院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

研修の様子

こんにちは。

副院長の安藤です。緊急事態宣言が解除されましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ヤガサキ歯科医院では感染拡大防止に引き続き配慮しながら診療を行っております。

長い自粛生活の中、歯科医院でもセミナーや勉強会が相次ぎ中止となり、研修の行い方を色々と模索しております。

最近はzoomを使った勉強会やオンライン勉強会を行い、直接セミナー会場に行かずに勉強ができる方法も活用しています。

ヤガサキ歯科医院の分院のダイヤモンド歯科の先生方も積極的なWeb配信セミナーを行っていてとても刺激になります!

対面で行う緊張感とはまた違った緊張感がありますが、工夫して日々皆さんに良い歯科医療が提供できるように努めたいと思います!

今年度からヤガサキ歯科医院に新しい歯科医師も入社しました。

お互いに感染防止に配慮しながら、朝の勉強会や夜の研修を行っています。新人の衛生士も、朝や診療後に一生懸命研修を行っています。

新しスタッフが入ると、こちらも新たに気づかされることが多く、身が引き締まる気持ちになります。教える前に色々と勉強し直すことで私自身もとても勉強になります。

写真はCRという、お口の中の小さなむし歯を白い樹脂で詰める治療の研修を行いました。昔は銀歯でないと詰められなかったようなむし歯でも、今は新たな材料を使って短期間で終わらせることが可能です。

また、最近は本を読む機会も増えました。

歯科関係の本や、新人ドクターのころ買った本を改めて読むと非常に勉強になります。

何事も反復が大切ですね!

最近の勉強のテーマは咬合です。ヤガサキ歯科医院の同じビル内に歯科技工所が入ったこともあり、技工士さんと患者さんの詰め物や被せ物についてディスカッションする機会も増えました。

どうしたら皆さんのお口の中で被せ物が機能しやすいか、見た目のバランスはとれているのか、作り手の方の目線のお話しを聞く機会は非常に大切です。

皆さんは自粛生活の中で新たな発見や生活に活かせることなどありましたか。

皆様のお口の健康のためにヤガサキ歯科のスタッフは日々新しい方法で勉強しています。

笑顔で皆様にお会いできることを楽しみにしています。