院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

スタッフブログ

オーラルフレイル

オーラルフレイルとは8020運動を基礎とした、口腔の啓発運動の新たなスローガンです。 

 

80歳で20本自分の歯を有している人、つまり8020運動の達成者は、すでに2人に1人と5割を超えています。さらに平均寿命が男女とも80歳を超えた現在、自分の歯の数だけでなく80歳でも不自由なく快適に食事を摂ることができ、口元の容姿に自信をもって、楽しく会話できることが口の健康の指標であると考えられるようになってきています。
こういった状況を踏まえ、高齢者の口腔の健康を支えるためには、自分の歯の数を維持することに加えて、口の働きの衰えを軽視しないことの重要性が注目され、オーラルフレイルという概念が提案されました。オーラルフレイルは直訳すると口の虚弱ですが、このような口に関する些細な衰えを放置したり、適切な処置を行わないままにしたりすることで、口の機能低下、食べる機能の障害、さらに心身の機能低下までつながる負の連鎖が生じてしまうことに対して警鐘を鳴らした概念でもあります。
具体的には、日常生活における口の些細なトラブル(滑舌低下、噛めない食品の増加、むせ、口元の容姿や口臭が気になるなど)を放置もしくは軽視してしまうと、これらの状態は、相互に悪影響し合ってさらに悪化していき、食欲や意欲が低下したり、コミュニケーションの機会が減ったり食事のバランスが悪くなって、栄養に偏りが生じたりします。さらに口の機能低下(咬合力の低下、舌運動機能の低下など)が生じ、低栄養、サルコペニアのリスクが高まり、最終的に食べる機能の障害を引き起こします。

このような日常生活における口の些細なトラブルは、誰しもが避けられない老化としてとらえることもできます。しかし、自然な衰えである口の老化とオーラルフレイルの違いは、オーラルフレイルが食欲や意欲の低下、会話や外出、外食の減少、さらには活動範囲の狭小化、社会的問題、精神心理的問題と複合して生じる不自然な衰えであることです。
しかし、これらの口の些細なトラブルは、早朝に適切な対応を行えば元の健康な状態に戻ることが可能です。反対に放置してしまうと生理的に老化に加え、さまざまな口の機能の低下、それに関連する社会的問題、精神心理的問題が相互に悪影響し合って、口の機能の低下が加速度を増して進んでしまいます。この点が、自然な衰えとオーラルフレイルとの大きな違いです。

以上のことを踏まえ、東京大学高齢者社会総合研究機構の飯島勝矢教授を中心とした神奈川県オーラルフレイルプロジェクトチームでは、オーラルフレイルを以下のように定義しています。「老化に伴う様々な口腔環境、歯数および口腔機能の変化、さらに心身の予備機能力低下も重なり、口腔の健康障害に対する脆弱性が増加し、最終的に食べる機能障害へ陥る一連のの現象および過程」
このようにオーラルフレイルは、これまで老化、廃用として解釈されていた口の機能低下を可視化したモデルといえます。口の機能低下および食べる機能の障害は、オーラルフレイルの概念を構成する一要因として位置づけられます。
多くの人は、加齢とともに低下する運動機能、栄養状態、生活能力を避けられない老化とあきらめ、自ら活動範囲を狭めたり、食べにくいものを避けたりしがちです。口まわりの些細な衰えから始まる現象を見過ごしていると、自覚しないまま悪影響に陥り、やがて食欲が低下し、低栄養状態に至りします。こういった口腔に関連した、些細な衰えを自分ごととし、行動変容につなげることが、オーラルフレイルの最初の一歩となります。

 

デンタルハイジーン参照 山下

熱中症

熱中症とは、体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かくなったりして、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こす病気のこと。

 重症度によって、次の3つの段階に分けられます

 ・Ⅰ度: 現場での応急処置で対応 できる軽症
  …… 立ちくらみ(脳への血流が瞬間的に不十分になったことで生じる) 
           筋肉痛、筋肉の硬直(発汗に伴う塩分の不足で生じる 
           大量の発汗

 ・Ⅱ度: 病院への搬送を必要とする中等症
       …… 頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感

 ・Ⅲ度: 入院して集中治療の必要性のある重症
       …… 意識障害、けいれん、手足の運動障害
         高体温(体に触ると熱い。いわゆる熱射病、重度の日射病)

熱中症が起こりやすい場所

 熱中症といえば、炎天下に長時間いた、真夏の暑いなか運動をしていたといったケースを想像するかもしれません。しかし、実際はこうした典型的な場面ばかりではありません。実は、梅雨の合間に突然気温が上がったなど、身体が暑さになれていない時期にかかりやすい病気でもあります。 
 具体的には、次のような環境では注意が必要です。

 ・ 気温が高い、湿度が高い 
 ・ 風が弱い、日差しが強い 
 ・ 照り返しが強い
 ・ 急に暑くなった

 意外なところでは、気温が低い日でも湿度が高いと熱中症にかかりやすくなります。
 また、家の中でじっとしていても室温や湿度の高さから熱中症にかかることもあり、救急要請時の発生場所では、住宅等居住施設が全体の37%を占め最も多く、次いで道路・交通施設が25%を占めています。最近ではこの様な室内型熱中症が注目されています。 

熱中症を予防するには?

 熱中症を予防するには、次のようなことに気をつけましょう。

○ 暑さを避ける

 外出時にはなるべく日陰を歩く、帽子や日傘を使うなど。 
 家の中では、ブラインドやすだれで直射日光を遮る、扇風機やエアコンで室温・湿度を調整するなど。

○ 服装を工夫

 理想は、外からの熱の吸収を抑え、体内の熱をスムーズに逃がす服装。
 素材は、吸収性や通気性の高い綿や麻などがいいでしょう。
 また、熱がこもらないよう、襟ぐりや袖口があいたデザインもおすすめです。
 ちなみに、薄着のほうが涼しいとはいえ、インナーを着たほうが肌とインナー、インナーとアウターの間に空気の層ができ、
 外からの熱気を遮断してくれます。

○ こまめな水分補給

 暑い日には知らずしらずのうちに汗をかき、体内の水分が失われているもの。のどが渇く前からこまめに水分を補給しましょう。
 ただし、コーヒーや緑茶などのカフェインが多く含まれている飲み物、アルコール類は利尿作用があるので適しません。
 また、汗をかくと、水分と一緒にミネラルやビタミンも失われます。水分補給だけではなく、ミネラルも補給するようにしましょう。
 ちなみに、スポーツ飲料は水分とミネラルを同時に補給できますが、糖分が多いのが欠点。飲み過ぎには注意が必要です。
 ミネラルを補給するには、麦茶などのほうがいいでしょう。

○ 暑さに備えた体作り

 ウォーキングやランニングなどの運動で汗をかく習慣を身につけることも、大事な予防法の一つです。
 日頃から暑さに身体を慣らしておきましょう。

熱中症の判断と応急処置

・これって熱中症? 判断基準

 気温や湿度が高い環境のなかで、立ちくらみ、筋肉のこむら返り、体に力が入らない、ぐったりする、呼びかけへの反応がおかしい、けいれんがある、まっすぐに走れない・歩けない、体が熱いなどの症状がみられたときには、すぐに熱中症が疑われます。
 なかでも、高体温、汗をかいていなくて触ると熱い、ズキンズキンとする頭痛、めまいや吐き気、意識障害がある場合は、重症です。

・熱中症の応急処置

 熱中症が疑われる場合は、次のような応急処置を行いましょう。

  1. 涼しい環境に移す
    風通しの良い日陰や、クーラーが効いている室内に
  2. 脱衣と冷却
    衣類を脱がせて、体内の熱を外に出します。さらに、露出させた皮膚に水をかけ、うちわや扇風機などで仰いだり、氷嚢で首やわきの下、太ももの付け根を冷やし、体温を下げます。
  3. 水分と塩分を補給する
    冷たい水、特に塩分も同時に補える経口補水液やスポーツ飲料などを。ただし、意識障害がある場合は水分が気道に流れ込む可能性があります。また、吐き気や嘔吐の症状がある場合には、すでに胃腸の動きが鈍っていると考えられるので、口から水分を入れることは避けましょう。

こんなときには医療機関に!

 熱中症を疑う症状があり、意識がない、または呼びかけに対する返事がおかしい場合は、すぐに救急車を呼びましょう。
 意識がある場合は、前述の応急処置を行います。
 ただし、水分を自力で摂れない場合は、医療機関へ。
 また、水分を自分で摂れ、必要な応急処置を行ったものの、症状が改善しない場合も、医療機関に行きましょう。 

病院での治療方法

 第一は、身体を冷やすこと。氷枕や氷嚢などを用いて熱や炎症を取り除く 「冷却療法」が行われます。
 さらに、脱水症状などで水分や塩分、栄養素が不足している場合は、点滴でそれらを補います。

こんな人は特に注意!

 乳幼児や高齢者は、熱中症を起こしやすいもの。暑い日や湿度の高い日には特に気をつけましょう。
 まずは、乳幼児。大人よりも新陳代謝が活発で体温が高く、体外に汗を出す汗腺の発達が未熟のため、乳幼児は体温のコントロールがうまくできません。そのため、外出時には水分補給や服装に気をつけてあげましょう。顔が赤くなっていたり、汗をたくさんかいているときには、すぐに涼しい場所に移動を。
 また、年をとると体内の水分割合が少なくなります。さらに高齢者は暑さやのどの渇きを感じにくいもの。そのため高齢者は熱中症になりやすいのです。加えて、心機能や腎機能が低下していると、熱中症になった時の症状が重くなりやすいという傾向もあります。
 このほか、運動に慣れていない運動部の一年生、肥満の人、寝不足や疲れなどで体調が悪いとき、二日酔いや下痢などで体内の水分が減っているときも、熱中症が起こりやすくなります。ちなみに、肥満の人に起こりやすいのは、皮下脂肪が多いと体内の熱が外に逃れにくくなるからです。

    衛生士   飯田

はみがきの歴史と口臭対策

こんにちは。歯科衛生士の秋山です。
今回ははみがきの歴史と口臭対策をお話しします。

はみがきの伝来

歯みがきの始まりが仏教からだったと、皆さんはご存知でしたでしょうか。古代インドでは、お釈迦様が、弟子たちの口がくさいため、仏前に詣でる前に歯木で歯を清掃することを勧めました。
仏教のお経に( 歯木を噛んで歯をみがく)、(舌の上をこそぐ)、(口をゆすぐ)で口中を清めなければならないと説かれています。
歯木を使って歯をみがく行為は、仏教の伝来とともにインドから中国に渡りました。16年間インドで修行した中国の僧侶・玄契三蔵が、帰国して歯木を使った歯みがきを中国に伝えたといわれています。
中国ではニームの木がないため楊柳の小枝を歯木に使ったことから「楊枝」という名称になりました 。

歯ブラシのはじまり

歯ブラシは、中国の遼や宋の時代に考案されました。牛の角や動物の骨で作った柄に、馬毛を植えたものが元祖で、その後、中国の歯ブラシはシルクロードを経てヨーロッパに伝わりました。
日本で始めての歯ブラシは、明治5年に大阪で発売された鯨楊枝です。これは、西洋の歯ブラシをまねて、鯨の髯を柄にして馬毛を植えたものでした。その後、竹の柄に豚毛を植えた竹楊枝、大正期にはセルロイド柄の歯ブラシになります。語尾に楊枝とつくのは、江戸時代の房楊枝の名残りで、明治時代の歯ブラシは歯楊枝と呼ばれていました。歯ブラシという表現は、大正3年にライオンが売り出した牛骨柄の万歳歯刷子からです。

口臭と対策

誰もが気になるお口のトラブル──それが口臭です。日本歯科医師会が2016(平成28)年に発表した調査によると、自分の口臭が気になった経験がある人は80.6%に上り、女性(85.3%)が男性(76.2%)よりも自分の口臭を気にしていることがわかりました。
その結果を年代別でみると、女性は30代、40代が最も高いことがわかりました。一方男性は10代が最も高く、20代、30代で低下していきます。つまり10代は男女とも口臭を意識し、それ以降女性は年代の上昇とともに気になる度合いが高まるのに対し、逆に男性は気になる度合いが低下し、30代が男女の意識に最も差がある世代であることがわかりました。
また自分の口臭を他人から指摘されたことがある人は約40%に上り、男性の方が女性より多いという結果が得られました。この理由として男性は女性に比べて口臭に対する意識が低いと考えられることや、女性の口臭は他人から指摘しづらいという側面もあるのかもしれません。

若年層の口臭の原因として重度の歯周病、歯牙の破折、重度のむし歯、清掃不良などがあげられます。一般的に口臭の80%以上は口腔ないとに起因するといわれており、揮発性硫黄化合物がその原因物質とされています。この化合物の発生源は歯の周りの汚れのプラークと舌表面の汚れの舌苔(ぜったい)となっていることが多いと考えられています。このたの口臭を防ぐ対策として、適切な歯磨きに加えて舌苔を取り除くお口のケアが有効です。
舌苔はうがいで取り除くことができないため、歯ブラシや専用の舌ブラシなどで舌を清掃する必要があります。
舌の奥から手前にブラシを軽い力で動かして清掃します。
このときに力を入れすぎると、舌の粘膜や味を感じる味蕾(みらい)を傷つけてしまうことがあるため、軽いブラッシングを心掛けましょう。

なお、口臭は歯や舌などのお口のケア不足のほか、内科疾患などが原因で発生することもあります。
さらに口臭を気にし過ぎるストレスか。全身の健康に悪い影響を与えることもあるため、歯や舌の清掃を行っても口臭が気になる人はかかりつけの歯科医などに相談してください。

日本歯科医師会参照

フッ化物応用について

日本でもようやくフッ化物配合歯磨剤が主流になりました。不確かな情報ではありますが、 20年くらい前は、日本におけるフッ化物配合歯磨剤のシェアは50%を下回っていた。それだけニー ズが高まってきた証拠でしょう。せっかくフッ化物配合歯磨剤を”普通に”購入できるようになってきたのですから, ここではそのパワーを最大限に引き出す方法について考えていきます。
pH4.3の脱灰液の中に歯牙を入れておくと、歯は溶けていきます。エナメル質の臨界pHよりも低い為です。
ではそこにフッ素イオンが存往するとどうなるか実験した論文があります。その結果はフツ素イオンの濃度によって異なっていました。フッ素イオン濃度が低いと脱灰を防ぐことができず齲窩になりましたが、濃度が上がるにつれ表層下脱灰になり, ある濃度になると脱灰が認められなくなりました。そして齲窩と脱灰なしの境界のフッ素イオン濃度がだいたい0.05~0.1ppmでした。ということはフッ化物配合歯磨剤を使った後で, 唾液中に残るフッ素イオン濃度がこれくらいになってくれれば齲蝕抑制効果が出そうです。

そのためにはどうすればいいでしょうか?
まず、「十分な量の歯磨剤を使う」ということ実験によるとフッ化物が1,000 ppmの歯磨剤で0.5g くらいは必要。これは普通のノズルの歯磨剤で歯ブラシの半分程度の量です。ブラッシング後の洗口も気をつけましょう30mL程度の少量の水で, 洗口回数を少なくするように心がけましょう。たくさんの水を使ったり、洗口回数が多いとフッ素イオンが残らなくなってしまう為です。
歯磨剤に含まれろフッ化物にはフッ化ナトリウムやモノフルオロリン酸ナトリウム, フッ化第ースズなどがあるが、 臨床的には「フッ化物による差はないとされています.これらを使って行う歯磨きは每食後と就寝前が勧められていますが, 特に就寝前が大切です。なぜなら寝ている間は唾液が出ないので, その前にフッ素イオンが供給されると唾液の少ない分高濃度に保たれ齲リスクの高い時間を乗り切れるためです。これで唾液との相補性が確保される。日本では1,500 ppmのフツ化物配合の歯磨剤も認可されろようになりました。このフッ素のパワーを活かして家庭内での齲蝕予防を取り入れたいです。特別な物品を購入いただくわけではなく , 毎日使っている歯磨剤の”使い方”をちよっと意識するだけで, 効果が出るので, 経済性, 継続性が期待できると考えています。
大石
参考文献 デンタルハイジーン7月返信転送

フッ素について

歯科衛生士の牧野です。今回はフッ素についてです。

<フッ素はどのように働くのか>

フッ素は、むし歯予防に関する様々な働きをしてくれます。フッ素配合ハミガキ剤を継続的に使用して、むし歯を予防しましょう。●酸の産生を抑制歯磨きで落としきれなかった歯垢(プラーク)が作るむし歯の原因菌の働きを弱め、歯垢(プラーク)が作る酸の量を抑えます。●再石灰化の促進歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進させます。●歯質強化歯の表面を酸にとけにくい性質に修復します。特に乳歯や生えたての歯は軟らかいので、フッ素配合のハミガキ剤を使い、歯質強化に努めましょう。


<子供の歯の健康のため、歯医者さんでフッ素塗布>

フッ素にはむし歯の原因菌の働きを弱め、歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進し、歯の表面を強化してむし歯になりにくくする働きがあります。その為、特にむし歯になりやすい「生えたての乳歯」や「生えたての永久歯」を持つ子どもたちにむけて、フッ素を塗布して予防するフッ化物歯面塗布法を多くの歯科医院で実施しています。

<実は大人にもフッ素は重要>

大人になると、不規則な生活や、歯科治療などにより2次むし歯(治療済の歯が再度むし歯になる)になりやすく、むし歯リスクが上昇することがあります。また年齢が進むにつれ、歯周病によって歯茎が下がってしまい、セメント質とよばれる表面が弱い部分が露出し、むし歯になりやすくなります。歯科研究では、フッ素配合ハミガキ剤を使うと歯の根元のむし歯を67%も抑制可能という結果も存在します。フッ素ケアは大人にも非常に大切なケア方法なのです。

<フッ素を口に長く残すハミガキ剤を選ぼう>

*フッ素配合のハミガキ剤は多いフッ素にはむし歯を予防する効果があるため、市販のチューブタイプのハミガキ剤の約90%にはモノフルオロリン酸ナトリウムやフッ化ナトリウムなどのフッ化物が配合されている程、フッ素配合のハミガキ剤は一般的なものとなりました。*フッ素を長く留めることが大切フッ素は歯磨きをしたあとも歯や粘膜などに残り、少しずつ唾液と混ざり合って口の中で効果を発揮します。だからこそ、フッ素は長く留めることが大切です。

ライオン クリニカ ホームページ参照

唾液の働き

こんにちは!歯科衛生士の中島です。

今回は、唾液の働きについてのお話をします。

・唾液のマルチなチカラ・
人生100年時代,できれば一生自分の歯で
食べたいものです。歯を長くもたせるカギを握
るのが“唾液”です。
唾液 (saliva) は耳下腺、顎下腺、舌下腺の3つの
大唾液腺と、舌や口蓋などの粘膜面に多数存在
する小唾液腺から口腔内に分泌される液体で
す。成分の99.5% が水分で、無機質と有機質
が残りの約半分ずつを占めます。
内の自浄・洗浄作用,粘膜保護作用,pH緩衝
作用,再石灰化作用,抗菌作用,食塊形成・涙
集作用,消化作用,溶解作用などがあげられま
す。
しかし、唾液の分泌量が減少しその作用も低
下すると、口腔乾燥や嚥下のしにくさ、ネバネ
バ感,口臭,舌痛症,カンジダ菌による口内炎,
臨蝕,歯周病など口腔内に影響を及ぼします。

唾液の作用をここで紹介します!
①“食べる”を助ける
・溶解作用
食物中の味覚成分を唾液中に
溶解し、味覚の発現を助ける。
・消化作用
デンプンは唾液中の消化酵素アミラーゼ(唾液
アミラーゼ;プチアリン)により、デキストリンやマ
ルトース(麦芽糖)に分解される.そのためデンプ
ンを含む食品を噛みつづけると甘味が感じられ
るようになる。
・自浄・洗浄作用
粘膜や歯の表面を覆い、咀時に食物を付着
しにくくしたり、洗い流したりする。

②口腔内の“歯や粘膜を守る”
・被覆作用
唾液由来の糖タンパクを含むペリクルが歯
の表面を覆い、酸から歯を守る。
・pH緩衝作用
唾液中の重炭酸塩が,プラーク中のpHが急
激に低下するのを防ぐ。

3. 全身の“健康を守る”
・再石灰化作用
唾液中のカルシウムやリン酸塩などのミネラ
ル分が、歯を修復する。
・抗菌作用
唾液中のリゾチーム, ラクトフェリン、ペルオキ
シダーゼヒスタチンなどの酵素・抗菌物質,
そして分泌型免疫グロブリンA(IgA)などの
抗菌因子が抗菌力を示す。
・粘膜保護や潤滑作用
唾液中のムチン(糖タンパク)が粘膜の表面を
覆い, 粘膜を保護して傷つけにくくし、発音や発
声をスムーズにする。
・抗がん作用
唾液中のペルオキシダーゼ、カタラーゼ、アス
コルビン酸などが、食物中の発がん性物質
が出す活性酸素を減少させる。
・粘膜修復作用
唾液中に含まれるタンパク質であるヒスタチ
ンに抗菌作用と創傷治癒作用があるが、「傷
を舐めると治る」という言葉があるように, 唾液
は人ばかりでなく動物においても天然の傷
薬となりうる。
・老化防止作用
唾液中のパロチンや成長因子IGF-1が老化
防止に役立つ。
こんなにたくさんの働きをしていることをご存知でしたでしょうか?

唾液を増やすためにすぐにでも、できることとしては,水分補給,食事のときによく噛むこと、ガムを噛
むこと、口腔周囲筋や舌を動かすこと,唾液腺
マッサージなどを行うこと有効です。





デンタルハイジーン参照





返信転送

歯ぎしり・くいしばりについて

こんにちは、衛生士の奥野です。

今回は「歯ぎしり・くいしばり」についてお話します。

冷たい水でブクブクうがいをしていると歯がしみることありませんか?

しみる原因は様々ですが代表的なものの1つが「知覚過敏」です。

ひどくなると瞬間的に鋭い痛みを感じるやっかいな症状なのです。

しみる症状に悩まされている方が最近多くなってきています。

では、なぜ知覚過敏になってしまったのか・・?原因はさまざまありますが今回は原因の一つである歯ぎしり、くいしばりについてお話します。

噛み合わせの悪さやストレスが原因で「歯ぎしり、くいしばり」は起こります。

自覚のない方も多く、たかが歯ぎしり・・と思われる方も少なくはありません。

一般に力いっぱい食いしばった時には自分の体重と同程度の力が歯にかかると言われています。これが一般の食事中であれば無意識の中で噛む力をコントロールしているため、害を起こすほどの力が歯にかかることは稀です。 ですが夜寝ているときは噛む力をコントロールすることはできないため、無意識のうちに歯や歯茎、顎に負担をかけています。そして多くの場合、自覚はありません。

無意識の中で何時間も毎晩噛みしめていると歯にヒビが入ったり歯茎にダメージを与えてしまいます。

中には「私は歯ぎしりなんてしないし、人に指摘されたこともない」とおっしゃる方もいると思いますが、真っ直ぐに食いしばる場合音が出ないので周囲の人も気づかず、本人にも自覚がないことが多いです。

自身でチェックできる自己チェックをご紹介いたします。

☆チェックしてみましょう

・歯茎の下の方や、下の歯の歯茎の裏側がデコボコしていませんか?

長年かみ合わせが強い人は、上顎、下顎に噛み合わせの力に対抗するように骨が発達します。

・舌のわきがデコボコになっていませんか?

食いしばる時舌を押し当てるので、歯の形にそって舌の形が変わってしまっている場合もあります。

 また、夜間の歯ぎしり、食いしばりが無いのに症状があるという人もいます。それは、「TCH」という日中の食いしばりの癖が原因である可能性があります。

通常、日中においても上下の歯が接している時間は1日の中でわずか15~20分と言われています。

ですが、仕事中、勉強中、携帯を操作している時など、集中している時に上下の歯を合わせてしまう癖になってしまっている人がいます。

寝ている時ほどの力はかかっていませんが、長時間、頻回なこの癖はやはり歯・顎・歯茎にとってはダメージを与える働きとなってしまいます。

ではこういった事は治せるのでしょうか?

先ほども言いましたが、歯を接触させるだけでも歯・筋肉・舌など組織は疲労してきます。

日中の食いしばり対策は、まず自分で気づくこと(認知すること)です。

時々意識して、食いしばっていないか確認してみてください。もし気づいたら顎の力を抜いて、上下の歯を離してください。

睡眠中の食いしばり歯ぎしりも精神的ストレスにより増長することが確認されています。睡眠中は睡眠時専用の歯を守るマウスピースもあります。

常日頃から食べる・飲み込む・話す以外は歯を合わせないように意識して、顎をリラックスさせて過ごしましょう。

超高齢社会における歯周治療のあり方

われわれが想像する以上に、わが国の高齢化の波は深刻度を増しています。この激変は歯科の世界にも確実に影響を与え、これまで経験したことのない対応を迫られる時代に入ると私は想像しています。最近、脳梗塞等の後遺症で障害をもち、家族に支えられながら診療所に来院される方が多くなってきました。そしてその多くの方が、数種類から十数種類の薬を服用され、歯肉が発赤、腫、増殖し、明らかに薬の影響を受けていると判断できるケースも少なくありません。また、口腔乾燥症を呈する患者さんに接する機会が増えました。30年前に老人ホームで経験した高齢者の口腔内と比較して明らかに違うことは残存歯数が急激に増加し、歯肉の炎症が頻繁に認められることです。

歯科医療関係者のゆまない努力と国民の口腔保健に対する関心の高まりによって平成23年(2011年)8020達成者はなんと推定値で38%を超えました。8020運動がスタートとした当初、わが国ねおいては全く達成不可能なスローガンであり、たいへん不謹慎なことにイベントのための運動ではないかと感じました。しかし、平成20年年代に入り、驚くほど残存歯数は伸長し、あと10年以内に50%を達成する勢いです。一方、平均寿命の増進によって、疾病と障害をもち、感染しやすい高齢者の急増が社会の新たな問題として浮かび上がってきました。このことは、難しい条件、環境下で歯と口腔を管理していかなければならない時代に突入したと認識していいでしょう。激増する残存歯をいかに健全に保全するかが大きな問題になってきます。歯科の一分野の話をしているのではなく、歯科全体として、これから訪れる高齢化の大きな波にどのような対策を立てなければならないか、その際、キーワードになるのが「老年歯周病学(歯周治療)」です。多くの歯科医師と歯科衛生士が日々の歯周治療に携わり、国民の治療に貢献しています。

口腔ケアは、いまではどの看護、福祉の本や雑誌を見ても掲載されています。しかし、その掲載された内容を見て気づくことは、口腔ケアの実態があいまいであることが多いということです。その中核になるものがセルフケアとプロフェッショナルケアの両面から歯周病をコントロールしていくことです。高齢者といっても元気で社会活動している「in dependent」な方も多く生活されています。このような方には、元気うちから、しっかり歯周治療を行い、メインテナンスを受けることをおすすめします。


受付 山下

デンタルハイジーン参照

コロナウイルス対策について

ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合家庭内でご注意いただきたいこと ~8つのポイント~(一般社団法人日本環境感染学会とりまとめを一部改変)令和2年3月1日版

 部屋を分けましょう

◇ 個室にしましょう。食事や寝るときも別室としてください。・子どもがいる方、部屋数が少ない場合など、部屋を分けられない場合には、少なくとも 2m以上の距離を保ったり、仕切りやカーテンなどを設置することをお薦めします。・寝るときは頭の位置を互い違いになるようにしましょう。

◇ご本人は極力部屋から出ないようにしましょう。 トイレ、バスルームなど共有スペースの利用は最小限にしましょう。

感染者のお世話はできるだけ限られた方で。

心臓、肺、腎臓に持病のある方、糖尿病の方、免疫の低下した方、 妊婦の方などが感染者のお世話をするのは避けてください。

マスクをつけましょう

◇ 使用したマスクは他の部屋に持ち出さないでください。

◇マスクの表面には触れないようにしてください。マスクを外す際には、ゴムやひもをつまんで外しましょう。

◇マスクを外した後は必ず石鹸で手を洗いましょう。 (アルコール手指消毒剤でも可)※マスクが汚れたときは、すぐに新しい清潔な乾燥マスクと交換。 ※マスクがないときなどに咳やくしゃみをする際は、ティッシュ等で口と鼻を覆う。

こまめに手を洗いましょう

◇こまめに石鹸で手を洗いましょう、アルコール消毒をしま しょう。洗っていない手で目や鼻、口などを触らないようにし てください。

◇心臓、肺、腎臓に持病のある方、糖尿病の方、免疫の低下した方、 妊婦の方などが感染者のお世話をするのは避けてください。 

  換気をしましょう 

◇ 定期的に換気してください。共有スペースや他の部屋も窓を開 け放しにするなど換気しましょう。

手で触れる共有部分を消毒しましょう

 ◇ 共用部分(ドアの取っ手、ノブ、ベッド柵など)は、薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭いた後、水拭きしましょう。 ・物に付着したウイルスはしばらく生存します。 ・家庭用塩素系漂白剤は、主成分が次亜塩素酸ナトリウムであることを確認し、使用量の目安に従って薄めて使ってください(目安となる濃度は0.05%です(製品の濃度が6%の 場合、水3Lに液を25mlです。))。

◇ トイレや洗面所は、通常の家庭用洗剤ですすぎ、家庭用消毒剤でこまめに消毒しましょう。 ・タオル、衣類、食器、箸・スプーンなどは、通常の洗濯や洗浄でかまいません。 ・感染者の使用したものを分けて洗う必要はありません。◇ 洗浄前のものを共用しないようにしてください。 ・特にタオルは、トイレ、洗面所、キッチンなどでは共用しないように注意しましょう。 

汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう

◇ 体液で汚れた衣服、リネンを取り扱う際は、手袋とマスクをつけ、一般的な家庭用洗剤で洗濯し完全に乾かしてください。 ・糞便からウイルスが検出されることがあります。

ゴミは密閉して捨てましょう

◇ご本人は外出を避けて下さい。

◇ご家族、同居されている方も熱を測るなど、健康観察をし、不要不急の外出は避け、特に咳や発熱などの症状が あるときには、職場などに行かないでください。

 ◇鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れ、室外に 出すときは密閉して捨ててください。その後は直ちに石鹸で手 を洗いましょう。
厚生労働省HP参照 

大石

返信転送

ウイルス感染に対抗する歯科の重要性

こんにちは。歯科衛生士の秋山です。今回はコロナウイルスと歯科についてお話ししたいと思います。
新型コロナウイルス感染症の初期症状としての嗅覚異常と味覚異常
歯科では味覚異常をどのように診断しているか?歯科で味覚異常を診察する際に、まず念頭に置くのは、味覚を伝えている神経系(鼓索神経や舌咽神経など)の障害です。これらの神経の障害は、抜歯などによる損傷、外傷による損傷、ヘルペスウイルスによる障害、中耳炎などの罹患で起こります。ときには脳腫瘍や脳血管障害(中枢性疾患と呼ばれる)なども考えられます。これらは、神経系の経路(神経回路)で起きている障害のためにそのほとんどが片側です。神経が分布する場所(支配領域)に沿っていることから、その場所に痛みやしびれ、表情筋の麻痺などの症状が必ず伴います。味覚異常は、感冒、花粉症、アレルギー性鼻炎などでも発現しますが、これらは鼻水や鼻づまりなどの鼻の症状を伴います。

痛みやしびれ、表情筋の麻痺などの症状がなく、味覚異常のみを訴える場合、まず考えられるのは亜鉛欠乏です。亜鉛は、細胞分裂(1個の細胞が2個以上の細胞に分れる現象)に関わる多数の酵素活性に関与しています3)。そのため、血液中の亜鉛不足が新陳代謝の著しい味の受容器である味蕾細胞の細胞分裂を低下させます。血液中の亜鉛不足の原因として、栄養のバランス異常のほか、抗がん剤、抗パーキンソン薬、抗アレルギー薬など多種多様の常用薬があります。患者さんが味覚低下ではなく異様な味を感じると訴える場合は、口腔カンジダ症、貧血、シェーグレン症候群なども考えられますので、舌の性状や色調、口腔の乾燥の度合いなどの診察を必ず行います。また、糖尿病や腎不全の影響、放射線治療後、うつなどの精神心理学的影響などによる味覚への影響もあります。これらの症状はじわじわと出現します。つまり、口腔に原因があるわけではなく全身の一症状が口腔に出ているのです。しかし、突然、他に考えられることがなくて著しい味覚障害が出現した場合、特発性疾患(原因不明で発生する疾患で、医学の進歩により原因が解明されると特発性疾患から除かれる)として扱われます。新型コロナウイルス感染症の症状として味覚障害が報告されました。この時期ですので、新型コロナウイルス感染症も疑われます。ウイルス感染に対抗する歯科の重要性「インフルエンザ予防と歯周病菌との関係」より考えられること1 口腔健康管理(口腔清掃)はウイルス感染への水際対策です感染症予防のために大事なことは、身体を清潔にすることです。清潔な体の表面に病原菌は感染しにくいのです。しかし、手や体、髪を洗うことは心がけていても、お口の中を清潔にすることを忘れていませんか?
ウイルスの感染は、鼻と口と目から起こります1)。インフルエンザウイルスの場合、お口が不潔だと、口に入ってきたウイルスが感染しやすくなります。お口を清潔にし、健康に保つことはウイルス感染の水際対策なのです。お口に住んでいる細菌が出すタンパク分解酵素は、ウイルスが粘膜細胞の中に感染することを促進します2)。ウイルス感染予防のために、お口の衛生管理を心がけて下さい。特に歯周病菌は強力なタンパク分解酵素をもっています。歯周病にかかっている方には、ご自身での口腔清掃と共に、歯科医院におけるプロフェッショナルケアも大事です。2 不潔なお口は腸内細菌のバランスを乱して全身の免疫力を弱めますウイルス感染への有効な対策は、体の免疫力を低下させないことです。腸内細菌のバランスは全身の免疫に密接にかかわっています。そのため、腸内細菌のバランスが崩れると、感染症にかかりやすくなったり、さまざまな全身疾患が発症しやすくなることが知られています3)。お口の細菌が食道・胃を通って腸内にたどり着き、腸内細菌のバランスを乱して全身疾患発症の原因となることが判ってきました4)。お口が不潔な方、特に歯周病にかかっている方は、食事のたびにたくさんのお口の細菌が腸に運ばれるため、全身の免疫力が低下するリスクが高まります。3 お口が不潔だと肺炎のリスクも高まります中高年になると誤嚥と言って、食べ物や唾液が気道に入ってしまうことがあります。お口が不潔だと、この時にたくさんの細菌が気管に入って肺にまで至り、誤嚥性肺炎という肺炎を起こしてしまいます。誤嚥のリスクが高い方は、ウイルス性肺炎のリスクも当然高くなります。
さらに、歯ぐきに住む歯周病菌が血流にのって全身を駆け巡り、体のあちこちに炎症を起こします5)。また、歯ぐきの炎症により作られた炎症を起こす物質(炎症性物質)も血流にのって全身へとばらまかれます。その結果、体の免疫が乱されてウイルス感染による炎症症状が進みやすくなってしまいます。4 注意してください!コロナウイルスは口からもやってきます現在、中国からたくさんの論文が発表されています。これらの論文は、ウイルス感染が「口腔からも始まる」可能性を示しています1, 6)。今後ますます検証が進むと、コロナウイルス感染の予防には口腔衛生管理が重要であることがはっきりしてくることでしょう。
手洗い・うがいに加えて、お口のセルフケア(丁寧な歯磨き)とプロフェッショナルケア(歯科医院での専門的クリーニング)を心がけてください。また、舌を磨くこともウイルス感染予防に効果があります。
日本歯科医学会連合
新型コロナウイルス感染症対策チーム 参照返信転送
1 / 18123...最後 »

月別アーカイブ

1 / 18123...最後 »