院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

スタッフブログ

喫煙が口腔内に与える影響

こんにちは。衛生士の奥野です。

今回は喫煙が口腔(お口)内に与える影響についてお話致します。

タバコ煙が最初に通過するお口(口腔)は、喫煙の悪影響が最初に貯留する器官になります。すなわち、お口(口腔)に貯留、通過するタバコ煙による直接的影響と血液を介した間接的影響の双方が関わります。

喫煙が口腔内に与える影響

○歯周病にかかりやすい

タバコによって酸素の供給や血流を悪くするだけでなく、体を守る免疫機能の働きも悪くするため、歯周病菌に感染しやすくなります。

またヤニが歯の表面に付着すると表面がザラザラになるため、歯周病の原因であるプラークや歯石がさらに着きやすくなってしまいます。

○歯周病に気づきにくい

タバコを吸っているとタバコに含まれるニコチンの血管収縮作用により歯肉(歯茎)の腫れや出血が見た目上に抑えられ、歯肉炎、歯周炎が進んでも患者さん自身が気づかず、歯周病が進行(重症化)してしまうケースもすくなくありません。

実際に歯周病の治療を始めても歯肉(歯茎)の治りは悪く(もちろん何もしないでいるよりは改善しますが)、手術を行ったとしても効果の現われ方が非喫煙者よりも低いのです。

歯周治療後経過を追っていくと、喫煙者の歯肉(歯茎)は再び悪くなっていく傾向にあります。どうしてこういう事が起こるのでしょうか?

タバコの煙に含まれる「一酸化炭素」は組織への酸素供給を妨げます(酸素不足となる)し、「ニコチン」は血管を縮ませるので、体が酸欠・栄養不足状態になります。喫煙は免疫機能に対して抑制的に作用し(体を守る免疫機能を抑えつけてしまう)喫煙は、歯周病の最大の危険因子です。

上記のようにタバコにより歯周病の危険性が上がります。歯周病以外にもニコチンやタールの臭い・血行不良、唾液分泌の低下などによる口臭。メラニン色素沈着による歯茎・舌などの口腔粘膜の着色。口腔がんや咽頭がん、喉頭がんなどの口喉だけでなく肺がんや食道がん、胃がんなどの全身疾患の発現率が非喫煙者に比べとても高くなります。

またタバコは周囲の人の健康も奪います。

タバコの火の着いた先から出る煙を吸い込むこと(受動喫煙)によってがんや脳卒中、虚血性心疾患、呼吸器疾患などのさまざまな病気のリスクが高くなり、さらには妊婦や赤ちゃんにも悪影響を及ぼします。

このように喫煙は百害あって一利なしです。

禁煙することでお口(口腔)以外の全ての臓器も同様に、危険因子がなくなることで、様々な病気のリスクが減少します。

TBIのひけつ

歯科衛生士の大切な仕事の1つにTBI(ブラッシング指導)があります。TBIをすることでホームケアのレベルアップをはかり、プラークコントロールの向上により歯肉辺縁の炎症を消退させます。また、メインテナンス時には、う蝕と歯周病の再発の予防を期待します。よい結果の出るケースと、あまり変化のみられないケースがありますが、患者さんとのコミュニケーションのとり方しだいで、TBIの結果が大きく変わるように思います。

以前は、すべての患者さんに対して、一般的に多くみられる「プラークの染めだし→鏡での確認→テクニックの指導(バス法、スラッピング法、フォーンズ法など)」という流れでTBIを行っていました。それは、患者さんのプラークコントロールの技術が上達してほしいと思う私の気持ちからスタートしていました。ここに大きな落し穴がありました。なぜなら、いくら私たちがTBIを行っても、患者さんに“話(説明)を聞きたい、知りたい”という、知識や方法を求める気持ちが起こっていない場合が多いからです。
そこで、ブラッシングテクニックが上手になってほしいという私の願いは、ひとまず心のなかにしまっておきます。テクニックの指導だけを中心にすると、ワンパターンで一方通行の指導になりやすいのです。以前の私は、この一方通行で押しつけるようなTBIをたくさん行なっていました。患者さんも、磨けていないことばかりを指摘されて、いやな気持ちになっていたと思います。そのような指導では、ブラッシングの習慣化もされず、一時的にきれいになっても長続きはしませんでした。
術者磨きが終わった後に「どうでしたか?」とオープンクエスチョン(「はい」「いいえ」で答えられるものでなく、患者さんが自由に答えられる質問)をすることで、患者さんが気になったことを知ることができ、アプローチしやすくなりました。
「術者磨きを受けていた最中に何を思ったか」「何が気になったのか」、患者さんの返事により、その後のTBIの仕方が変わります。自分自身が気づいたことなので、患者さんにも記憶に残りやすいです。
患者さんと言葉を交わすなかで、知識の伝達だけでなく、コミュニケーションとして信頼関係をすこしずつ築けていたように思います。
私は、TBIで大切なことは、まず患者さんの興味を引き出し、興味に合わせて進めていくことだと思っています。
患者さんにやって“やってみよう!”という気持ちをもってもらうことができれば、TBIはさらに楽しくなるでしょう。

デンタルバイジーン参照
受付 山下

歯周病が全身に及ぼす影響

こんにちは。歯科衛生士の秋山です。

今回は歯周病が全身に及ぼす影響についてお話しします。


【歯周病と心臓疾患脳・血管疾患】


①狭心症・心筋梗塞

動脈硬化により心筋に血液を送る血管が狭くなったり、ふさがってしまい心筋に血液供給がなくなり死に至ることもある病気です。
動脈硬化は、不適切な食生活や運動不足、ストレスなどの生活習慣が要因とされていましたが、別の因子として歯周病原因菌などの細菌感染がクローズアップされてきました。

歯周病原因菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て血管内にプラーク(粥状の脂肪性沈着物)が出来血液の通り道は細くなります。

プラークが剥がれて血の塊が出来ると、その場で血管が詰まったり血管の細いところで詰まります。

➁脳梗塞

脳の血管にプラークが 詰まったり、頸動脈や心臓から血の塊やプラークが飛んで来て脳血管が詰まる病気です。歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞になり易いと言われています。

血圧、コレステロール、中性脂肪が高めの方は、動脈疾患予防のためにも歯周病の予防や治療は、より重要となります。

③歯周病と糖尿病

強く疑われる人=約890万人、可能性を否定できない人=約1320万人、合わせると2,210万人いると推定されます。

歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。実際、糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多いという疫学調査が複数報告されています。

さらに最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。つまり、歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられるようになってきたのです。

歯周病治療で糖尿病も改善することも分かってきています。


歯周病は内毒素をまき散らす

★内毒素とは?

細菌の細胞壁に含まれる毒物。細菌が死滅しても毒は残る。エンドトキシンともいう。


歯周病菌は腫れた歯肉から容易に血管内に侵入し全身に回ります。血管に入った細菌は体の力で死滅しますが、歯周病菌の死骸の持つ内毒素は残り血糖値に悪影響を及ぼします。血液中の内毒素は、脂肪組織や肝臓からのTNF-αの産生を強力に推し進めます。

TNF-αは、血液中の糖分の取り込みを抑える働きもあるため、血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを邪魔してしまうのです。

歯周病を合併した糖尿病の患者さんに、抗菌薬を用いた歯周病治療を行ったところ、血液中のTNF-α濃度が低下するだけではなく、血糖値のコントロール状態を示すHbA1c値も改善するという結果が得られています。

▶︎全身の健康に歯科ができる事とは

歯肉の炎症が全身に多くの影響を与えることは昨今の研究で明らかになってきています。歯周病も糖尿病も生活習慣病ですから互いに深い関係があって不思議ではありません。

毎日の食生活を含めた生活習慣を見直し、歯周病を予防する事が全身の生活習慣病を予防することにつながります

生活習慣を整えると共に口腔内のケアも一緒に行いましょう!


日本臨床歯周病学会参照

MIHへの対応

歯質の構造異常はエナメル質にもっとも多く起こり、その症状は多岐にわたります。その1つである第一大臼歯切歯限局型エナメル質形成不全(Molar Incisor Hypomineralization:MIH)というエナメル質形成障害をご存じでしょうか.近年になってその存在が明らかになってきましたが、このように述べると患者数の少ない希少疾患のように思えるかもしれません。しかし,被験者が1,000人以上の諸外国の調査をみるとMIHの罹患率は2.8~21.0%であり2,日本国内では東京歯科大学小児歯科学講座が2012年に千葉県八千代市で小学生1,753名を対象に行った疫学調査では11.9%で3,その後に日本小児歯科学会が行った4,496人を対象とした全国調査によると罹患者率はさらに高い19.8%でした 。 これらの罹患率は軽症から重症のものまで含めた数字ですが,日本の小児の1~2割がMIHに罹患していることを示しています。

それにもかかわらず、日本の歯科関係者におけるMIHの認識度はいまだに低いといわざるをえません。臨蝕と考えていた症例のなかに「ひょっとしたらあれがそうだったのか!」と思い当たる方がいらっしゃると思います.

MIHってどんな疾患?

MIHは「1本以上の第一大臼歯と切歯に限局して発症するエナメル質形成不全」で、重症な場合は象牙質に及ぶこともありますしたがって、第一大臼歯あるいは切歯にエナメル質形成不全を発見したら,ほかの切歯と第一大臼歯をくわしく調べる必要があります。

発症した歯に認められる症状は変色や実質欠損が主ですが、著しい知覚過敏を示すこともあります.1本の歯に占める罹患領域はまちまちです.通常,複数歯に発症するエナメル質形成不全は対側同名歯に現れる症状が似ていることが多いのですが、MIHでは対側同名歯と比較してもまったく異なることが多く,罹患部位も重症度も左右で非対称です5~8)また、萌出直後は実質欠損のない変色歯であったものが後に歯冠崩壊を起こすこともあります。

MIHの原因は?

MIHは乳幼児期に起こったさまざまな要因との関連が疑われてきました。おもなものとしては喘息や肺炎,呼吸器感染,中耳炎,扁桃腺炎,水痘,乳幼児期のアモキシシリンの投与,母乳中のダイオキシン、妊娠中の喫煙などがありますが,どれも因果関係が明確になったものはなく、最近では血清または血漿中の25-ヒドロキシビタミンD濃度の低下も原因として疑われています。

エナメル質形成不全と簡蝕を見分けるポイントは?

MIHという疾患名が登場したのは比較的最近で2001年のことです。これは先進国で小児のう蝕罹患率が激減したため,う蝕と間違えられていたエナメル質形成不全が識別しやすくなり、MIHの存在が明らかになったものと考えられます.

①色調の異常がある

②粗造な部分がある

③歯質が欠損している

④臨蝕検知液で濃染されない

⑤通常,簡蝕罹患しにくい部位に変色,実質欠損部位が存在する

⑥第一大臼歯だけに大きな修復物がある

デンタルハイジーン参照 大石

年内最後のマナー研修

こんにちは。副院長の安藤です。先日年内最後のマナー研修がありました!ヤガサキ歯科医院では、最近新しいスタッフやドクターも加わったため、また新たなメンバーでのスタートとなります。分院のダイヤモンド歯科はリモートで参加してくれました!コロナ禍で、以前はマスクを外して皆様とお話させてもらっていましたが、今では終始つけっぱなしで対応することにも慣れてきてしまいました。しかし、相手とのコミュニケーションにおいて表情がわからないというのは中々伝わらないことも多いです。マナーの先生である向先生は、患者さんにちょっとした感動を与える、そんな振る舞いをするように教えて下さいました。人が見ていないところでも、良い表情で仕事をする、患者さんが見ていないところでも素晴らしい応対を心がける、そういったことが大切だとおっしゃっていました。
コロナの流行し始めた頃、歯医者さんは感染リスクが高いと思われ、受診を控えているように伝えていたメディアもあったそうですが、歯科医院というのは医療の中でもマスクやグローブ、ゴーグルを常に着用しており感染防止に日頃から努めているのです。また、以前のブログでもお伝えしたようにお口の中の細菌を減らすことで感染リスクを減らすことができ、このような状況だからこそ歯の検診はとても大切なのです。このような歯科医院の価値を皆さんにも知っていただけるように、患者さんに伝えていかなければなりません。向先生はこのような歯科医院の価値も、私たちに教えて下さいました。
また、ヤガサキ歯科医院では昨年リニューアルを行い患者さんを個室等で案内できるお部屋がより増えました。その分、診療室へご案内をする際に迷ってしまう方も多いので、患者さんを安全にご案内できる方法をスタッフ一同で練習しました。歯科医院では診療台で必要なお水を通すために、床を高くしなければならなず、段差ができてしまう場所があります。皆さまにはご注意頂くお声掛けをしておりますが、できる限り私たちが先導してご案内できるスタイルを日々模索中です。また、感染対策として待合室の椅子の配置も見直しました。


コロナ感染者数がまた増加傾向ではありますが、安心して通っていただけるように日々スタッフ一同努力して参りますので、お気づきの点などございましたらお気軽に申し付け下さい。また、寒い時期ではありますが、暖房を使用しながら定期的な換気を行なっています。換気の時間帯には少し寒く感じられる方もいるかもしれませんが、感染対策としてどうかご了承ください。
安藤

月別アーカイブ