院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

スタッフブログ

親知らずについて

こんにちは!歯科衛生士の牧野です。親知らずについてお話しいたします。

親知らずとは永久歯の一番奥に生える歯で、第三大臼歯といいます。 前から数えて8番目の歯です。親の手を離れ、物ごとの分別がつくようになった頃に生えてくることから「親知らず」や「智歯(ちし)」と呼ばれます。一般に17~21歳頃に生えてきますが、個人差があり、生えてこない人もいます。また、生え方によっては、お口のトラブルの原因になることが多い歯です。

親知らずの生え方

親知らずのお手入れの必要性親知らずは下記のようにトラブルが起こりやすい歯なので、丁寧にお手入れをする必要があります。
親知らずはむし歯・歯周病のリスクが高い一番奥に生えるため、歯ブラシの毛先が届きにくく、プラーク(歯垢)除去が困難です。そのため、むし歯や歯周病のリスク(危険度)が高くなります。
生え方に個人差がある斜めに生えたり、横向きに生えるなど、正常に生えない場合が多くみられます。
歯肉が腫れたり痛みが起こりやすい(智歯周囲炎)斜めに生えてきた場合、歯と歯肉の間にすき間ができます。ここにプラークや食べかすがたまると歯肉に炎症が起こり、腫れや痛みが生じます。このような状態を「智歯周囲炎」といいます。炎症がひどくなるとほっぺたが腫れて口があけにくくなったり、飲み込むときに痛みをともなったりします。
抜歯や治療が他の歯に比べて困難一番奥に生えることに加え、正常に生えないことが多いため、他の歯より抜歯や治療が難しい場合があります。
親知らずのお手入れ方法

親知らずをみがくときは、歯ブラシやタフトブラシの毛先をきちんと歯に届かせるように意識してみがきましょう。
1.歯ブラシでのお手入れ方法➀歯ブラシを斜め横から入れ親知らずに毛先をきちんと当てる口を大きくあけると頬が引っ張られて入れにくいです。小さめに口をあけ、斜め横から歯ブラシを当てましょう。➁小さく動かしてみがく➂親知らずだけでなく、その手前の歯の後ろ側もしっかりみがきましょう
2.タフトブラシでのお手入れ方法歯ブラシだけでは十分にみがききれない場合は、タフトブラシを使うとよいでしょう。➀歯ブラシでみがいた後、みがき残しを鏡で確認したり、舌で触った感触がザラザラとしていないかなどチェックします。➁タフトブラシは「ペングリップ」(鉛筆の持ち方)で持つことをおすすめします。➂鏡を見ながら、親知らずに毛先を当て、軽い力で小刻みに動かしてみがきましょう。歯肉を傷付けないよう、力の入れすぎや動かし方に気をつけましょう。
親知らずのお手入れに関するポイント

・注意事項1.毎日のお手入れでトラブルを防ぎましょう斜めや横向きに生えて、隣の歯を圧迫しているような場合は、今問題がなくても近い将来に歯肉の炎症やむし歯などのトラブルが起こる場合があります。汚れが残らないよう丁寧にみがき、トラブルを防ぎましょう。
2.親知らずが痛くなった場合の対処方法親知らずが腫れて痛みがある場合は歯科医院を受診しましょう。患部の周囲を洗浄しきれいにしたり、腫れや痛みがひどい場合は抗生物質や消炎剤が処方されます。腫れや痛みが続いたり、周囲の歯や骨に悪影響を与える場合は、抜歯処置となりますが、炎症がひどくて腫れや痛みがある場合は、症状がおさまってから処置を行います。症状が治まるよう丁寧にみがき、体調を整えましょう。

ライオン歯科衛生研究所 ホームページ参照

歯周病の基本について

こんにちは!歯科衛生士の中島です。
今回は歯周病の基本についてのお話です。

●歯周病はいつ発症する??
よくマスコミ等では、「日本人の8割が歯周病」といわれます。しかし、これは軽度の歯肉炎等も含んだ数値で、本当に歯周炎が重症化する「感受性の高い人」は1割ほどと考えられています。そして、歯周病の多くは40~50代に多くみられます。しかし、そもそも歯周炎はいつ発症するのでしょうか、昨日までは歯周炎ではなく、今日から突然歯周炎になった、という話は聞きません。おそらくこのような慢性の疾患は、「気がついたら進行していた」というKassebaum らによるシステマティックレビューでは、歯周炎はほとんどの場合 30~40代の間に発症し、そのピークは 38 歳という結果が報告されています。また、Thorbert-Mrosらによると、30~45歳の比較的若い、感受性が高いと考えられる患者さんを後ろ向きに調査した結果、22~28歳の間に発症していました。したがって、一般的には歯周炎は、30~40代に発症することがほとんどですが、感受性の高い患者さんでは 20代から発症することが考えられます。予防を行うにあたっては、これらのことに配慮する必要があるでしょう。

●そもそもリスクファクターとは??

よく「リスク」という言葉を聞くと思います。これは簡単にいえば、「疾患の起こりやすさ」を意味します。また、これに関連してリスクファクター, リスクインディケーター, リスクプレディクター, リスクマーカー,予後因子など、さまざまな用語が存在し、しばしば混同されているようです。このなかで「リスクファクター」という用語は「その存在が疾患の発症する確率を増加させることと、当該因子を排除すれば発症の確率が減少することが縦断研究により証明されているもの」と定義されています。したがって、単に関連性が疑われる要因ではなく、時間の経過とともにその疾患が発症する確率を高めることが証明されているものに限られるわけです。ちなみに、「リスクインディケーター」は断面研究、すなわちある一時点において関連が認められるもの、「リスクプレディクター」あるいは「リスクマーカー」は疾患との関係は認められるものの、その時点で原因とは考えられていないもの、「予後因子」は疾患の発症を予測するもの、と定義されています。この定義からすると、歯周病において、広義には細菌因子、環境因子、宿主因子など、いくつかのリスクファクターが考えられますが、厳密にリスクファクターといえるのは、喫煙と糖尿病が代表的なものです。
他にも、食生活や歯石、口腔習癖、悪い噛み合わせ、ストレスなどもリスクファクターとなります。

リスクを下げるために、もう一度日頃のブラッシングや食生活を見直してみましょう!

デンタルハイジーン参照

加齢による歯の破折

歯が割れてしまう理由には、外傷や咬合力(噛む力)、歯の治療で歯が薄くなる、加齢などさまざまです。

その中で今回は加齢による歯質の変化で歯の破折が起こる理由についてお話します。

歯が歳をとってくると・・・・・・

虫歯や歯周病は、個人のリスクに応じてメインテナンスをすることにより、多くのケース(むし歯・歯周病)で予防できることが知られていますが、依然として歯の破折には対処に苦労する場面も多く、とりわけ歯根破折への対応はますます重要となってきています。

歯根破折の発症は年齢とのかかわりが指摘されており、年齢別に垂直歯根破折歯を調査した結果、40歳代以降の上下顎大臼歯(6.7番目の歯)および上顎小白歯(4.5番目の歯)に集中しており、圧倒的に失活歯(歯の神経を失った歯)に多いことがわかっています。また、亀裂を生じた歯を調べると、亀裂は40~50歳代で好発し、 特に上下顎第一大臼歯(6番目の歯)に多く、さらに未修復歯が半数以上を占めていました。

一方で、亀裂破折と診断された歯の調査によると、亀裂・破折の発症は40~70歳代まで幅広い年齢層に認められましたが、加齢とともに第二大臼歯(7番目の歯)に発症が増加する傾向がみられました。

なぜ、加齢とともに破折が増えるのでしょう?

高齢者における歯の破折は、転倒などによる外傷や、歯科治療によって残存歯質が薄くなること、そして、残存歯数(残っている歯の数)の減少による咳合力の過度の負担、虫歯の進行などさまざまな直接的あるいは間接的な要因により引き起こされます。また、加齢によりエナメル質と象牙質の強度が低下することが報告されており、硬組織の加齢変化により歯の破折が生じやすくなると考えられます。

また先程お話したように、有髄歯(神経がある歯)と無髄歯(神経がない歯)では亀裂・破折の確率が圧倒的に無髄歯(神経がない歯)が高いです。また、有髄歯(神経がある歯)は歯冠部分のみが亀裂や破折が起こることが多く、その場合は保存することができる可能性がありますが、無髄歯の場合は歯の根から破折してしまっている場合が多く、その場合は保存することが困難で抜歯に至ることがほとんどです。

破折を防ぐには、どのような治療法が有効か

生活歯に象牙質に及ぶ亀裂が生じていても、歯髄が生活力を保っている場合には、ただちに咬頭被覆冠(被せ物)にて修復することで亀裂の進展をおさえ、歯髄保存にもつながります。また、著しく薄くなった歯根の補強策として、ファイバーポストと接着性材料で修復することにより良好な予後が得られることがあります。そして、全部鋳造冠にて修復することで帯冠効果(抱え込む力が歯にかかり、亀裂の進展を防ぐ効果)が得られ、亀裂の進展を防ぐことができます。

デンタルハイジーン参照 奥野

歯の質はどのように決まるのか

こんにちは。歯科衛生士の秋山です。
今回は歯の質はどんな風に決まるのか
お話ししたいと思います。

▶︎歯はどのようにできるのでしょう?
歯はお母さんのおなかにいるころにつくられはじめます。妊娠2ヶ月あたりからできてきます。
このころから将来の上顎・下顎・舌になる部分が
形成されはじめます。
そして将来の下顎になるところの一部分の粘膜が分厚くなりはじめます。さらに分厚くなって妊娠3〜4ヶ月頃には、なんとなく歯のように見える形態(歯胚)になります。
歯胚の時期になんらかの異常な状況が生じると、2つの歯が1つにひっついた「癒合歯」や、正常な歯に比べるとサイズの小さな「矮小歯」などになってしまいます。
エナメル質をつくる「エナメル芽細胞」や象牙質をつくる「象牙芽細胞」が現れ、エナメル質や象牙質をつくっていきます。

▶︎質の悪い歯はどのようにしてできてしまうのか?
先ほど、妊娠3〜4ヶ月頃にエナメル芽細胞と象牙芽細胞が現れると言いましたが、これらの細胞は母親から供給されるカルシウム(Ca)やリン(P)を使ってエナメル質や象牙質をつくります。
もしこれらの細胞に異常が起きて機能不全に陥ると正常な歯質をつくることができなくなります。
その結果「エナメル質成形不全症」や「象牙質成形不全症」になってしまいます。
またこの時期に母親がテトラサイクリンなどの抗菌薬を服用してしまうと歯を作る細胞がテトラサイクリンを歯の中に組み込んでしまいます。
その結果、色のついた変色歯となってしまいます。
乳歯と永久歯の異常が発生してしまうのは、同じで
違うのは、できはじめる時期が妊娠中か産後かだけです。
歯の異常をまとめると歯胚形成期に異常が生じると、矮小歯や癒合歯などができてしまい、また歯質形成期に異常が生じると、エナメル質成形不全症や象牙質形成不全症、そして斑状歯、変色歯ができてしまいます。

▶︎歯の質を決定する時期は?
乳歯は妊娠3〜4ヶ月ごろからエナメル質と象牙質ができはじめ石灰化していきます。
そして、乳幼児期に歯冠の形態が完成します。
永久歯は乳幼児からエナメル質と象牙質ができはじめ石灰化していき、歯種によって多少バラつきますが、小学校低学年くらいには歯冠の形態が完成します。
このように、妊娠初期から小学校低学年くらいまでが歯がつくられる時期となります。乳歯も大事ですが、永久歯の歯冠がつくられる乳幼児期から小学校低学年までは歯の質を決定するとても大事な時期といえます。もしこの時期にテトラサイクリンなどの服用があれば変色歯になるリスクが高くなります。ですが、裏を返せばこの時期に歯を形成するのに重要なカルシウムなどをきちんと摂取すれば、強い歯をつくることができます。

▶︎歯が萌出した後の歯の質は?
乳歯もそうですが萌出したばかりの歯は石灰化度が低く、むし歯になりやすいという問題点があります。
たとえば乳歯と幼若永久歯と成熟永久歯の歯の質を簡単に比較すると、乳歯のエナメル質の厚さは、永久歯の半分くらいしかありません。また乳歯と萌出したばかりの幼若永久歯は、エナメル質や象牙質の石灰化度が低く、歯の形態も咬耗などがなく小か裂溝がはっきりしておりむし歯になりやすいという弱点があります。したがってシーラントや石灰化度を上げるために定期的なフッ化物塗布などが有効となります。

乳歯だから抜けるしむし歯になってもいいやと思う方もいるかと思いますが、糖質の取りすぎや常にお口の中がプラークまみれだと永久歯にも影響してきますので、歯に良い物を摂取して、ブラッシングや糖質の取り方を工夫して一緒に強い歯をつくりましょう!

デンタルハイジーン参照

マナーセミナー

こんにちは。

副院長の安藤です。

暑い夏が終わり、かなり涼しくなって来ましたね。

マスクをつけての外出がかなり厳しかった夏ですが、過ごしやすい季節になりました。外出自粛の影響で体力が落ちてしまったので、この季節に少しでも体を動かしたいです。

先日接遇のマナーセミナーがありました!

コロナの影響で、接遇のあり方などいろいろな変化がありましたが、マスクをつけたままでも声のトーンや話し方、また耳が遠いお年寄りの方への配慮など、コロナ渦ならではの対応も色々と考えさせられました。

ヤガサキ歯科医院では現在検温やアルコール消毒を徹底しておりますが、最近は手首での検温にするなど患者さんの負担がないやり方なども見直しました。

また、新しいスタッフを中心としたロールプレイングも行いました。

私も初めてマナーセミナーを受けたときに、言葉遣いや語尾をあげないなど、無意識に行っている癖がたくさんありました。

普段何気なく話している言葉が、他人から見るとおかしいなんてことがあります。

しばらくマナーセミナーに参加していないと、またおかしな敬語になってしまったり、当たり前と思って使っている言葉が間違っていたりと新たな発見もありました。

歯科医師としてわかりやすい説明を行う事は当たり前のことですが、患者さんとのコミュニケーションが円滑になるように、日本語を正しく使うことや、かしこまりすぎて距離ができてしまうようなことがないように、日々気をつけていきたいです。

ロールプレイングのシチュエーションでは、治療が終了したあとの患者さんの見送り方や、新しく来院された患者さんへのレントゲン説明、歯科衛生士のお口の状態の説明などを行いました。

治療に来院される患者さんの気持ちや、患者さんがどれくらい病状を理解してできているか、私たちは専門家としてつい患者さんの目線を置いてきてしまうことがあります。

患者さんの立場に立って、どれくらいお話を理解されているか、どういったことに不安な気持ちがあるかなど、毎日行っている診療でも考える事は本当にたくさんあります。

治療技術や知識のセミナーだけなく、患者さんを担当する人間として、コミュニケーションを見直すこのような機会はとても大切だと感じました。

また、お知らせがあります。

ヤガサキ歯科医院で長く勤務をしている歯科医師の杉山が11月より産休に入ることになりました。

産休後は復帰をする予定ですので、その間、通院されている患者さまは責任を持って私や、他の歯科医師で治療を引き継がせていただきますので、何卒よろしくお願いいたします。

安藤

患者さんのライブステージにあったOHI

☆成人期にみられる特徴と生活習慣
この世代の特徴を一概に述べることは困難ですが、当院の患者さんからみた特徴として40.50代は仕事が多忙であったり、家事や育児のストレスがあったりして、ネガティブな思考に陥ってる方もいるため配慮が必要です。また、豊かな経験を活かして人とコミュニケーションを図る反面、他人と比較する、頑固、気難しいなど、対応に苦慮する場面も少なくないでしょう。女性の場合、更年期を迎え、身体の不調や、精神的な症状が現れる時期でもあります。
60代を迎え、定年退職後や子育てを終えた後は、自分の時間が増える一方、家族の介護などで疲弊してしまうケースも少なくありません。趣味や好きなことに打ち込まれ、毎日をいきいきと過ごしている方を多くお見かけしますが、社会とのつながりが希薄になったり、配偶者との死別などが起こったりして、大きなストレスを抱え込む可能性があるため、患者さんの生活や気持ちに寄り添った対応が求められます。
 

前述のとおり、40.50代の方は多忙で、決まった時間に食事を摂ることが難しくなるなど、不規則な生活になりがちです。さらには全身疾患、服薬が増え、健康に問題を抱える可能性が高くなります。本人も体力や身体機能の衰えを感じ「健康とは何か?」「健康でいることの大切さ」を見直すきっかけとなり、健康観も変化する時期だと考えられます。これらの年代では、生活の一部もしくは全体が変わり、さまざまな場面でストレスを受ける可能性があります。私たちは「身体(口腔を含める)のケア」と「心のケア」を考える必要があると思います。

 

☆成人期にみられる口腔内
当院では、40〜60代の方をセルフケア向上に役立てることを目的とし、歯磨きの時間や回数、間食の摂り方、1日の睡眠時間などの生活習慣について調査しました。その調査結果の1つで、初診患者さんにおける補助掃除用具(歯間ブラシ、フロス)の使用状況をまとめたグラフです。約半数が補助掃除用具を使用し、歯間部等の磨き残しに気をつけていることがわかりました。
その背景には、歯肉退縮が起こり歯間部の清掃が困難になる、修復物が増えて磨きにくいといった、40〜60代にみられる口腔内の問題があると考えられます。この状況が放置されれば、歯周病、根面齲蝕などが発生・進行し、歯の喪失が起こり、機能が著しく低下してしまうおそれがあります。また40〜60代は高血圧や糖尿病といった生活習慣病の罹患率が高くなり、服薬による唾液分泌量の減少がみられるため、齲蝕や歯周病の増加につながる可能性があります。
OHIを行うにあたり、特にプラークが残留しやすい歯頸部について一人ひとりの患者さんに合わせブラッシングのポイントをお伝えすることや、齲蝕、歯周病のリスクを軽滅させるため、補助清掃用具の適切な使用を勧めることが必要です。

デンタルハイジーン参照

受付 山下

 

ヤガサキ歯科医院でもさまざな清掃用具を置いていますのでお気軽にお声かけ下さい。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0044-1-1024x768.jpg


西菅小学校 歯科検診

西菅小学校 歯科検診

10月1日に学校医になっている西菅小学校の1年に1回の歯科検診に行ってきました。

  

  

毎年歯科検診は6月ぐらいに行われるのですが、今年はコロナウイルスの影響で延期になり、秋に行う事になりました。

毎年歯科検診を行うのですが、見覚えのある生徒さんのだんだん成長していく姿をみると嬉しい気持ちになります。

同じ学年でも背の大きい子供さんから小さい子供さんがいるように、お口の中の乳歯から永久歯に生えかわるのも個人差があります。

一般的に背の大きい子供さんは永久歯に交換していくのも早い傾向にありますが、たまに背が大きくても交換の遅い子供さんもいて、個人差があって面白いなと思います。

 

 

近年は昔より段々虫歯の治療をしていたり、新しく虫歯がある子供さんが少なくなっています。

ご家庭での歯ブラシの習慣がきちんとしてきたり、フッ素入りの歯磨きの影響だったり、歯科に小さい頃から定期的に通っている子供さんが増えてきている為だと思います。

ただ、当院で見ていると、最近コロナウイルスの影響で歯科検診がしばらく空いていた為か、しばらくぶりに検診した子供さんに新しい虫歯が出来ていることがありました。

学校に行かない期間にご家庭での生活が、学校に通う規則正しい生活から、お休みで食生活も含めて不規則になり、口腔内の環境も変わってしまっている場合もあると思います。

虫歯や歯周病は歯ブラシも大切ですが、飲み物食べ物を含めた食生活に影響を受けることが多いです。

西菅小でも学校生活が、まだ規制はありますが大分元に戻ってきているとのことですので、これから生活習慣はもとより、歯科医院での定期検診を受診していただいて、お口の健康を維持していただければと思います。

西菅小は今年から校長先生と養護の先生が変わりましたが、ご挨拶するのも今回初めてでした。

前任の先生方同様素晴らしい先生方で、これから又就学時健康診断などもありますので、色々とお話出来て良かったです。

今年は毎年秋に行っていた3年生の歯ブラシ教室を行うことが出来ませんので、来年は是非出来ることを願っています。

これからも子供さん達のお口の健康の為に、医院全員で取り組んでいきたいと思います。

☆☆☆

月別アーカイブ