院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

スタッフブログ

唾液の働き

こんにちは!歯科衛生士の中島です。

今回は、唾液の働きについてのお話をします。

・唾液のマルチなチカラ・
人生100年時代,できれば一生自分の歯で
食べたいものです。歯を長くもたせるカギを握
るのが“唾液”です。
唾液 (saliva) は耳下腺、顎下腺、舌下腺の3つの
大唾液腺と、舌や口蓋などの粘膜面に多数存在
する小唾液腺から口腔内に分泌される液体で
す。成分の99.5% が水分で、無機質と有機質
が残りの約半分ずつを占めます。
内の自浄・洗浄作用,粘膜保護作用,pH緩衝
作用,再石灰化作用,抗菌作用,食塊形成・涙
集作用,消化作用,溶解作用などがあげられま
す。
しかし、唾液の分泌量が減少しその作用も低
下すると、口腔乾燥や嚥下のしにくさ、ネバネ
バ感,口臭,舌痛症,カンジダ菌による口内炎,
臨蝕,歯周病など口腔内に影響を及ぼします。

唾液の作用をここで紹介します!
①“食べる”を助ける
・溶解作用
食物中の味覚成分を唾液中に
溶解し、味覚の発現を助ける。
・消化作用
デンプンは唾液中の消化酵素アミラーゼ(唾液
アミラーゼ;プチアリン)により、デキストリンやマ
ルトース(麦芽糖)に分解される.そのためデンプ
ンを含む食品を噛みつづけると甘味が感じられ
るようになる。
・自浄・洗浄作用
粘膜や歯の表面を覆い、咀時に食物を付着
しにくくしたり、洗い流したりする。

②口腔内の“歯や粘膜を守る”
・被覆作用
唾液由来の糖タンパクを含むペリクルが歯
の表面を覆い、酸から歯を守る。
・pH緩衝作用
唾液中の重炭酸塩が,プラーク中のpHが急
激に低下するのを防ぐ。

3. 全身の“健康を守る”
・再石灰化作用
唾液中のカルシウムやリン酸塩などのミネラ
ル分が、歯を修復する。
・抗菌作用
唾液中のリゾチーム, ラクトフェリン、ペルオキ
シダーゼヒスタチンなどの酵素・抗菌物質,
そして分泌型免疫グロブリンA(IgA)などの
抗菌因子が抗菌力を示す。
・粘膜保護や潤滑作用
唾液中のムチン(糖タンパク)が粘膜の表面を
覆い, 粘膜を保護して傷つけにくくし、発音や発
声をスムーズにする。
・抗がん作用
唾液中のペルオキシダーゼ、カタラーゼ、アス
コルビン酸などが、食物中の発がん性物質
が出す活性酸素を減少させる。
・粘膜修復作用
唾液中に含まれるタンパク質であるヒスタチ
ンに抗菌作用と創傷治癒作用があるが、「傷
を舐めると治る」という言葉があるように, 唾液
は人ばかりでなく動物においても天然の傷
薬となりうる。
・老化防止作用
唾液中のパロチンや成長因子IGF-1が老化
防止に役立つ。
こんなにたくさんの働きをしていることをご存知でしたでしょうか?

唾液を増やすためにすぐにでも、できることとしては,水分補給,食事のときによく噛むこと、ガムを噛
むこと、口腔周囲筋や舌を動かすこと,唾液腺
マッサージなどを行うこと有効です。





デンタルハイジーン参照





返信転送

研修の様子

こんにちは。

副院長の安藤です。緊急事態宣言が解除されましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ヤガサキ歯科医院では感染拡大防止に引き続き配慮しながら診療を行っております。

長い自粛生活の中、歯科医院でもセミナーや勉強会が相次ぎ中止となり、研修の行い方を色々と模索しております。

最近はzoomを使った勉強会やオンライン勉強会を行い、直接セミナー会場に行かずに勉強ができる方法も活用しています。

ヤガサキ歯科医院の分院のダイヤモンド歯科の先生方も積極的なWeb配信セミナーを行っていてとても刺激になります!

対面で行う緊張感とはまた違った緊張感がありますが、工夫して日々皆さんに良い歯科医療が提供できるように努めたいと思います!

今年度からヤガサキ歯科医院に新しい歯科医師も入社しました。

お互いに感染防止に配慮しながら、朝の勉強会や夜の研修を行っています。新人の衛生士も、朝や診療後に一生懸命研修を行っています。

新しスタッフが入ると、こちらも新たに気づかされることが多く、身が引き締まる気持ちになります。教える前に色々と勉強し直すことで私自身もとても勉強になります。

写真はCRという、お口の中の小さなむし歯を白い樹脂で詰める治療の研修を行いました。昔は銀歯でないと詰められなかったようなむし歯でも、今は新たな材料を使って短期間で終わらせることが可能です。

また、最近は本を読む機会も増えました。

歯科関係の本や、新人ドクターのころ買った本を改めて読むと非常に勉強になります。

何事も反復が大切ですね!

最近の勉強のテーマは咬合です。ヤガサキ歯科医院の同じビル内に歯科技工所が入ったこともあり、技工士さんと患者さんの詰め物や被せ物についてディスカッションする機会も増えました。

どうしたら皆さんのお口の中で被せ物が機能しやすいか、見た目のバランスはとれているのか、作り手の方の目線のお話しを聞く機会は非常に大切です。

皆さんは自粛生活の中で新たな発見や生活に活かせることなどありましたか。

皆様のお口の健康のためにヤガサキ歯科のスタッフは日々新しい方法で勉強しています。

笑顔で皆様にお会いできることを楽しみにしています。

歯ぎしり・くいしばりについて

こんにちは、衛生士の奥野です。

今回は「歯ぎしり・くいしばり」についてお話します。

冷たい水でブクブクうがいをしていると歯がしみることありませんか?

しみる原因は様々ですが代表的なものの1つが「知覚過敏」です。

ひどくなると瞬間的に鋭い痛みを感じるやっかいな症状なのです。

しみる症状に悩まされている方が最近多くなってきています。

では、なぜ知覚過敏になってしまったのか・・?原因はさまざまありますが今回は原因の一つである歯ぎしり、くいしばりについてお話します。

噛み合わせの悪さやストレスが原因で「歯ぎしり、くいしばり」は起こります。

自覚のない方も多く、たかが歯ぎしり・・と思われる方も少なくはありません。

一般に力いっぱい食いしばった時には自分の体重と同程度の力が歯にかかると言われています。これが一般の食事中であれば無意識の中で噛む力をコントロールしているため、害を起こすほどの力が歯にかかることは稀です。 ですが夜寝ているときは噛む力をコントロールすることはできないため、無意識のうちに歯や歯茎、顎に負担をかけています。そして多くの場合、自覚はありません。

無意識の中で何時間も毎晩噛みしめていると歯にヒビが入ったり歯茎にダメージを与えてしまいます。

中には「私は歯ぎしりなんてしないし、人に指摘されたこともない」とおっしゃる方もいると思いますが、真っ直ぐに食いしばる場合音が出ないので周囲の人も気づかず、本人にも自覚がないことが多いです。

自身でチェックできる自己チェックをご紹介いたします。

☆チェックしてみましょう

・歯茎の下の方や、下の歯の歯茎の裏側がデコボコしていませんか?

長年かみ合わせが強い人は、上顎、下顎に噛み合わせの力に対抗するように骨が発達します。

・舌のわきがデコボコになっていませんか?

食いしばる時舌を押し当てるので、歯の形にそって舌の形が変わってしまっている場合もあります。

 また、夜間の歯ぎしり、食いしばりが無いのに症状があるという人もいます。それは、「TCH」という日中の食いしばりの癖が原因である可能性があります。

通常、日中においても上下の歯が接している時間は1日の中でわずか15~20分と言われています。

ですが、仕事中、勉強中、携帯を操作している時など、集中している時に上下の歯を合わせてしまう癖になってしまっている人がいます。

寝ている時ほどの力はかかっていませんが、長時間、頻回なこの癖はやはり歯・顎・歯茎にとってはダメージを与える働きとなってしまいます。

ではこういった事は治せるのでしょうか?

先ほども言いましたが、歯を接触させるだけでも歯・筋肉・舌など組織は疲労してきます。

日中の食いしばり対策は、まず自分で気づくこと(認知すること)です。

時々意識して、食いしばっていないか確認してみてください。もし気づいたら顎の力を抜いて、上下の歯を離してください。

睡眠中の食いしばり歯ぎしりも精神的ストレスにより増長することが確認されています。睡眠中は睡眠時専用の歯を守るマウスピースもあります。

常日頃から食べる・飲み込む・話す以外は歯を合わせないように意識して、顎をリラックスさせて過ごしましょう。

治療の間隔について

こんにちは。

副院長の安藤です。

新型コロナウイルス感染拡大により、歯医者さんへ行くかどうか迷われている方もいると思われます。

以前の当院のブログやHPの冒頭でも説明しているように、歯科医院の感染防止対策をきちんと行っているため、歯科医院から患者さんもしくは患者さん同士の感染が起こることはありません。

もちろん待合室での距離を保つなどのソーシャルディスタンスを確保できていることが前提となります。

歯科治療には間隔をあけて良いものと、そうではないものがあります。

間隔をあけて良い治療でも、1週間から長くて1ヶ月程度となり、数か月治療間隔を空けてしまうと、治療がやり直しとなってしまったり、虫歯が進行するなど状態が悪くなってしまうことがあります。

また、歯科治療およびメインテナンスを含む歯周治療には不必要なものは1つもありません。

通常クリーニングと呼ばれる歯周治療のメインテナンスは、患者様によっても異なりますが、歯周治療の途中の段階であったり、状態が改善しきっておらず、メインテナンスで悪くならないよう管理しているものがあります。

歯周治療を中断してしまうと、お口の中の細菌が増殖し新型コロナウイルスを含む感染症にかかりやすくなったり、肺炎の症状が起こりやすくなります。

毎日のご自身のブラッシングに加えて、お口の中のケアは感染症予防にとても大切なのです。

ご自身の治療やクリーニングのご予約のキャンセルまたは延期を望まれる方は、ご連絡をいただき必ず担当医や担当歯科衛生士に確認をしてもらうよう、ご協力をお願いいたします。

皆様に安全な治療が提供できるよう、日々努力をしております。

ご不安なことなどありましたら、お気軽にご相談下さい。

安藤

クインテッセンス出版株式会社のマイクロデンティストリー YEARBOOK 2020 に論文が掲載されました!

2020年3月に発刊されたクインテッセンス出版株式会社のマイクロデンティストリー YEARBOOK 2020 に論文が掲載されました。

当院では6台のマイクロスコープを使って診療を行っています。その中で昨年6月より、ペントロンジャパン株式会社より新しく発売された「ブライトビジョン2380」という機種を新しく導入して使用しております。

毎年マイクロデンティストリーYEARBOOKという歯科用顕微鏡についての専門の書籍が発刊されていますが、この度、ペントロンジャパンより依頼を受けて、マイクロデンティストリー YEARBOOK 2020に論文を掲載することになりました。

原稿はブライトビジョン2380についての説明と、実際の自分の顕微鏡を使用しての臨床ケースについてです。    

 

今回発売された顕微鏡は従来の顕微鏡に比べて、後発だけあっていろいろな機能が付いていて見える画像もクリアーに見えます。

コストについても、一般的に歯科用顕微鏡は安くても300万円から高い機種だと1000万円ぐらいするのですが、ブライトビジョン2380は比較的安い金額で購入できるので、コストパフォーマンスに優れている機種です。

昔から当院で使用しているのはCarl Zeissというドイツのメーカーの機種ですが、それも使い易くてしっかりした顕微鏡です。ただし金額も結構するので、簡単には導入することが出来ません。

車もメーカーや車の排気量やグレードによって、乗り心地やスピード、デザインなどが違いますが、歯科用顕微鏡もそれぞれ特徴があります。

好みや、どのような治療に使うのかなどによって、選択する機種も変わってくるとは思いますが、最終的には慣れることで使い易くなってくるものがほとんどです。

当院でも5種類の顕微鏡がありますが、それぞれその機種を一番使っている先生が上手に使用しながら治療出来ています。

また、症例についてのレポートも掲載されました。お口の中、特に歯は1本1本小さいものですし、そこに小さな虫歯や、歯の中の神経の治療など、細かい箇所を肉眼で見るのは中々大変です。

歯科用顕微鏡を使うことで肉眼よりも精密な治療をすることが出来ます。今回は前歯のブリッジの治療を、歯ぐきのオペも交えて顕微鏡で治療して、綺麗に出来上がった症例を選択しました。

患者様にも満足していただいております。

これからも顕微鏡を使用して、治療する患者様にとってより良い治療結果が出せるように診療を行っていきたいと思います。

☆☆☆☆☆

地域連携研修会


副院長の金子です。

不要不急の外出は自粛するようにとの要請があり、私たちも学会や勉強会の予定がそれぞれ中止になっています。今回は、2月に参加した、川崎市歯科医師会の研修について書きます。

「他職種で支える、高齢者の食べるちから」というテーマで、地域口腔サポート歯ブラシとスプーン代表 歯科衛生士 本間久恵先生にお話しいただきました。
昨年より、本間さんとは訪問診療でご一緒にお仕事させていただいておりますが、改めてじっくり本間さんの話を聞けることはとてもいい機会となりました。

2025年には3人に1人が65歳以上となる日本において、在宅医療の重要性は今後さらに高まっていく一方です。歯科医院に自力で通院可能な方だけでなく、通院困難となってしまった方にも適切な医療を提供することも、より私たちに求められていくことでしょう。

内容としては、
・歯科医院に通院困難となり、在宅で医療を受ける患者さんへの対応をどうするか・在宅医療のニーズ・他業種間での連携の重要性
など、お話しいただきました。

口の中の病気といえば、虫歯、歯周病が主なものですが、口腔機能低下症も重大な疾患の一つに挙げられています。歯が痛い・膿が溜まっている・はれている、の他に、よく噛めない、むせる、飲み込みづらい、などが口腔機能低下症に当てはまります。

最近では、歯科以外の病院でも「オーラルフレイル」のポスターを見かけます。オーラルフレイルとは、国民に口腔機能低下症の気付きを促すために作られたキャッチフレーズで、たまにむせる、噛みづらい、の症状がでてきている状態のことを指します。オーラルフレイルを感じたら、口腔機能低下症の検査を受けることをお勧めします。

口腔機能低下症により、食べ物がうまく噛み砕けずに消化不良を起こす、食べにくいものは避けて食事内容が偏る、などの状態が続くと、体内が炎症をおこしつづけ、寝たきりになるスピードが上がると言われています。したがって、この口腔機能低下症の対応が重要課題となります。

今回の研修において、内容のほぼ全てが私にとっては新鮮な情報で、自らの視野の狭さを実感しました。また、在宅医療における歯科医療従事者の役割の重要性を再認識しました。

新型コロナウイルス感染防止対策について

副院長の安藤です。
新型コロナウイルス感染拡大により歯科医院への通院に不安を感じている方もいらっしゃると思います。

4月30日のあさチャンにて、日本歯科医師会の堀会長によると
「歯科治療を通じての患者の中での新型コロナウイルスの感染は1件もない」とのことです。(2020年 4月30日現在)

つまり正しく感染対策を行っていれば、歯科治療を通じて患者さんに感染が起こることはありません。

そこで、新型コロナウイルスに対するヤガサキ歯科医院の取り組みをご紹介します。

当院ではスタッフ全員1日2回の検温と体調管理を行っています。体調不良のスタッフには休業してもらうようにしています。
また、受付にはアクリル板を設置し、すべての患者さんへの体温測定を非接触型の体温計で行っております。37.5度以上などの高熱の場合は診療をお断りする場合がございます。



スタッフは全員マスク、グローブ、ゴーグルの着用を義務付けております。また歯科医師はフェイスシールドといった、顔全体を覆うマスクを着用し、飛沫感染を防いでおります。
また、普段からの取り組みですが、グローブなどの使い捨ての物資はすべて患者さんごとに交換しており、治療器具はウイルスの死滅するオートクレーブという滅菌をかけています。また、グローブやアルコール消毒薬などの医療物資不足がいわれていますが、当院では在庫を確保しておりますのでご安心下さい。
また、換気のため待合室や診療室の窓を開けさせてもらっております。

ご来院の患者さんには院内に入りましたら手指のアルコール消毒、マスクの着用をお願いしております。体調が優れない方や37.5度以上の発熱や喉の症状、味覚障害や嗅覚障害のある方は診療をお断りする場合があるため、事前にご連絡ください。


皆さまが安心して治療が受けられるようにヤガサキ歯科医院では院内感染防止につとめておりますので、今後とも宜しくお願いいたします。

安藤


月別アーカイブ