院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

スタッフブログ

超高齢社会における歯周治療のあり方

われわれが想像する以上に、わが国の高齢化の波は深刻度を増しています。この激変は歯科の世界にも確実に影響を与え、これまで経験したことのない対応を迫られる時代に入ると私は想像しています。最近、脳梗塞等の後遺症で障害をもち、家族に支えられながら診療所に来院される方が多くなってきました。そしてその多くの方が、数種類から十数種類の薬を服用され、歯肉が発赤、腫、増殖し、明らかに薬の影響を受けていると判断できるケースも少なくありません。また、口腔乾燥症を呈する患者さんに接する機会が増えました。30年前に老人ホームで経験した高齢者の口腔内と比較して明らかに違うことは残存歯数が急激に増加し、歯肉の炎症が頻繁に認められることです。

歯科医療関係者のゆまない努力と国民の口腔保健に対する関心の高まりによって平成23年(2011年)8020達成者はなんと推定値で38%を超えました。8020運動がスタートとした当初、わが国ねおいては全く達成不可能なスローガンであり、たいへん不謹慎なことにイベントのための運動ではないかと感じました。しかし、平成20年年代に入り、驚くほど残存歯数は伸長し、あと10年以内に50%を達成する勢いです。一方、平均寿命の増進によって、疾病と障害をもち、感染しやすい高齢者の急増が社会の新たな問題として浮かび上がってきました。このことは、難しい条件、環境下で歯と口腔を管理していかなければならない時代に突入したと認識していいでしょう。激増する残存歯をいかに健全に保全するかが大きな問題になってきます。歯科の一分野の話をしているのではなく、歯科全体として、これから訪れる高齢化の大きな波にどのような対策を立てなければならないか、その際、キーワードになるのが「老年歯周病学(歯周治療)」です。多くの歯科医師と歯科衛生士が日々の歯周治療に携わり、国民の治療に貢献しています。

口腔ケアは、いまではどの看護、福祉の本や雑誌を見ても掲載されています。しかし、その掲載された内容を見て気づくことは、口腔ケアの実態があいまいであることが多いということです。その中核になるものがセルフケアとプロフェッショナルケアの両面から歯周病をコントロールしていくことです。高齢者といっても元気で社会活動している「in dependent」な方も多く生活されています。このような方には、元気うちから、しっかり歯周治療を行い、メインテナンスを受けることをおすすめします。


受付 山下

デンタルハイジーン参照

コロナウイルス対策について

ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合家庭内でご注意いただきたいこと ~8つのポイント~(一般社団法人日本環境感染学会とりまとめを一部改変)令和2年3月1日版

 部屋を分けましょう

◇ 個室にしましょう。食事や寝るときも別室としてください。・子どもがいる方、部屋数が少ない場合など、部屋を分けられない場合には、少なくとも 2m以上の距離を保ったり、仕切りやカーテンなどを設置することをお薦めします。・寝るときは頭の位置を互い違いになるようにしましょう。

◇ご本人は極力部屋から出ないようにしましょう。 トイレ、バスルームなど共有スペースの利用は最小限にしましょう。

感染者のお世話はできるだけ限られた方で。

心臓、肺、腎臓に持病のある方、糖尿病の方、免疫の低下した方、 妊婦の方などが感染者のお世話をするのは避けてください。

マスクをつけましょう

◇ 使用したマスクは他の部屋に持ち出さないでください。

◇マスクの表面には触れないようにしてください。マスクを外す際には、ゴムやひもをつまんで外しましょう。

◇マスクを外した後は必ず石鹸で手を洗いましょう。 (アルコール手指消毒剤でも可)※マスクが汚れたときは、すぐに新しい清潔な乾燥マスクと交換。 ※マスクがないときなどに咳やくしゃみをする際は、ティッシュ等で口と鼻を覆う。

こまめに手を洗いましょう

◇こまめに石鹸で手を洗いましょう、アルコール消毒をしま しょう。洗っていない手で目や鼻、口などを触らないようにし てください。

◇心臓、肺、腎臓に持病のある方、糖尿病の方、免疫の低下した方、 妊婦の方などが感染者のお世話をするのは避けてください。 

  換気をしましょう 

◇ 定期的に換気してください。共有スペースや他の部屋も窓を開 け放しにするなど換気しましょう。

手で触れる共有部分を消毒しましょう

 ◇ 共用部分(ドアの取っ手、ノブ、ベッド柵など)は、薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭いた後、水拭きしましょう。 ・物に付着したウイルスはしばらく生存します。 ・家庭用塩素系漂白剤は、主成分が次亜塩素酸ナトリウムであることを確認し、使用量の目安に従って薄めて使ってください(目安となる濃度は0.05%です(製品の濃度が6%の 場合、水3Lに液を25mlです。))。

◇ トイレや洗面所は、通常の家庭用洗剤ですすぎ、家庭用消毒剤でこまめに消毒しましょう。 ・タオル、衣類、食器、箸・スプーンなどは、通常の洗濯や洗浄でかまいません。 ・感染者の使用したものを分けて洗う必要はありません。◇ 洗浄前のものを共用しないようにしてください。 ・特にタオルは、トイレ、洗面所、キッチンなどでは共用しないように注意しましょう。 

汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう

◇ 体液で汚れた衣服、リネンを取り扱う際は、手袋とマスクをつけ、一般的な家庭用洗剤で洗濯し完全に乾かしてください。 ・糞便からウイルスが検出されることがあります。

ゴミは密閉して捨てましょう

◇ご本人は外出を避けて下さい。

◇ご家族、同居されている方も熱を測るなど、健康観察をし、不要不急の外出は避け、特に咳や発熱などの症状が あるときには、職場などに行かないでください。

 ◇鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れ、室外に 出すときは密閉して捨ててください。その後は直ちに石鹸で手 を洗いましょう。
厚生労働省HP参照 

大石

返信転送

ウイルス感染に対抗する歯科の重要性

こんにちは。歯科衛生士の秋山です。今回はコロナウイルスと歯科についてお話ししたいと思います。
新型コロナウイルス感染症の初期症状としての嗅覚異常と味覚異常
歯科では味覚異常をどのように診断しているか?歯科で味覚異常を診察する際に、まず念頭に置くのは、味覚を伝えている神経系(鼓索神経や舌咽神経など)の障害です。これらの神経の障害は、抜歯などによる損傷、外傷による損傷、ヘルペスウイルスによる障害、中耳炎などの罹患で起こります。ときには脳腫瘍や脳血管障害(中枢性疾患と呼ばれる)なども考えられます。これらは、神経系の経路(神経回路)で起きている障害のためにそのほとんどが片側です。神経が分布する場所(支配領域)に沿っていることから、その場所に痛みやしびれ、表情筋の麻痺などの症状が必ず伴います。味覚異常は、感冒、花粉症、アレルギー性鼻炎などでも発現しますが、これらは鼻水や鼻づまりなどの鼻の症状を伴います。

痛みやしびれ、表情筋の麻痺などの症状がなく、味覚異常のみを訴える場合、まず考えられるのは亜鉛欠乏です。亜鉛は、細胞分裂(1個の細胞が2個以上の細胞に分れる現象)に関わる多数の酵素活性に関与しています3)。そのため、血液中の亜鉛不足が新陳代謝の著しい味の受容器である味蕾細胞の細胞分裂を低下させます。血液中の亜鉛不足の原因として、栄養のバランス異常のほか、抗がん剤、抗パーキンソン薬、抗アレルギー薬など多種多様の常用薬があります。患者さんが味覚低下ではなく異様な味を感じると訴える場合は、口腔カンジダ症、貧血、シェーグレン症候群なども考えられますので、舌の性状や色調、口腔の乾燥の度合いなどの診察を必ず行います。また、糖尿病や腎不全の影響、放射線治療後、うつなどの精神心理学的影響などによる味覚への影響もあります。これらの症状はじわじわと出現します。つまり、口腔に原因があるわけではなく全身の一症状が口腔に出ているのです。しかし、突然、他に考えられることがなくて著しい味覚障害が出現した場合、特発性疾患(原因不明で発生する疾患で、医学の進歩により原因が解明されると特発性疾患から除かれる)として扱われます。新型コロナウイルス感染症の症状として味覚障害が報告されました。この時期ですので、新型コロナウイルス感染症も疑われます。ウイルス感染に対抗する歯科の重要性「インフルエンザ予防と歯周病菌との関係」より考えられること1 口腔健康管理(口腔清掃)はウイルス感染への水際対策です感染症予防のために大事なことは、身体を清潔にすることです。清潔な体の表面に病原菌は感染しにくいのです。しかし、手や体、髪を洗うことは心がけていても、お口の中を清潔にすることを忘れていませんか?
ウイルスの感染は、鼻と口と目から起こります1)。インフルエンザウイルスの場合、お口が不潔だと、口に入ってきたウイルスが感染しやすくなります。お口を清潔にし、健康に保つことはウイルス感染の水際対策なのです。お口に住んでいる細菌が出すタンパク分解酵素は、ウイルスが粘膜細胞の中に感染することを促進します2)。ウイルス感染予防のために、お口の衛生管理を心がけて下さい。特に歯周病菌は強力なタンパク分解酵素をもっています。歯周病にかかっている方には、ご自身での口腔清掃と共に、歯科医院におけるプロフェッショナルケアも大事です。2 不潔なお口は腸内細菌のバランスを乱して全身の免疫力を弱めますウイルス感染への有効な対策は、体の免疫力を低下させないことです。腸内細菌のバランスは全身の免疫に密接にかかわっています。そのため、腸内細菌のバランスが崩れると、感染症にかかりやすくなったり、さまざまな全身疾患が発症しやすくなることが知られています3)。お口の細菌が食道・胃を通って腸内にたどり着き、腸内細菌のバランスを乱して全身疾患発症の原因となることが判ってきました4)。お口が不潔な方、特に歯周病にかかっている方は、食事のたびにたくさんのお口の細菌が腸に運ばれるため、全身の免疫力が低下するリスクが高まります。3 お口が不潔だと肺炎のリスクも高まります中高年になると誤嚥と言って、食べ物や唾液が気道に入ってしまうことがあります。お口が不潔だと、この時にたくさんの細菌が気管に入って肺にまで至り、誤嚥性肺炎という肺炎を起こしてしまいます。誤嚥のリスクが高い方は、ウイルス性肺炎のリスクも当然高くなります。
さらに、歯ぐきに住む歯周病菌が血流にのって全身を駆け巡り、体のあちこちに炎症を起こします5)。また、歯ぐきの炎症により作られた炎症を起こす物質(炎症性物質)も血流にのって全身へとばらまかれます。その結果、体の免疫が乱されてウイルス感染による炎症症状が進みやすくなってしまいます。4 注意してください!コロナウイルスは口からもやってきます現在、中国からたくさんの論文が発表されています。これらの論文は、ウイルス感染が「口腔からも始まる」可能性を示しています1, 6)。今後ますます検証が進むと、コロナウイルス感染の予防には口腔衛生管理が重要であることがはっきりしてくることでしょう。
手洗い・うがいに加えて、お口のセルフケア(丁寧な歯磨き)とプロフェッショナルケア(歯科医院での専門的クリーニング)を心がけてください。また、舌を磨くこともウイルス感染予防に効果があります。
日本歯科医学会連合
新型コロナウイルス感染症対策チーム 参照返信転送

月別アーカイブ