院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

院長ブログ

西菅小学校 歯科検診

西菅小学校 歯科検診

10月1日に学校医になっている西菅小学校の1年に1回の歯科検診に行ってきました。

  

  

毎年歯科検診は6月ぐらいに行われるのですが、今年はコロナウイルスの影響で延期になり、秋に行う事になりました。

毎年歯科検診を行うのですが、見覚えのある生徒さんのだんだん成長していく姿をみると嬉しい気持ちになります。

同じ学年でも背の大きい子供さんから小さい子供さんがいるように、お口の中の乳歯から永久歯に生えかわるのも個人差があります。

一般的に背の大きい子供さんは永久歯に交換していくのも早い傾向にありますが、たまに背が大きくても交換の遅い子供さんもいて、個人差があって面白いなと思います。

 

 

近年は昔より段々虫歯の治療をしていたり、新しく虫歯がある子供さんが少なくなっています。

ご家庭での歯ブラシの習慣がきちんとしてきたり、フッ素入りの歯磨きの影響だったり、歯科に小さい頃から定期的に通っている子供さんが増えてきている為だと思います。

ただ、当院で見ていると、最近コロナウイルスの影響で歯科検診がしばらく空いていた為か、しばらくぶりに検診した子供さんに新しい虫歯が出来ていることがありました。

学校に行かない期間にご家庭での生活が、学校に通う規則正しい生活から、お休みで食生活も含めて不規則になり、口腔内の環境も変わってしまっている場合もあると思います。

虫歯や歯周病は歯ブラシも大切ですが、飲み物食べ物を含めた食生活に影響を受けることが多いです。

西菅小でも学校生活が、まだ規制はありますが大分元に戻ってきているとのことですので、これから生活習慣はもとより、歯科医院での定期検診を受診していただいて、お口の健康を維持していただければと思います。

西菅小は今年から校長先生と養護の先生が変わりましたが、ご挨拶するのも今回初めてでした。

前任の先生方同様素晴らしい先生方で、これから又就学時健康診断などもありますので、色々とお話出来て良かったです。

今年は毎年秋に行っていた3年生の歯ブラシ教室を行うことが出来ませんので、来年は是非出来ることを願っています。

これからも子供さん達のお口の健康の為に、医院全員で取り組んでいきたいと思います。

☆☆☆

クインテッセンス出版株式会社のマイクロデンティストリー YEARBOOK 2020 に論文が掲載されました!

2020年3月に発刊されたクインテッセンス出版株式会社のマイクロデンティストリー YEARBOOK 2020 に論文が掲載されました。

当院では6台のマイクロスコープを使って診療を行っています。その中で昨年6月より、ペントロンジャパン株式会社より新しく発売された「ブライトビジョン2380」という機種を新しく導入して使用しております。

毎年マイクロデンティストリーYEARBOOKという歯科用顕微鏡についての専門の書籍が発刊されていますが、この度、ペントロンジャパンより依頼を受けて、マイクロデンティストリー YEARBOOK 2020に論文を掲載することになりました。

原稿はブライトビジョン2380についての説明と、実際の自分の顕微鏡を使用しての臨床ケースについてです。    

 

今回発売された顕微鏡は従来の顕微鏡に比べて、後発だけあっていろいろな機能が付いていて見える画像もクリアーに見えます。

コストについても、一般的に歯科用顕微鏡は安くても300万円から高い機種だと1000万円ぐらいするのですが、ブライトビジョン2380は比較的安い金額で購入できるので、コストパフォーマンスに優れている機種です。

昔から当院で使用しているのはCarl Zeissというドイツのメーカーの機種ですが、それも使い易くてしっかりした顕微鏡です。ただし金額も結構するので、簡単には導入することが出来ません。

車もメーカーや車の排気量やグレードによって、乗り心地やスピード、デザインなどが違いますが、歯科用顕微鏡もそれぞれ特徴があります。

好みや、どのような治療に使うのかなどによって、選択する機種も変わってくるとは思いますが、最終的には慣れることで使い易くなってくるものがほとんどです。

当院でも5種類の顕微鏡がありますが、それぞれその機種を一番使っている先生が上手に使用しながら治療出来ています。

また、症例についてのレポートも掲載されました。お口の中、特に歯は1本1本小さいものですし、そこに小さな虫歯や、歯の中の神経の治療など、細かい箇所を肉眼で見るのは中々大変です。

歯科用顕微鏡を使うことで肉眼よりも精密な治療をすることが出来ます。今回は前歯のブリッジの治療を、歯ぐきのオペも交えて顕微鏡で治療して、綺麗に出来上がった症例を選択しました。

患者様にも満足していただいております。

これからも顕微鏡を使用して、治療する患者様にとってより良い治療結果が出せるように診療を行っていきたいと思います。

☆☆☆☆☆

WHITE CROSS Webセミナーで講演しました!

2月13日に歯科専門のオンライン教育サイトのWHITE CROSSという会社でWebレクチャーを行いました。

歯科医師も最新の文献や治療方法等、常にアップデートして、通っていただく患者さんの為に治療技術や知識を上げていく必要があります。

今までは休日や診療後に、学会や講習会などに参加する必要がありました。近くの会場の場合でも移動時間が必要になりますし、遠い場所だと宿泊が必要な場合もあります。

最近では情報技術の発展で、Webで講演を聞く機会も出てきました。

このWHITE CROSSという会社は、オンラインのセミナーに力を入れている会社で、地方の先生などで東京や大阪などに来るのが大変な先生などにとっては非常に有効な方法だと思います。

     

今回自分が所属しているスタディーグループのClubGPの先生5人で5か月間にわたってセミナーを担当することになり、自分が第2回目の回として、2時間講演を行いました。

  

   

今回の自分のテーマは、「マイクロデンティストリー入門」と題して、主にマイクロスコープのポジショニングや機種の特徴についてお話をさせていただきました。

歯科でのマイクロスコープとは歯科用の治療用顕微鏡のことを言います。眼鏡についている拡大鏡ではなく、機械を通して歯や歯ぐきを拡大して精密に見ることが出来ます。

録画して記録を取ることも出来ますので、患者さんに見ていただくことで行った治療を理解してもらい易いです。

近年では歯科医院でも導入する先生が増えてきていますが、全国の歯科医院の約10分の1の医院でしか導入されていないとの事です。

当院では2008年より12年間使用しており、現在では6台のマイクロスコープを使ってドクターの診療に役立てています。

     

今回のセミナーでは、自分が12年間使用しての経験から、これからマイクロスコープを使いたいと思っている若い先生や、最近購入して使い始めたけれど、どのように使用すればいいのか分からないといった先生向けにお話をさせて頂きました。

今回は人前でなく、カメラに向かって講演をするという新しい体験でした。

聞く人がいない中で講演をするのは不思議な感じでしたが、カメラの向こうにいる先生方をイメージしながら一生懸命説明しました。

終わってしまうとあっという間の2時間でした。

       

今回は友人の歯科医師の先生も何人かいましたので、後日感想を聞くことも出来ましたが、好評をいただくことが多く嬉しく思いました。

今回講演を行って、普段何気なく行っている自分の臨床を振り返ってみる良い機会となりました。

又、後日当院で実際に実習を行う機会もありましたが、自分が当たり前に行えることでも、使い慣れない先生には大変なことも多くあることが改めて分かりました。

これからも当院の先生方だけでなく、他の若い先生方にも自分の知識や治療技術を教えることで、今後の歯科界に微力ながら貢献していきたいと思います。

   

   

☆☆☆☆☆

12月1日に当院にペンシルバニア大学歯学部のエンドの教授Dr.カラブチャックが来院されました!

12月1日(日曜日)に当院にペンシルバニア大学歯学部のエンドの教授Dr.カラブチャックが来院されました。

エンドとは歯の根の中の神経の治療を行う分野です。虫歯が進んで、痛みや、沁みるなどの症状が出た時に、神経の治療を行ったりしますが、その分野の専門の治療です。

特にペンシルバニア大学はアメリカの中でも有名で、日本からも多くの先生が勉強に行っている世界的に有名な大学です。

今回、ペンシルバニア大学のエンドを学んできた高橋先生が、日本での最終プレゼンを行うとの趣旨で、そのプレゼンが当院の研修室で行われることになりました。

世界的に有名なアメリカの大学の教授が、日本の一開業医院に来られることはあまりないことですので、今回は数カ月前より当法人の若い先生を中心に準備が行われ、開催に至りました。

今回は高橋先生のプレゼンにて、ペンシルバニア大学に行かれるまでの経緯と、行ってからの教育についてのお話しがありました。

自分もそうですが、人生を変える決断をする時の大変さ、又、大切なことのお話しがあり、とても共感できる事が多かったです。

又、実際の症例について英語でのプレゼンがありました。診断についてもきちんと行うことが分かりましたし、診断に基づいた治療を行うことで、きちんとした結果が出ることも再確認出来ました。

治療とは、派手さではなく、きちんとした診断に基づく治療の大切さを本当に感じました。

Dr.カラブチャックからも最新のエンドの治療についてのお話を聞くことが出来ました。最新の道具についての知識や、使用方法なども教わり、非常に参考になりました。

Dr.カラブチャックもおっしゃっていましたが、技術は日々進歩しており、昔の知識と道具より、より進歩した物を使うことでよい結果が得られる事の大切さを教えていただきました。

Dr.カラブチャックは本当に気さくで良い先生で、お昼休みにお話もさせていただきましたが、娘さんのテニスの話などご家庭のお話も出来て、楽しい時間も過ごせました。

夜には懇親会で以前からお世話になっている先生方や、若い先生などと一緒にお話し出来て、勉強にもなりましたし、いらした先生との交流も図れて非常に有意義な1日となりました。

これからも勉強会を通して、患者さんの為の知識や技術の習得を行っていきたいと思います。

☆☆☆☆☆

新東京衛生士学校 登院式

新東京衛生士学校 登院式

11月22日に新東京衛生士学校の2年生の登院式があり、衛生士の臨床実習先を代表してスピーチをしてきました。

 

 

臨床実習とは、現在3年制の衛生士学校の生徒が2年間学校で学んだ歯科の事を、3年生が最後の1年間を学校だけでなく、一般の開業医の診療所や病院に行って、実際の臨床に携わりながら歯科の臨床を学んでいくことです。

登院式とはその臨床実習に先駆けて、臨床の現場に出る前の区切りの式典です。

当院は7年前から新東京衛生士学校の卒業生が勤務しております。

又臨床実習先として3年ぐらいの実績があります。

今回は実習先の代表としてスピーチをしてほしいとの要請があり、普段診療をお手伝いしてもらってきた実習生や、新東京衛生士学校の先生方に感謝したいと思い、お引き受けしました。

自分も学生時代、歯科医師免許を取る前に大学で臨床実習を行いました。

診療実習担当の先生と一緒に患者さんを診療していくのですが、最初はわからないことだらけでした。

しかし良い患者さん方に恵まれ、充実した臨床実習を送れた思い出があります。

とにかく経験が無い分、患者さんの為に一生懸命行わないといけないとの思いが強かったと思います。

また、学問として勉強してきたことを生かせる場として、とても楽しくやりがいがあると感じました。そこから自分の臨床が始まって、今につながっていると思います。

歯科衛生士も同じで、2年間授業で学んできたことを現場でどう生かすのか、又、先生達をどうサポートするのか、歯科の臨床現場とはどういうものなのか、患者さんに接することで大切なことは何か、など多くの事を学ぶ場だと思います。

 

 

現在も2名の実習生が当院に来てくれていますが、色々な事を学んでいます。

過去には、実習先を始めてから3年間で2名の実習生が当院に勤務してくれています。

これからも実習をサポートして歯科衛生を育てる手助けをし、歯科衛生士を育てることで、歯科界や患者さんの為に貢献できるようにしていきたいと思います。

☆☆☆☆☆

gIDE ヨーロッパ クロアチア研修会

gIDE ヨーロッパ クロアチア研修会

7月7日、8日にクロアチアで研修会が開かれたので参加してきました。

今回は以前からインプラントについて教えていただいている、ロサンゼルスでgIDEという世界での歯科の教育システムを行っているDrサーシャが主催でした。

ヨーロッパでのgIDEのコースが10周年とのことでアニバーサリーの大会でした。

クロアチアは初めてでしたが、日本からの直行便がない為、ドイツのミュンヘンでトランジットしてから向かいました。

ミュンヘンでは今回発表をする山中先生の友人のDrマーチンと会って、食事をする機会がありました。Drマーチンも当院で使っているカムログインプラントを使っているとのことで、意見を交わすことが出来ました。ドイツやミュンヘンの話も聞けて、とても楽しい食事となりました。

   

  

ミュンヘンも歴史がある街で、以前オリンピックも開かれた場所です。

街並みもヨーロッパの文化を感じさせられるもので、教会なども素晴らしかったです。

ミュンヘンから翌日クロアチアのドブログニクに向かいました。

ドブログニクは、ジブリ映画の魔女の宅急便やくれないの豚などのモデルになった海の街です。

  

  

写真で見ても綺麗でしたが、現地での風景はやはり素晴らしかったです。お城の中はどこも絵になる景色でした。

  

  

研修会にはヨーロッパの各国から歯科医師の先生が研修会に参加しに来ていました。

現地のクロアチアの先生から、イタリア、スペイン、デンマーク、ポーランド、ブルガリア、ロシア、セルビア、中にはアジアからベトナムの先生もいました。

セミナーではアメリカ、イタリア、デンマーク、日本、ブルガリア、ポーランドの国の先生の講演がありました。

 

 

どの先生の講演も素晴らしかったのですが、イタリア人の先生のプレゼンの仕方にはインパクトがありました。内容もそうですが、話し手のエネルギーが大切なことを改めて感じました。

今回の研修で各国の先生のプレゼンで日本のレベルも高いことが改めて感じられました。が、英語で話す能力の必要性もすごく感じました。

 

 

プレゼンだけでなく、パーティーなどで話すのにも英語力があれば、情報も多く得られますし、何より海外の先生と友達になったり、楽しい時間が過ごせます。

もっと英語力をつけようと再度思ったヨーロッパ研修でした。

    

☆☆☆

ヤガサキ歯科医院は6月7日(金)にビルの3階から2階に移転します。

現在、業者さん、スタッフ総出で引っ越しの真っ最中です。

今までの医院も綺麗だと皆さんにご好評いただいておりましたが、より良い医院を目指して移転致します。

あと2日準備して患者さんをお迎えしたいと思っております。

歯周病新分類についての講演会

1月14日に北海道医療大学の主催で、アメリカのコロンビア大学の歯周病学のパーノス パパパーノ教授が北海道歯科医師会館で講演をされましたので、札幌に行って参加してきました。

パーノス教授は北海道医療大学の古市教授と、歯周病の研究や治療で有名なスエーデンのイエテボリ大学で一緒に研究されていた仲ということで、古市教授がお呼びになって開かれたものです。

テーマとしまして、昨年アメリカとヨーロッパの歯周病学会で歯周病の診断の分類が1999年以来、しばらくぶりに新しく変わったのですが、結構複雑になったということで、その変更に携わったメンバーの一人がパーノス教授ということで、分類について解説していただくというものでした。

 

 

パーノス教授はイエテボリ大学でも、教授になられたコロンビア大学でも多くの研究をされて、論文も多く出している方です。

今回、1999年の分類の時より現在わかってきた研究や論文についての説明があり、なぜ今回分類が変わるのかの説明がありました。

その後、新しい歯周病の分類についての解説をしていただきました。

今回の分類は少し複雑でわかりにくいところがあるのですが、参考にしたのはガンの診断の分類とのことでした。

一つ一つ丁寧に解説して下さって、質問にも丁寧に答えて下さっていました。

今回の分類が決して完全なものでなく、これから又新しくわかってくることも出てくるので、これから又変わることも出てくるだろうともおっしゃっていましたが、大切なのは、これを元にドクターがしっかり考えることが大切だという言葉が印象に残りました。

当院でも多くの歯周病の患者さんを治療していますが、やはり大切なのは診査と診断になります。そこでしっかりと治療計画を考えて、きちんとした治療を行うことで、より多くの患者さんの歯周病が治せると思います。

この分類をいかして、しっかり考え、より良い治療結果に結びつけるよう、歯科医師、歯科衛生士で協力して歯周病治療を行っていきたいと思います。

 

夜には懇親会でもご一緒させていただいて、楽しい時間を過ごせました。

 

 

とても勉強になった北海道研修でした。

☆☆☆☆☆

Dr.サーシャ講演会

平成30年12月24日に、自分がインプラントの応用を2011年から習い始めた恩師のサーシャ先生が来日され、講演会をされたので参加してきました。

サーシャ先生は現在ロサンゼルスで開業し、gIDEという世界各地の歯科医師の先生にインプラントや、補綴というかぶせ物の研修コースを開いている世界的に有名な先生です。

  

  

アメリカはもとより、スペイン、イタリア、ロシアなどヨーロッパ各地や、ブラジルなど南米、中国や中東などのアジアなどで現在も年間のコースを開いています。

又、インターネットを通じた研修プログラムも行っており、研修を受けた先生は相当数の先生がいます。

今回中国でのコースの帰りに日本によって、レクチャーをすることが決まり、自分も参加しました。

7年間の間に、日本でもロサンゼルスでもレクチャーを何回も受けていますが、今回も受講できることを楽しみにしていました。

今回のセミナーは急に決まったのと、クリスマスイブの日にもかかわらず、20人以上の先生方が参加されていました。

内容はインプラントについての最新の考え方や、症例についてでした。

サーシャ先生は元々インプラントを支える骨について、骨の少ない患者さんにどのようにして新しい骨を作り、インプラントが長持ちすることや、審美的に元々の状態に近づけたり、もしくは元々より綺麗にしたりすることが得意な先生です。

今回、その骨のことだけでなく、インプラント周囲の歯ぐきの状態についてより多くの最新の症例を見せてもらい、解説してもらいました。

難しい症例をきちんと論文ベースの根拠をもとに治療を行って、綺麗な最終結果を出す所が素晴らしいですし、どのように難しかったかや、自分の想定と違った時にどのようにリカバーするかなどを見せていただきました。

 

又、夕食もご一緒させていただき、サーシャ先生が数年前からはまっているテニスについてなどの話で盛り上がりました。ただ、いつも反省するのは、もっと自分が英語をしゃべれるようになれば、更に楽しいだろうにと思う事です。来年の目標として、スピーキングの向上を第1目標にしたいと思います。

大変勉強になった1日でした。

☆☆☆☆☆

ヤガサキ歯科医院 開業20周年パーティー

ヤガサキ歯科医院 開業20周年パーティー

 

平成30年6月1日にヤガサキ歯科医院を開業して丸20年が経ちました。

その記念として6月17日に都内のレストランにて開業20周年記念パーティーを開催しました。

今まで20年、いらしていただいた患者さんや勤務してもらったスタッフ、技工士さんや材料業者さん、コンピューター関係の業者さん、会計士さんなど多くの方に支えられてここまで来ました。

振り返れば、開業してから無我夢中で過ごした最初の10年間と、医院が大きくなって更に多くのスタッフとの協力のもとでの10年間であったように思います。

今回はそんなスタッフや関係業者さん達に感謝の気持ちで会を行うことにしました。

 

今回はドクター陣が主に役割分担をしてくれまして、招待状制作、送付、集計、ビデオ編集制作、司会、受付、抽選会企画運営、催し物指導、実践などを行ってくれました。

会の為にそれぞれ役割を行ってもらい、ありがたく、又頼もしく感じました。

 

前日にはスタッフ一同から記念の時計もプレゼントしてもらいました。

 

パーティー当日の会場は青山のCasitaで行われました。

以前食事に行ったことのあったレストランですが、今回知り合いの先生のご紹介で行うことが出来ました。

受付から皆の普段とは違う装いで、気分も盛り上がりました。

 

スタッフはじめ、業者さんやお世話になった先生方など、皆さんいらしてもらい、盛大に行うことが出来ました。

 

知り合いの先生方が企画して下さった、マグロ解体ショーや、芸人さんをお呼びしての催しも行われ、大いに盛り上がりました。

又、数か月前から診療後にスタッフ皆で練習していた、スタッフによるダンスタイムがあり、皆の楽しそうに踊る姿がありました。

金子先生の指導の下、皆練習を重ねていたとのことです。

サプライズでこんなシーンもありました。

この会を盛り上げてくれようとした皆の気持ちがとてもうれしく思いました。

結構練習していたのと、前日にはスタジオを借りて、全体練習をしたとのことで皆の息の合ったダンスで感激しました。

最後に抽選会を行い皆さんに喜んでいただくことが出来ました。

最後に振り返りの映像で過去の懐かしい写真を見ることが出来ましたが、宇土先生がうまくまとめてくれて、素晴らしい映像だったと思います。

ラストに自分から感謝の言葉を述べさせていただき、終了となりました。

今日いらしていただいた方々だけでなく、いらしていただけなかった本当に多くの方の支えがあってここまで来られたと思います。本当に感謝しております。

これから更により良い医院であるように、スタッフ一同で頑張っていきたいと思います。感謝の1日でした。

 

 

☆☆☆☆☆

 

1 / 11123...最後 »

月別アーカイブ

1 / 11123...最後 »