症状が強かったり改善がないような時は、我慢せず歯医者さんに相談してみて下さい。

よく噛んで、健康に♪

皆さん、初めまして。

ヤガサキ歯科医院受付の渋谷です。

昨年8月に入職しまして、ブログは初投稿です!

今回は『噛むこと』について書いてみたいと思います。

“8020運動”という言葉は、皆さん聞いたことのある方も多いと思います。

これは、”80歳になっても20本以上自分の歯を保とう”という運動で、8020推進財団が推進しています。

そこでは、噛むことの大きな8つの効用について挙げているので、こちらでご紹介します。

〜噛む8つの効用〜

①肥満を防ぐ

よく噛むと脳にある満腹中枢が働いて、私たちは満腹を感じます。 よく噛まずに早く食べると、満腹中枢が働く前に食べ過ぎてしまい、その結果太ります。 よく噛むことこそダイエットの基本です。

②味覚の発達

よく噛むと、食べもの本来の味がわかります。人は濃い味にはすぐに慣れてしまいます。

できるだけ薄味にし、よく噛んで食材そのものの持ち味を味わうよう、心がけましょう。

③言葉の発音がはっきり

歯並びがよく、口をはっきり開けて話すと、きれいな発音ができます。

よく噛むことは、口のまわりの筋肉を使いますから、表情がとても豊かになります。

元気な顔、若々しい笑顔は、あなたのかけがえのない財産です。

④脳の発達

よく噛む運動は脳細胞の動きを活発化します。

あごを開けたり閉じたりすることで、 脳に酸素と栄養を送り、活性化するのです。

子どもの知育を助け、 高齢者は認知症の予防に大いに役立ちます。

⑤歯の病気を防ぐ

よく噛むと唾液がたくさん出て、口の中をきれいにします。

この唾液の働きが、 虫歯になりかかった歯の表面をもとに戻したり、

細菌感染を防いだりして、 虫歯や歯周病を防ぐのです。

⑥がんを防ぐ

唾液に含まれる酵素には、発がん物質の発がん作用を消す働きがあるといわれ、それには食物を30秒以上唾液に浸すのが効果的なのだとか。

「ひと口で30回以上噛みましょう」 とよく言いますが、よく噛むことで、がんも防げるのです。

⑦胃腸の働きを促進する

「歯丈夫、胃丈夫、大丈夫」と言われるように、よく噛むと消化酵素がたくさん出ますが、食べものがきちんと咀嚼されないと、胃腸障害や栄養の偏りの原因となりがちです。

偏食なく、 なんでも食べることが、生活習慣病予防にはいちばんです。

⑧全身の体力向上と全力投球

「ここ一番」力が必要なとき、ぐっと力を入れて噛みしめたいときに、丈夫な歯がなければ力が出ません。

よく噛んで歯を食いしばることで、力がわき、 日常生活への自信も生まれます。

(8020推進財団HPより引用)

皆さんは8つのうち、いくつ知っていましたか?

このように、噛むことは食べるための手段としてだけでなく、健康に大きく関わってきます。

ですから、皆さんもよく噛んで、いつまでも歯と身体を健康に、おいしく食べましょう(^ ^)

 

 

 

 

物品のご紹介

 
 
 
今日も冷たい風が吹く、寒い一日ですね。お寒さのお見舞い申し上げます。
新年あけましておめでとうございます。受付の山下です。
 
今回はヤガサキ医院で販売している物品について一部紹介をいたします。
 
 
 
 
☆tepe歯ブラシ☆
tepeのブラシヘッドは、臼歯部に届きやすいように先端が細くなった台形状にデザインされています。また、毛先にはラウンド加工が施されており、快適なブラッシングを可能にします。
自然に最良のグリップを得られるハンドルによって効果的なブラッシングができます。
当院では1本税込260円で販売しています。
毛先の柔らかさは3種類ございますので自分に合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。 
 
 
☆tepe歯間ブラシ☆
円柱形のブラシは歯間を広げにくく、口蓋側・舌側もクリーニングできます。メタルワイヤーはプラスチックコーティングされているので歯や歯肉にやさしい!
歯間ブラシを使うことによって、歯ブラシだけでは落ちにくい歯と歯の間の汚れをお掃除することができます。
当院では1袋8本入り税込670円で販売しています。 
 
 
☆ウルトラフロス☆
使いやすさを追求したY字型ホルダーで臼歯部にも使いやすく、高耐久性、低摩擦力の『テクロミン』採用で繰り返し使えます。カラフルなホルダーカラーがフロッシングタイムを楽しくいろどり、フロッシングの習慣化をサポートします。お子さまの仕上げ磨きや、お子さまのフロッシングの習慣の育成、歯周病のケアにもオススメです!
当院では1本60円で販売しています。 
 
 
☆チェックアップ スタンダード☆
フッ素滞留性を高めた独自の新処方。フッ素が口腔内のすみずみまで広がりやすいソフトペーストで歯や歯肉にやさしい低研磨性。また、泡立ちが少なく、やさしい香味なので、少量の水ですすげます。
当院では1本600円で販売しています。 
 
 
☆チェックアップ コドモ☆
フッ素の滞留性を高めた独自の新処方。ソフトペースト、低研磨、低発泡、低香味で、お子さまに喜ばれる香味とかわいいキャラクターを採用しています
当院では1本270円で販売しています。
※ストロベリー、アップルの2種類ございます。 
 
 
☆タフト20(小児用歯ブラシ)☆
新しくタフト20がヤガサキ歯科医院で販売されることになりました!
タフト20は乳歯と永久歯、どちらにも対応するコンパクトヘッドです。永久歯が生え始める混合歯列期は形も大きさも異なる歯が乱立します。口腔内を自由自在に動かせ、すみずみまでスムーズに磨くことができます。
歯や歯ぐきを傷つけず、且つしっかり汚れを落とせるよう、1本1本の毛先がなめらかにカットされています。
当院では1本130円で販売しています。 
 
 
 
価格や物品の種類が異なる場合もございますのでご了承ください。
他にも取り扱っているものございますので気になるものがありましたらお気軽にスタッフにお声がけください(*^_^*)♪ 
 
 

砂糖について

寒さが厳しくなってきて冬本番といった毎日ですね!

歯科衛生士の長友です。

今日は「砂糖」についてお話したいと思います。

 

砂糖は、炭水化物と呼ばれる種類の分子の総称で、さまざまな飲食物に含まれています。甘いお菓子のラベル表示をチェックしてみてください。

ブドウ糖、果糖、しょ糖、麦芽糖、乳糖、右旋糖、でんぷん。これらはすべて砂糖の種類です。高果糖コーンシロップ、果汁、粗糖、そして蜂蜜も砂糖の一種です。

砂糖は、キャンディやデザートだけではなく、トマトソースやヨーグルト、ドライフルーツ、フレーバーウォーター、グラノーラバー、意外なものではチューブのわさびにも含まれます。

今や食べ物、飲み物、調味料にまで使われる砂糖ですが、取りすぎると体に悪いとは知っていてもなぜここまで愛される存在なのでしょうか?

 

ここからは少し解剖学の話をします。

ご飯や甘いものを食べると体の中で分解されて糖になります。それが脳にいくとドーパミンという神経伝達物質が発生します。

ドーパミンの役割とは、まず「快感」や「やる気」に大きな影響を与えます。

また、学習能力や記憶力といった部分にも影響を与えます。

よく試験勉強などで疲れているときにチョコレートなどを食べると、疲れが取れたりやる気が出ることありますよね?それは、このドーパミンの作用なのです。

本来このように、とてもいい作用をしているものなのですが、糖を摂りすぎて過剰にドーパミンが出ると「足りない」と錯覚を起こし、タバコやドラッグのように中毒に陥ります。

このドーパミンは増えすぎると感情の起伏が激しくなり、「怒り」「憎しみ」「恐怖感」というマイナスの感情が次々に湧き上がってきます。その一方で「優しさ」や「思いやり」が減ってしまうので、どんどん自分勝手になっていきます。ささいなことでキレてしまう子どもやすぐに癇癪(かんしゃく)を起こしてしまう子どもに、砂糖を与えるのをやめたところ穏やかになったという話は私の周りでも聞く話です。

では、甘いものを食べずご飯も質素にすればいいのか。そんなのつまんないですよね!

甘いもの大好きな私には絶対耐えられません!!

なので、血糖値の急激な上昇を抑えるために食べる順番を変えてみてください。

この食べる順番については、食べ順ダイエットとしてもよく知られている方法ですが、サラダなどの野菜から食べ始めて、炭水化物は最後に食べるというものです。最初に食物繊維が体内に入るため、糖の吸収が緩やかになり、血糖値の急上昇が抑えられ、虫歯予防にもつながります。

みなさんも、最近イライラしてるなーとか疑心暗鬼になってるなー、子どもがわがまま放題で手がつけられないなぁーとかありましたら、甘い缶コーヒーやジュースお菓子など、砂糖を摂りすぎていないか考えてみてください。

洗口剤について

近年、歯科医院や薬局、スーパーなどではたくさんの種類の洗口剤(うがい薬)が売られていますね。どんなものを使ったらいいのか?と悩まれてしまう方もいらっしゃるかもしれません。洗口剤には歯磨き粉とは違った特徴があり、効果的な使い方をすることによって歯磨き粉の弱点を補う働きが期待できるんです。反対に誤った使用方法をすればその効果を発揮することが出来ません。洗口剤をより効果的に使用できるように洗口剤の特徴、種類を知っておきましょう!

そこで今回は洗口剤の 種類 についてご紹介します!

洗口剤は大きく分けると【医薬品】【医薬部外品】【化粧品】3種類に分類されます。(薬事法)

洗口剤ボトルパッケージの後ろを見てみると、これらが記載されていますので、洗口剤選択時の指標にしてみて下さい。

①医薬品

歯科医院や病院で処方される洗口剤です。

虫歯予防に効果的なフッ素の入った洗口剤(フッ化物洗口剤)や外科処置後の感染予防など医療目的で用いられる洗口剤などがあります。使用方法・目的が異なるので各製品ごとに処方された医院で確認して下さいね。

②医薬部外品

医薬部外品の洗口剤は殺菌剤などの薬効成分が配合され、薬効成分の効果・効能が期待でき、容器に【薬用】と記載されている場合が多いです。ブラッシングした後に使うことで、口の中に残った一部の虫歯や歯周病の原因菌を殺菌することができます。

③化粧品

化粧品の洗口剤は薬効成分を含まず、活性剤などの成分が入っているため、おもに口内を浄化する作用があります。殺菌効果は望めませんが、爽快感を得るにはいいでしょう。
このうち、②③の医薬部外品、化粧品の洗口剤についてはスーパーや薬局で購入することが可能です。

 

またこの他にも使い方によっても分類が異なります。

ブラッシング後、液体を口に含んですすいだ後に吐き出して使う【洗口剤】に対し、液体を口に含んだ後にブラッシングを行う【液体歯磨剤】があります。
どちらも、マウスリンス、デンタルリンスと呼ばれ名前もパッケージも似ているため、誤った使用方法がされていることが多いのです。
洗口剤は歯磨き後の仕上げとしてうがいすることを目的としているのに対し、液体歯磨剤は普通の歯磨き粉と同じ様に洗口剤でうがいをしてからブラッシングをします。それだけでなく、洗口剤を使用した後に水でうがいをするもの、しないものと使用方法は様々です。より効果的に使用するには各商品の使用方法に則って洗口することが大切です。

このように簡単便利で効果的に思える洗口剤ですが、洗口剤でうがいをしていれば虫歯にならないわけではありません。歯にべったりと着いたプラークには特殊なバリアがあり、洗口剤が効果的に作用されないことが多いようです。ですから、歯の表面についたプラークを歯ブラシで落としてから、補助的に洗口剤を使えると良いですね!

大石

歯ブラシ

こんにちは。歯科衛生士の松尾です。

今回は歯ブラシの種類についてお話しようと思います。

歯ブラシ売り場に行くと、色んな歯ブラシが売られていて、「どんな歯ブラシを選んでいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか?

歯ブラシの種類を大きく分けると2つに分けられます。

〈歯ブラシ〉

いわゆる手を動かして磨くふつうの歯ブラシ。歯ブラシの形態、毛先の状態や硬さなど数多くの種類があります。例えば、持ち手のところが太かったり、毛先が山切りだったり、毛が細かったり、やわらかかったり、ヘッドの大きさが小さかったりなど、少し上げてみただけでもかなりの種類があることがわかります。

歯ブラシを選ぶポイントとしては、一般的には毛先の形はフラットタイプでやわらかめの歯ブラシがおすすめとされています。その理由としては一番プラークが溜まる歯の根元を磨くにはこのタイプの歯ブラシだと歯茎を傷つけずに効率的に磨けるからとされています。

その他の要素については、人それぞれお口の中の状態は異なるので、使いやすい物を選んでもらえるといいと思います。

歯ブラシの交換時期としては、1ヶ月と言われています。毛先が開いていなくても、毛先のコーティングが1ヶ月くらいで取れてしまうので、この期間での交換がおすすめです。1ヶ月経たずに毛先が開いてしまう方は力の入れ過ぎの可能性があるので注意しましょう。

〈電動歯ブラシ〉

歯ブラシをゴシゴシと動かさなくても、当てるだけで磨ける歯ブラシ。手で磨くより時間を短縮できたり、細かく動かす必要がないので、楽に磨けます。ただし、電動なので、ふつうの歯ブラシと違って重さがあるのが難点です。

電動歯ブラシにも種類があり、高速運動電動歯ブラシと音波歯ブラシと超音波歯ブラシの3つの種類があります。

高速運動電動歯ブラシは回転や往復運動によって、プラークを除去します。音波歯ブラシと超音波歯ブラシは音波の周波数の大きさが異なりますが、音波の振動によってプラークを除去します。

特にどの機種を使っても、正しい使用法であれば、誰でも綺麗に磨けます。

機種によって使い方は異なるので説明書に従って使うのが注意点です。

電動歯ブラシもブラシの交換は必要で機種によって異なりますが、1~3ヶ月で交換するのがおすすめです。

ただし、毛先が痛んできたら、必ず交換してください。

以上が歯ブラシの種類についての簡単な説明になります。

少しは歯ブラシを選ぶ参考になったでしょうか?

何かわからないことがあれば、気軽に担当の歯科衛生士に聞いてもらえるといいと思います。

歯ブラシの種類

こんにちは。歯科衛生士の秋山です。

最近では、様々な形態や毛の硬さの違う歯ブラシが沢山販売されていて、どんなものを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。

歯ブラシの主な使用目的

①食物残渣の除去
②プラークの除去
③歯肉のマッサージ
④口腔粘膜の清掃
⑤舌の清掃
⑥口腔機能のリハビリテーション

歯ブラシは、大きく分けて手用歯ブラシと電動歯ブラシがあります。
電動歯ブラシは振動数の違いにより、音波歯ブラシ、超音波歯ブラシに分類されます。

今回は主に手用歯ブラシについてお話しします。

手用歯ブラシは刷毛部(頭部、ヘッド)頸部(シャンク)把柄部(ハンドル)で構成されます。

毛の材質は現在では、ほとんどナイロン毛ですが、天然毛(豚毛、狸毛など)のものもあります。

毛の硬さは「やわらかめ」「ふつう」「かため」に分類されます。

毛先の形は主に
①直線型
  歯ブラシの頭部を横から見た時に毛の長さが全て揃
  っているもの。
  プラークの除去効果が他のものと比べ最も高い。
②凹型
  歯ブラシの頭部を横から見た時に中央部の毛が短く
  凹んでいるもの。
  歯の頬側が磨きやすいとされています。
③凸型
  歯ブラシの頭部を横から見た時に中央部の毛が長く
  膨らんでいるもの。
  歯の舌側が磨きやすいとされています。
④山切り型
  歯ブラシの頭部を横から見た時にギザギザになって
  いるもの。
  歯と歯の間が磨きやすいとされています。

歯ブラシには、色々な特徴がありますが、年齢や使用目的に応じて自分に合ったものを選ぶ事が大切です。

一般的に、ヤガサキ歯科医院ではヘッドが小さく操作性が良い事、毛先はフラットで毛の硬さは歯肉を傷つけにくく、歯と歯肉の境目に入りやすい、やわらかめのものをおすすめしています。

どんな歯ブラシを使ったら良いかわからないという方は、是非一度歯科医院へ行き相談してみて下さい(^^)

フッ素塗布について

こんにちは。歯科衛生士の池上です。

今回はフッ素について書いてみたいと思います。

虫歯予防によく使用されるフッ素、実際にはどんなものなのでしょうか?

〈フッ素〉

フッ素は地球上で17番目に多い元素です。

土の中や水の中に含まれています。自然の状態ではフッ素単体で存在することはまれで、私たちが利用しているのはほとんどがフッ化物です。

フッ素(フッ化物)には酸に溶けにくい強い歯をつくる働きがあり、世界各国でむし歯予防に利用されています。

〈歯への効果〉

フッ素が歯の表面のエナメル質に取り込まれることで、主成分であるハイドロキシアパタイトの構成がよりしっかりと安定します。これによって歯の質が丈夫になり、酸に溶けにくい強い歯がつくられていきます。

特に生えたばかりの歯は、たくさんのフッ素を取り込みやすい性質があります。

また、唾液中に含まれるカルシウムイオンやリン酸イオンと一緒に、酸に攻撃された歯の表面にくっつき、再石灰化を助けて脱灰部分を元に戻そうとする働きがあります。

〈口の中の細菌への影響〉

細菌は糖を取り込み、分解してエネルギーをつくります。フッ素は糖を分解する酵素(エノラーゼ)の働きを邪魔する性質を持っています。これによって細菌の活動は弱まり、お口の中で細菌がつくられない良い環境になるのです。

〈フッ素を多く含む食品〉

フッ素は緑茶やワカメ、エビ、イワシなどの海産物に多く含まれています。ただし、むし歯予防のためには食品からフッ素を摂るだけでなく、歯科医院でフッ化物を塗ってもらったり、フッ化物入りの歯みがき剤を使う方が効果は高いのです。

〈フッ素は体に悪くないのか?〉

フッ素は食品中にも含まれており、私たちが普段から身体に取り入れている栄養素のひとつです。

もちろん誤った使い方をすれば身体に害を与える場合もありますが、正しい使い方をすれば問題ありません。

〈フッ化物を使っていれば、歯みがきしなくていい?〉

フッ素は歯を強くしますが、使っていればむし歯にならないわけではありません。

歯みがきで丁寧にプラークを取り除き、砂糖の量を控えることは、むし歯予防には大切です。

〈子どもに塗るタイミング〉

子どものベストなタイミングは、乳歯が生えてくる時期や生え変わりの時期です。

生えてきたばかりの歯は弱くてむし歯になりやすいので、早めに抵抗力をつけてあげることが大切です。

〈大人への効果〉

むし歯や歯周病を防ぐには歯みがきが大切ですが、歯周病が進行したり、歯ぐきが下がることによって歯の根元が見えてきます。その根元のむし歯予防にもフッ素は効果を発揮します。

歯の表面にフッ素が取り込まれることで歯は強くなりますが、フッ素を使っていても食事のたびに歯は酸の攻撃をうけてしまいます。

むし歯を防ぐには丁寧なブラッシングやフロス、糖分のコントロール、フッ素を使ったむし歯予防を心がけましょう。

ブラッシングについて

こんにちは、歯科衛生士の安藤です。
皆さん日々の歯磨きはどのようにされていますか?
ブラッシングの仕方は十人十色なので磨けていればokですが、完璧に磨ききるのはなかなか難しいものです。
そこで今回はブラッシングの基本的なやり方をここでご紹介してみます。

①まずは歯ブラシの持ち方です。
 歯ブラシは軽く鉛筆を持つようにして持つのが基本です。
 場合によってはそれ以外の持ち方をすることもありますが、ギュッと歯ブラシを握るのではなく、軽く支えるようなイメージで持ちましょう。

②次に歯ブラシの当て方です。
 基本的な当て方として、
 ・歯に対してほぼ直角(歯ブラシの位置は歯と歯茎の境目あたり)
 あるいは
 ・歯と歯茎の境目に対して45度
 の2種類があります。

③歯ブラシの動かし方は、横に小刻みに動かしましょう。

④あとは磨き残しやすい場所に注意して順番に磨いていきましょう。
 部位別に磨き残しの多い場所、注意点などがあります。
 
 ★下の歯の内側★
 下の奥歯の内側は多くの人が磨き残しやすい場所ですが、特に利き手側の内側は歯ブラシの挿入が難しいです。
 舌をよけて奥までしっかり歯ブラシを入れましょう。
 下の前歯の内側は、歯ブラシを正面から縦に入れ、1本ずつかき出すように磨くとよいでしょう。

 ★下の歯の表側★
利き手側の犬歯付近は、歯並びの曲がり角のため、歯ブラシの向きを切り替えてしっかり毛先を当てないと磨き残しの多いところです。

 ★上の歯の表側★
 上の奥の歯の外側は、口をやや閉じ気味にすると奥まで歯ブラシが届きやすくなります。

 ★上の歯の内側★
 上の歯の内側は、毛先が上の向きすぎて歯ブラシの側面で磨いている人をよく見かけますが、側面では汚れを落とせないので毛先を歯面に当てるように意識しましょう。
 上の前歯の内側は、歯ブラシを縦にして、1本ずつ意識して磨きましょう。

 ★かみ合わせの部分★
 かみ合わせの部分に歯ブラシを直角に当て、1~2本ずつ磨くイメージで小刻みに歯ブラシを動かしましょう。

 ★奥歯の一番奥側★
 奥歯の一番奥側は磨き残しの多いところです。
 歯ブラシのつま先(上の角)を使ってかき出すように磨きましょう。

ここまでがブラッシングの基本ですが、文章を読んでもいまいちよく分からなかったり、やってみても実際できているかどうかは分からなかったりすると思います。
また、歯並びや口の開きやすさ、舌の力、唇の力など、お口の状態は本当に人それぞれです。
人それぞれだからこそ、ポイントとなる点や適した道具なども変わってきます。
一人ひとりに合わせた方法を一緒に考えていくためにも、一度歯科医院でご自身のブラッシングの状態を確認してみてはいかがでしょうか?(^^)

月別アーカイブ