院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

ドクターブログ

臨床基本ゼミ

こんにちは。副院長の安藤です。
梅雨明けして暑い日が続いていますね!ヤガサキ歯科医院は6月にリニューアルして冷房も効いていますので真夏でも快適な診療室になっていますよ〜
さて、今年は臨床基本ゼミというセミナーに参加しています。火曜会の金子一芳先生をはじめとする歯科界のレジェンドと呼ばれる先生方から臨床の基礎となる資料どりや診断からテクニックまで勉強させてもらっています。
この前の土日も東京駅の八重洲にてセミナーがありました。
内容は自家歯牙移植、MTM(小矯正)でした!
自家歯牙移植とは、失ってしまった歯に親知らずなどの歯を移動させて使うという方法です。
自分の歯を移植なんてできるの?って思われる方もいると思いますが学術的には使えるのです!
例えば転んで抜けてしまった前歯なども、適切な処置を施せば元の位置に戻して使うことができるのですが、これと同じ原理です。
正しい知識と診断、また技術も必要ではありますが「歯根膜」という歯の周りに存在するクッションのような線維がとても大切なのです。
移植を成功させるためには様々な条件があるため、全ての人に適応する訳ではありませんが症例によってはかなり有効な方法ですので、今回得られた知識をもとに診療に是非活かしていきたいと思いました!


また二日目はMTMという講義でした。
MTMとはいわゆるワイヤーで全ての歯を綺麗に並べる「矯正」とは異なり、部分的に歯並びが悪く噛み合わせがうまく作れない場合や、虫歯が進行してしまい、根っこしか残っていない歯を引っ張りあげる処置(エクストリュージョン)のことで部分的な矯正治療のことです。
MTMを行うことで、抜歯と言われた歯を残すことが可能になることもあります。
今回のセミナーでは、よりMTMを効果的に行える方法を教えて頂きました。
受講生でもMTM経験のある先生が多く、様々な質問が出て私自身も非常に勉強になりました。
また5月には子どもの矯正治療についての講義がありました。
講義をしてくれた須貝昭弘先生は、ご自身のクリニックで8020を達成されてる患者さんたちの子どもの頃の歯並びがどうだったかを調べ、どこまでに歯並びが良くなれば、その後も虫歯や歯周病などのトラブルが少ないかを教えて頂きました。
子どもに矯正をさせる必要があるのか?
いつまでに矯正すれば大丈夫なの?といった声は私も良く聞かれます。
須貝先生は「上下顎切歯交換期までに正常な歯列に近づける」ことが大切だとおっしゃっていました。
それっていつまでかというと大体6〜8歳までの間です(個人差があります)
意外と早いですよね!小学校2年生くらいまでに始めた方が良いとのことでした。


臨床基本ゼミも残すところあと2回です!最後にはケースプレゼンテーションもあるのでがんばります。
安藤



返信転送

ペリオセミナー

こんにちは。歯科医師の余です。
 4月から5回に渡り開催された、伊藤公一先生のぺリオセミナーに、Dr金子、Dr杉本、Dr菊池と参加してきました。
 講師は伊藤公一先生(日本大学特任教授 日本歯周病学会指導医)、植原俊雄(日本歯周病学会指導医)、山本やすよ(日本歯周病学会認定歯科衛生士)の三人で、茨城県の植原歯科で、講義と実習を交えて行われました。 講義で使用した部屋は、地下室で植原先生がヨットを作るのに使用していた部屋を改造して作ったそうです。ドクターと衛生士がペアになって行うのですが、今回特別にドクターだけで参加してきました。
 定員10名という少人数制なので、実習も1人1人に伊藤先生が丁寧に指導され、とても贅沢なセミナーでした。内容としては、基礎から、治療計画、メインテナンスまでの流れ、最終日はオペの見学までと盛りだくさんでした。
1. 歯周治療学総論 診査 歯周チャート作成2. 口腔内写真撮影(口写,X線画像のPC取り込み) 診断・予後判定・治療計画 3. 歯周基本治療 SRP実習・シャープニング4. 歯周外科治療 歯周組織再生療法5. 口腔機能回復治療 SPT/メインテナンス
 セミナーは少人数制なので、実習など一人ひとりの時間がたくさん確保されていました。伊藤先生に直接ご指導や相談が出来て、とても充実した5日間でした。習ってきたことを、衛生士とも共有して、より良い歯周病治療ができればと思っています。
 植原歯科では、全員にプラークを染め出すための染め出しを行なっていました。プラークの染め出しをすると、現在付着しているプラークがはっきりと確認できます。染め出された場所は、磨き残している場所であり、何度か染め出してみていつも同じ場所が赤く染まるようであれば、普段のみがき方を改善する必要があります。そして赤く染まった場所を意識してみがくことにより、確実に磨き残しをなくす歯みがき法が習得できます。厚いプラークは、舌で触ると分かるし、目で見てもわかるのですが、薄いプラークや歯茎との境目の汚れ分かりづらいです。染め出しをして、自分でチェックする目を養うことが非常に大切なのです。歯みがきの後にもう一度確認染めをして、みがく前に染まっていたところが染まらなければその汚れはきれいに落とせたことになります。このように歯みがきの成果がわかることで、歯みがきに対するやる気がでるというメリットもあります。植原歯科では、患者さんが鏡の前で歯磨きするのが当たり前になっていて、ヤガサキ歯科医院でも真似して行きたいと思いました。歯周病治療は、どんなに私たちが治療計画を立てて、歯石を取って、歯茎のオペをしただけでは、またすぐに再発してしまいます。
治したいというモチベーションと、毎日の歯磨きが大事なのです。みなさん、歯医者に来たらまず染め出しをしてみましょう。

マイクロスコープ根管治療研修会 (アメリカ サンディエゴ)


副院長の金子です!

「マイクロエンドの開祖」と呼ばれているDr.Carrのレクチャーを受けに、お休みをいただいて米国サンディエゴに行って参りました。
※マイクロエンド:マイクロスコープを用いた根管治療・神経治療

Carr先生は、手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を歯科に取り入れた最初の人物です。日頃、私たちがヤガサキ歯科医院で行なっているマイクロスコープを常用した診療スタイルは、全てこの方から始まりました。

今回の内容をざっくりお話ししますと、

・Carr先生が歯科治療にマイクロスコープを導入した経緯や歴史

・世界最先端の根管治療器具・治療コンセプト(診断・治療法など)

・診療ポジション

・スタッフ教育

この中でも、スタッフ教育など、コミュニケーションの部分にレクチャーの多くの時間を割いていた印象があり、手技一辺倒だけではないCarr先生の患者中心お考えに感銘を受けました。

Carr先生は今後、教育の現場から退かれるため、今回が生涯最後のレクチャーだったそうです。Carr先生から、今回話した内容を日本の歯科界に広めてほしいとのお言葉をいただき、今は使命感を感じています!

また、ご一緒させていただいた日本の先生方も、一人残らずトップレベルの方たちでして、セミナー時間以外も、大変有意義な仕事の話ができました。

サンディエゴは、メキシコまで車で20分という近距離なので、メキシカンフードやテキーラを使ったカクテルを提供してくれるお店が多くありました。滞在中に誕生日を迎えた私に、先生方からサプライズの巨大マルガリータのプレゼントまで頂き、感謝しています!

帰国してからは、仕事の1秒1秒が楽しくて、もっともっといいものを診療に取り入れていきたい気持ちでいっぱいです。
帰国して改めてヤガサキ歯科医院を見渡してみると、こんなに環境の整った医院で働けていて自分は恵まれていると思いました。卒後1年目からマイクロスコープを使わせていただけたからこそ、今の自分の診療スタイルがありますし、今回のサンディエゴ研修が実現しました。

お休みをいただいた分、今回学んできた事をヤガサキ歯科医院に通われている患者様に、最大限還元していきたいと思います!


副院長 金子

6月症例検討会

先週末、ヤガサキ歯科医院6月院内勉強会が行われました。

院内勉強会は、毎月行われており、
今回は、Dr安藤、Dr宇土、Dr杉本の3人によるケースプレゼンテーションでした。

Dr安藤は、現在受講している研修会の報告プレゼンを行いました。
日頃から診断に用いている口腔内写真、レントゲン写真ですが、
設備環境や撮影方法の大切さを再認識させられる、そんな内容でした。


一枚の写真の質にこだわることでより正確な診断を行うことができ、患者さんにとって有益な結果をもたらすことが出来ます。


ヤガサキ歯科医院では、普段からDr安藤の厳しい指導(笑)によってそれを実現するシステムが構築されていますので、
スタッフ全員でより磨きをかけていきたいと思います!

Dr宇土は、子供に対する接し方についてのプレゼンでした。
これは小児歯科治療の最も大切な土台となる部分です。


子供にとって歯医者を、「怖い場所」にしない。
そのファーストステップが重要です。

小児の対応は、学問としてきちんと方法が確立されています。それを感覚でやってしまわない歯科医院サイドのシステム作りの大切さをDr宇土が話してくれました。
また、小児歯科治療は、口の健康維持だけでなく、その子の精神的な発達を支援する役割を持つものだと感じました。

僕も、子供の治療の時は、「自分の対応一つでこの子の将来が決まる」くらいに思いながら取り組んでいます!

Dr杉本は、歯周病症例のケースプレゼンでした。
たくさんの意見が飛び交い、大変有意義なディスカッションが繰り広げられました。


Dr杉本のケースだけで1時間近く討論していました。
杉本先生は、患者さん第一の治療を行っていている印象を受けました。

歯周病治療は、中々一つの正解にすんなりたどり着かないことが多い難しい分野ですが、様々なDrの意見を聞くことで、患者さんに提示できる選択肢を増やせることが、こうした勉強会の役目だと感じました。

今回も内容盛りだくさんでしたが、日曜日に内容を整理してまた月曜からの診療に臨みたいと思います!

副院長  金子佳史

月別アーカイブ