院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

院内勉強会

こんにちは。副院長の安藤です。

先日、新型コロナウイルスの関係で開催がずっと中断していた院内勉強会を行いました。

全員マスク着用、換気を行い、感染防止に配慮しながら二人のドクターが症例を発表しました。

また、今回は初めて若手の技工士さんの発表がありました。

顎顔面矯正という、矯正治療の報告ではお子さんの矯正のケースでは3年前ほどは完全に受け口だった歯並びがきれいになりました。

大人になってからの治療では、ほとんどのケースで歯を抜くことになります。

もちろんそれでも見た目はきれいになりますが、歯を抜くことで噛みあわせが悪くなってしまったり、舌のスペースが狭くなってしまったり、問題も多くあります。

矯正治療は早めに始めると、メリットが大きいのです。

どのような治療もそうですが、きちんと写真をとって記録することは非常に大切だと感じました。

また、もう一人のドクターは歯の根っこの病気を外科的に治すという治療の症例でした。

根の治療とは、いわゆる神経の治療で経験のある方も多いと思います。

しかし、根の治療は通常の方法で治らないことがあり、そのような場合に適応したり、前歯などの被せ物がきれいに入っていて外して治療ができなような場合に適用されます。

この治療はマイクロスコープを使用することで飛躍的に治療成績が向上した治療法でもあります。

マイクロスコープでは治療の動画を録画できるので、動画を他のドクターや院長に確認してもらい、治療のフィードバックが可能です。

よく考えられていて、大変勉強になりました。

今回の勉強会では若手の技工士さんによる、模型作りのプレゼンテーションがありました。

みなさんのお口の中に入れている詰め物、被せ物は型をとって、石膏という材料を使って模型を作ります。

ここで誤差が大きく生まれてしまうと、詰め物や被せ物が合わなくなってしまうのです。

技工士さんはこの模型を誤差なく作る為、大変な作業をしています。

今回のプレゼンテーションの中では少し特殊な方法で精度を高めた模型づくりについて、教えていただきました。

私たち歯科医師は、皆さんのお口の中で形をつくった後、型をとりそのまま技工士さんにお願いすることが多く、詰め物が出来上がる細かい工程までじっくり見ることはあまりないのです。

提携している技工所では、かなり精度の高い詰め物、被せ物が出来上がってくるのですが、最初の模型作りの段階から細かい配慮がされており、非常に刺激になる勉強会でした。

なかなか大勢で勉強会を行えない状況ですが、Zoomなどを用いたり、Web配信のセミナーを見ることで勉強の機会を増やしていきたいと思いました。

安藤