院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

ドクターブログ

院内勉強会

こんにちは。副院長の安藤です。

先日、新型コロナウイルスの関係で開催がずっと中断していた院内勉強会を行いました。

全員マスク着用、換気を行い、感染防止に配慮しながら二人のドクターが症例を発表しました。

また、今回は初めて若手の技工士さんの発表がありました。

顎顔面矯正という、矯正治療の報告ではお子さんの矯正のケースでは3年前ほどは完全に受け口だった歯並びがきれいになりました。

大人になってからの治療では、ほとんどのケースで歯を抜くことになります。

もちろんそれでも見た目はきれいになりますが、歯を抜くことで噛みあわせが悪くなってしまったり、舌のスペースが狭くなってしまったり、問題も多くあります。

矯正治療は早めに始めると、メリットが大きいのです。

どのような治療もそうですが、きちんと写真をとって記録することは非常に大切だと感じました。

また、もう一人のドクターは歯の根っこの病気を外科的に治すという治療の症例でした。

根の治療とは、いわゆる神経の治療で経験のある方も多いと思います。

しかし、根の治療は通常の方法で治らないことがあり、そのような場合に適応したり、前歯などの被せ物がきれいに入っていて外して治療ができなような場合に適用されます。

この治療はマイクロスコープを使用することで飛躍的に治療成績が向上した治療法でもあります。

マイクロスコープでは治療の動画を録画できるので、動画を他のドクターや院長に確認してもらい、治療のフィードバックが可能です。

よく考えられていて、大変勉強になりました。

今回の勉強会では若手の技工士さんによる、模型作りのプレゼンテーションがありました。

みなさんのお口の中に入れている詰め物、被せ物は型をとって、石膏という材料を使って模型を作ります。

ここで誤差が大きく生まれてしまうと、詰め物や被せ物が合わなくなってしまうのです。

技工士さんはこの模型を誤差なく作る為、大変な作業をしています。

今回のプレゼンテーションの中では少し特殊な方法で精度を高めた模型づくりについて、教えていただきました。

私たち歯科医師は、皆さんのお口の中で形をつくった後、型をとりそのまま技工士さんにお願いすることが多く、詰め物が出来上がる細かい工程までじっくり見ることはあまりないのです。

提携している技工所では、かなり精度の高い詰め物、被せ物が出来上がってくるのですが、最初の模型作りの段階から細かい配慮がされており、非常に刺激になる勉強会でした。

なかなか大勢で勉強会を行えない状況ですが、Zoomなどを用いたり、Web配信のセミナーを見ることで勉強の機会を増やしていきたいと思いました。

安藤

あなたは大丈夫?自粛中の食生活

こんにちは。副院長の安藤です。

学校やお仕事が再開された方も多いのではないでしょうか。

感染者数もまだどうなるかわかりませんが、ヤガサキ歯科医院では緊急事態宣言解除前と同様、来院された方の検温、アルコール消毒をお願いしております。

先日、半年ぶりに来院されたお子様の患者さんが急激にむし歯が進行していました。

以前からおやつに気を付けましょうとお話しはしていたのですが、

お母さんから話を聞くと、自粛生活中ずっと家にいるので、食生活が乱れてしまったとのことでした。

子どもの患者さんに限った話ではありませんが、学校や幼稚園、保育園がお休みだと生活リズムが崩れ、いつも食べない時間に食事をしてしまったり、つい甘いものに手が出てしまったり・・・。自粛生活のスタイルはむし歯の危険がいっぱいなのです!!

学校が再開して少しでもリズムが整うと良いのですが。

むし歯はとにかく予防が第一です。

削っても溶けた歯は元通りになりません。

おやつは食べてはいけないわけではありません。上手に食べる事が大切です!

おやつの時間を決め、だらだら食べない事です。また、食べたら歯磨きをすること、できなければお水やお茶を飲むだけでもむし歯を防ぎます(日本小児歯科学会HPより)

また、むし歯を作る菌は砂糖や果物(特にジュース)に含まれる果糖が大好物です。

おやつは甘いものである必要はありません。

おにぎりや、甘くないお煎餅、さつまいも、生の果物、チーズ、無糖ヨーグルトなどはむし歯になりにくいです。

もし、甘い物を食べるなら飲み物はお茶かお水にするなど、工夫をしましょう。

健康のためにも砂糖の摂りすぎはよくありません。

だいたい25g以下が健康のためにも良いとされています。

25gというと・・・だいたい10gくらいは3食の食事中に含まれると言われます。

つまり、おやつでとっていい砂糖の量は10~15gです!

ゼリーやプリン一個分(100g)、ジュース(100ml)一本分、ヨーグルト飲料1本分、アイスクリーム、シュークリーム小さめのもの一個分くらいです。(製造元やメーカーによって多少異なります)

スポーツドリンクは500mlのペットボトルにおよそ35gの砂糖が含まれています!これだけで一日の砂糖の量を簡単に超えていますよね。

暑い時期に入りますが、飲み物も出来る限りお茶やお水で水分補給をしましょう。

新しい生活が始まり、色々とストレスが多い時期ですが皆さんお口の中も健康に過ごしていきましょう。

安藤

研修の様子

こんにちは。

副院長の安藤です。緊急事態宣言が解除されましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ヤガサキ歯科医院では感染拡大防止に引き続き配慮しながら診療を行っております。

長い自粛生活の中、歯科医院でもセミナーや勉強会が相次ぎ中止となり、研修の行い方を色々と模索しております。

最近はzoomを使った勉強会やオンライン勉強会を行い、直接セミナー会場に行かずに勉強ができる方法も活用しています。

ヤガサキ歯科医院の分院のダイヤモンド歯科の先生方も積極的なWeb配信セミナーを行っていてとても刺激になります!

対面で行う緊張感とはまた違った緊張感がありますが、工夫して日々皆さんに良い歯科医療が提供できるように努めたいと思います!

今年度からヤガサキ歯科医院に新しい歯科医師も入社しました。

お互いに感染防止に配慮しながら、朝の勉強会や夜の研修を行っています。新人の衛生士も、朝や診療後に一生懸命研修を行っています。

新しスタッフが入ると、こちらも新たに気づかされることが多く、身が引き締まる気持ちになります。教える前に色々と勉強し直すことで私自身もとても勉強になります。

写真はCRという、お口の中の小さなむし歯を白い樹脂で詰める治療の研修を行いました。昔は銀歯でないと詰められなかったようなむし歯でも、今は新たな材料を使って短期間で終わらせることが可能です。

また、最近は本を読む機会も増えました。

歯科関係の本や、新人ドクターのころ買った本を改めて読むと非常に勉強になります。

何事も反復が大切ですね!

最近の勉強のテーマは咬合です。ヤガサキ歯科医院の同じビル内に歯科技工所が入ったこともあり、技工士さんと患者さんの詰め物や被せ物についてディスカッションする機会も増えました。

どうしたら皆さんのお口の中で被せ物が機能しやすいか、見た目のバランスはとれているのか、作り手の方の目線のお話しを聞く機会は非常に大切です。

皆さんは自粛生活の中で新たな発見や生活に活かせることなどありましたか。

皆様のお口の健康のためにヤガサキ歯科のスタッフは日々新しい方法で勉強しています。

笑顔で皆様にお会いできることを楽しみにしています。

治療の間隔について

こんにちは。

副院長の安藤です。

新型コロナウイルス感染拡大により、歯医者さんへ行くかどうか迷われている方もいると思われます。

以前の当院のブログやHPの冒頭でも説明しているように、歯科医院の感染防止対策をきちんと行っているため、歯科医院から患者さんもしくは患者さん同士の感染が起こることはありません。

もちろん待合室での距離を保つなどのソーシャルディスタンスを確保できていることが前提となります。

歯科治療には間隔をあけて良いものと、そうではないものがあります。

間隔をあけて良い治療でも、1週間から長くて1ヶ月程度となり、数か月治療間隔を空けてしまうと、治療がやり直しとなってしまったり、虫歯が進行するなど状態が悪くなってしまうことがあります。

また、歯科治療およびメインテナンスを含む歯周治療には不必要なものは1つもありません。

通常クリーニングと呼ばれる歯周治療のメインテナンスは、患者様によっても異なりますが、歯周治療の途中の段階であったり、状態が改善しきっておらず、メインテナンスで悪くならないよう管理しているものがあります。

歯周治療を中断してしまうと、お口の中の細菌が増殖し新型コロナウイルスを含む感染症にかかりやすくなったり、肺炎の症状が起こりやすくなります。

毎日のご自身のブラッシングに加えて、お口の中のケアは感染症予防にとても大切なのです。

ご自身の治療やクリーニングのご予約のキャンセルまたは延期を望まれる方は、ご連絡をいただき必ず担当医や担当歯科衛生士に確認をしてもらうよう、ご協力をお願いいたします。

皆様に安全な治療が提供できるよう、日々努力をしております。

ご不安なことなどありましたら、お気軽にご相談下さい。

安藤

地域連携研修会


副院長の金子です。

不要不急の外出は自粛するようにとの要請があり、私たちも学会や勉強会の予定がそれぞれ中止になっています。今回は、2月に参加した、川崎市歯科医師会の研修について書きます。

「他職種で支える、高齢者の食べるちから」というテーマで、地域口腔サポート歯ブラシとスプーン代表 歯科衛生士 本間久恵先生にお話しいただきました。
昨年より、本間さんとは訪問診療でご一緒にお仕事させていただいておりますが、改めてじっくり本間さんの話を聞けることはとてもいい機会となりました。

2025年には3人に1人が65歳以上となる日本において、在宅医療の重要性は今後さらに高まっていく一方です。歯科医院に自力で通院可能な方だけでなく、通院困難となってしまった方にも適切な医療を提供することも、より私たちに求められていくことでしょう。

内容としては、
・歯科医院に通院困難となり、在宅で医療を受ける患者さんへの対応をどうするか・在宅医療のニーズ・他業種間での連携の重要性
など、お話しいただきました。

口の中の病気といえば、虫歯、歯周病が主なものですが、口腔機能低下症も重大な疾患の一つに挙げられています。歯が痛い・膿が溜まっている・はれている、の他に、よく噛めない、むせる、飲み込みづらい、などが口腔機能低下症に当てはまります。

最近では、歯科以外の病院でも「オーラルフレイル」のポスターを見かけます。オーラルフレイルとは、国民に口腔機能低下症の気付きを促すために作られたキャッチフレーズで、たまにむせる、噛みづらい、の症状がでてきている状態のことを指します。オーラルフレイルを感じたら、口腔機能低下症の検査を受けることをお勧めします。

口腔機能低下症により、食べ物がうまく噛み砕けずに消化不良を起こす、食べにくいものは避けて食事内容が偏る、などの状態が続くと、体内が炎症をおこしつづけ、寝たきりになるスピードが上がると言われています。したがって、この口腔機能低下症の対応が重要課題となります。

今回の研修において、内容のほぼ全てが私にとっては新鮮な情報で、自らの視野の狭さを実感しました。また、在宅医療における歯科医療従事者の役割の重要性を再認識しました。

新型コロナウイルス感染防止対策について

副院長の安藤です。
新型コロナウイルス感染拡大により歯科医院への通院に不安を感じている方もいらっしゃると思います。

4月30日のあさチャンにて、日本歯科医師会の堀会長によると
「歯科治療を通じての患者の中での新型コロナウイルスの感染は1件もない」とのことです。(2020年 4月30日現在)

つまり正しく感染対策を行っていれば、歯科治療を通じて患者さんに感染が起こることはありません。

そこで、新型コロナウイルスに対するヤガサキ歯科医院の取り組みをご紹介します。

当院ではスタッフ全員1日2回の検温と体調管理を行っています。体調不良のスタッフには休業してもらうようにしています。
また、受付にはアクリル板を設置し、すべての患者さんへの体温測定を非接触型の体温計で行っております。37.5度以上などの高熱の場合は診療をお断りする場合がございます。



スタッフは全員マスク、グローブ、ゴーグルの着用を義務付けております。また歯科医師はフェイスシールドといった、顔全体を覆うマスクを着用し、飛沫感染を防いでおります。
また、普段からの取り組みですが、グローブなどの使い捨ての物資はすべて患者さんごとに交換しており、治療器具はウイルスの死滅するオートクレーブという滅菌をかけています。また、グローブやアルコール消毒薬などの医療物資不足がいわれていますが、当院では在庫を確保しておりますのでご安心下さい。
また、換気のため待合室や診療室の窓を開けさせてもらっております。

ご来院の患者さんには院内に入りましたら手指のアルコール消毒、マスクの着用をお願いしております。体調が優れない方や37.5度以上の発熱や喉の症状、味覚障害や嗅覚障害のある方は診療をお断りする場合があるため、事前にご連絡ください。


皆さまが安心して治療が受けられるようにヤガサキ歯科医院では院内感染防止につとめておりますので、今後とも宜しくお願いいたします。

安藤


予防歯科の勉強会



副院長の金子です!

先日、中野予防歯科研修会の定例会に参加致しました。


この会は、中野区で開業されている景山正登先生の元で予防歯科を中心に勉強をする会です。2ヶ月に1回のペースで定例会が開催され、年に1回の特別講演があります。

歯科の勉強会というと、だいたい会員の大半が歯科医師で構成されていることが多いのですが、この会は、歯科衛生士の会員がそれを上回っているというのが特徴です。

他の歯科医院の歯科衛生士さんと意見交換できるというのは非常に良い環境だと思います。予防歯科は、クリニック全体で取り組むことが必須なので、考え方や知識をこういった会で共有していくことが重要です。

また、プレゼンで持ち込まれる内容は予防歯科だけでなく、様々な分野があるので、内容豊富で毎回真剣に楽しく勉強させていただいております。


今回の定例会では、2名の歯科医師の先生と、1名の歯科衛生士の先生がプレゼンを行いました。医院のシステムづくりから、マイクロスコープのお話までと、幅広いテーマがあり、ディスカッションも盛り上がりました。


勉強会の後は、毎回恒例の懇親会があります。懇親会ではさらに掘り下げたお話が聞けるので、僕にとって大変貴重な時間となっております。また、知識を得るだけでなく、交流を深められたり、上の先生方のお話を聞くことで仕事のモチベーションが上がります。


プレゼンやディスカッションを通して、他の先生のお仕事を拝見することで、毎回気づきと新たな知識を得ることができます。

本やセミナーでは得られないような、なかなか聞きづらい事柄は、こういった勉強会でしか得ることができません。診療の時間と同様にこのような自分を磨ける時間も大切にしています。


副院長 金子佳史



臨床基本ゼミ

こんにちは。副院長の安藤です。
梅雨明けして暑い日が続いていますね!ヤガサキ歯科医院は6月にリニューアルして冷房も効いていますので真夏でも快適な診療室になっていますよ〜
さて、今年は臨床基本ゼミというセミナーに参加しています。火曜会の金子一芳先生をはじめとする歯科界のレジェンドと呼ばれる先生方から臨床の基礎となる資料どりや診断からテクニックまで勉強させてもらっています。
この前の土日も東京駅の八重洲にてセミナーがありました。
内容は自家歯牙移植、MTM(小矯正)でした!
自家歯牙移植とは、失ってしまった歯に親知らずなどの歯を移動させて使うという方法です。
自分の歯を移植なんてできるの?って思われる方もいると思いますが学術的には使えるのです!
例えば転んで抜けてしまった前歯なども、適切な処置を施せば元の位置に戻して使うことができるのですが、これと同じ原理です。
正しい知識と診断、また技術も必要ではありますが「歯根膜」という歯の周りに存在するクッションのような線維がとても大切なのです。
移植を成功させるためには様々な条件があるため、全ての人に適応する訳ではありませんが症例によってはかなり有効な方法ですので、今回得られた知識をもとに診療に是非活かしていきたいと思いました!


また二日目はMTMという講義でした。
MTMとはいわゆるワイヤーで全ての歯を綺麗に並べる「矯正」とは異なり、部分的に歯並びが悪く噛み合わせがうまく作れない場合や、虫歯が進行してしまい、根っこしか残っていない歯を引っ張りあげる処置(エクストリュージョン)のことで部分的な矯正治療のことです。
MTMを行うことで、抜歯と言われた歯を残すことが可能になることもあります。
今回のセミナーでは、よりMTMを効果的に行える方法を教えて頂きました。
受講生でもMTM経験のある先生が多く、様々な質問が出て私自身も非常に勉強になりました。
また5月には子どもの矯正治療についての講義がありました。
講義をしてくれた須貝昭弘先生は、ご自身のクリニックで8020を達成されてる患者さんたちの子どもの頃の歯並びがどうだったかを調べ、どこまでに歯並びが良くなれば、その後も虫歯や歯周病などのトラブルが少ないかを教えて頂きました。
子どもに矯正をさせる必要があるのか?
いつまでに矯正すれば大丈夫なの?といった声は私も良く聞かれます。
須貝先生は「上下顎切歯交換期までに正常な歯列に近づける」ことが大切だとおっしゃっていました。
それっていつまでかというと大体6〜8歳までの間です(個人差があります)
意外と早いですよね!小学校2年生くらいまでに始めた方が良いとのことでした。


臨床基本ゼミも残すところあと2回です!最後にはケースプレゼンテーションもあるのでがんばります。
安藤



返信転送

ペリオセミナー

こんにちは。歯科医師の余です。
 4月から5回に渡り開催された、伊藤公一先生のぺリオセミナーに、Dr金子、Dr杉本、Dr菊池と参加してきました。
 講師は伊藤公一先生(日本大学特任教授 日本歯周病学会指導医)、植原俊雄(日本歯周病学会指導医)、山本やすよ(日本歯周病学会認定歯科衛生士)の三人で、茨城県の植原歯科で、講義と実習を交えて行われました。 講義で使用した部屋は、地下室で植原先生がヨットを作るのに使用していた部屋を改造して作ったそうです。ドクターと衛生士がペアになって行うのですが、今回特別にドクターだけで参加してきました。
 定員10名という少人数制なので、実習も1人1人に伊藤先生が丁寧に指導され、とても贅沢なセミナーでした。内容としては、基礎から、治療計画、メインテナンスまでの流れ、最終日はオペの見学までと盛りだくさんでした。
1. 歯周治療学総論 診査 歯周チャート作成2. 口腔内写真撮影(口写,X線画像のPC取り込み) 診断・予後判定・治療計画 3. 歯周基本治療 SRP実習・シャープニング4. 歯周外科治療 歯周組織再生療法5. 口腔機能回復治療 SPT/メインテナンス
 セミナーは少人数制なので、実習など一人ひとりの時間がたくさん確保されていました。伊藤先生に直接ご指導や相談が出来て、とても充実した5日間でした。習ってきたことを、衛生士とも共有して、より良い歯周病治療ができればと思っています。
 植原歯科では、全員にプラークを染め出すための染め出しを行なっていました。プラークの染め出しをすると、現在付着しているプラークがはっきりと確認できます。染め出された場所は、磨き残している場所であり、何度か染め出してみていつも同じ場所が赤く染まるようであれば、普段のみがき方を改善する必要があります。そして赤く染まった場所を意識してみがくことにより、確実に磨き残しをなくす歯みがき法が習得できます。厚いプラークは、舌で触ると分かるし、目で見てもわかるのですが、薄いプラークや歯茎との境目の汚れ分かりづらいです。染め出しをして、自分でチェックする目を養うことが非常に大切なのです。歯みがきの後にもう一度確認染めをして、みがく前に染まっていたところが染まらなければその汚れはきれいに落とせたことになります。このように歯みがきの成果がわかることで、歯みがきに対するやる気がでるというメリットもあります。植原歯科では、患者さんが鏡の前で歯磨きするのが当たり前になっていて、ヤガサキ歯科医院でも真似して行きたいと思いました。歯周病治療は、どんなに私たちが治療計画を立てて、歯石を取って、歯茎のオペをしただけでは、またすぐに再発してしまいます。
治したいというモチベーションと、毎日の歯磨きが大事なのです。みなさん、歯医者に来たらまず染め出しをしてみましょう。

マイクロスコープ根管治療研修会 (アメリカ サンディエゴ)


副院長の金子です!

「マイクロエンドの開祖」と呼ばれているDr.Carrのレクチャーを受けに、お休みをいただいて米国サンディエゴに行って参りました。
※マイクロエンド:マイクロスコープを用いた根管治療・神経治療

Carr先生は、手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を歯科に取り入れた最初の人物です。日頃、私たちがヤガサキ歯科医院で行なっているマイクロスコープを常用した診療スタイルは、全てこの方から始まりました。

今回の内容をざっくりお話ししますと、

・Carr先生が歯科治療にマイクロスコープを導入した経緯や歴史

・世界最先端の根管治療器具・治療コンセプト(診断・治療法など)

・診療ポジション

・スタッフ教育

この中でも、スタッフ教育など、コミュニケーションの部分にレクチャーの多くの時間を割いていた印象があり、手技一辺倒だけではないCarr先生の患者中心お考えに感銘を受けました。

Carr先生は今後、教育の現場から退かれるため、今回が生涯最後のレクチャーだったそうです。Carr先生から、今回話した内容を日本の歯科界に広めてほしいとのお言葉をいただき、今は使命感を感じています!

また、ご一緒させていただいた日本の先生方も、一人残らずトップレベルの方たちでして、セミナー時間以外も、大変有意義な仕事の話ができました。

サンディエゴは、メキシコまで車で20分という近距離なので、メキシカンフードやテキーラを使ったカクテルを提供してくれるお店が多くありました。滞在中に誕生日を迎えた私に、先生方からサプライズの巨大マルガリータのプレゼントまで頂き、感謝しています!

帰国してからは、仕事の1秒1秒が楽しくて、もっともっといいものを診療に取り入れていきたい気持ちでいっぱいです。
帰国して改めてヤガサキ歯科医院を見渡してみると、こんなに環境の整った医院で働けていて自分は恵まれていると思いました。卒後1年目からマイクロスコープを使わせていただけたからこそ、今の自分の診療スタイルがありますし、今回のサンディエゴ研修が実現しました。

お休みをいただいた分、今回学んできた事をヤガサキ歯科医院に通われている患者様に、最大限還元していきたいと思います!


副院長 金子

1 / 212

月別アーカイブ

1 / 212