院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

スタッフブログ

コロナについて

こんにちは
衛生士の飯田です。
オリンピックは延期になりましたね!
コロナの影響で週末の外出禁止など色々ありますが、当医院は今の所平常開院しております。
体調の悪い方、咳の出る方、熱のある方は予約の変更をして頂けるとありがたいです。
また感染の心配な方は予約の変更のお電話を下さい。
当医院は感染予防のため全員マスク着用での対応をさせて頂いてます。 
    新型コロナウイルスを防ぐには
 新型コロナウイルス感染症とは
発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ
けんたいかん
(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。 感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと
比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。重症化すると肺炎となり、
死亡例も確認されているので注意しましょう。
    特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。
  ひまつ
 新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。空気感染は起 きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話 等には注意が必要です。
       飛沫 感染
せき感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放 出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染 します。
  接触 感染
感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触 れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手 に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。
      日常生活で気を付けること
まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などに こまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。
咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触った ものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能 性がありますので、咳エチケットを行ってください。
持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人込みの多い場所を避けるなど、 より一層注意してください。
        発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。
  発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。

       こんな方はご注意ください
次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
風邪の症状や37.5°C以上の発熱が4日以上続いている (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
   強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合
センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、 専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。
「帰国者・接触者相談センター」はすべての都道府県で設置しています。 詳しくは以下のURLまたはQRコードからご覧いただけます。
https://www.mhlw.go.jp /stf/seisakunitsuite /bunya / kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html
一般的なお問い合わせなどはこちら
その他、ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせについて は、次の窓口にご相談ください。
厚生労働省相談窓口 電話番号 0120-565653(フリ―ダイヤル) 受付時間 9:00~21:00(土日・祝日も実施)
聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方 FAX 03-3595-2756




iPhoneから送信返信転送

歯周病が全身に及ぼす影響

こんにちは!歯科衛生士の牧野です。歯周病が全身に及ぼす影響について少しお話し致します。

歯周病が全身に及ぼす影響
狭心症・心筋梗塞動脈硬化により心筋に血液を送る血管が狭くなったり、ふさがってしまい心筋に血液供給がなくなり死に至ることもある病気です。動脈硬化は、不適切な食生活や運動不足、ストレスなどの生活習慣が要因とされていましたが、別の因子として歯周病原因菌などの細菌感染がクローズアップされてきました。歯周病原因菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て血管内にプラーク(粥状の脂肪性沈着物)が出来血液の通り道は細くなります。プラークが剥がれて血の塊が出来ると、その場で血管が詰まったり血管の細いところで詰まります。

脳梗塞脳の血管のプラークが 詰まったり、頸動脈や心臓から血の塊やプラークが飛んで来て脳血管が詰まる病気です。歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞になり易いと言われています。血圧、コレステロール、中性脂肪が高めの方は、動脈疾患予防のためにも歯周病の予防や治療は、より重要となります。

歯周病は糖尿病の合併症の一つ歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。実際、糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多いという疫学調査が複数報告されています。さらに最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。つまり、歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられるようになってきたのです。歯周病治療で糖尿病も改善することも分かってきています。

誤嚥性肺炎誤嚥性肺炎とは、食べ物や異物を誤って気管や肺に飲み込んでしまうことで発症する肺炎です。肺や気管は、咳をすることで異物が入らないように守ることができます。しかし、高齢になるとこれらの機能が衰えるため、食べ物などと一緒にお口の中の細菌を飲み込み、その際むせたりすると細菌が気管から肺の中へ入ることがあります。その結果、免疫力の衰えた高齢者では誤嚥性肺炎を発症してしまいます。特に、脳血管障害の見られる高齢者に多くみられます。誤嚥性肺炎の原因となる細菌の多くは、歯周病菌であると言われており、誤嚥性肺炎の予防には歯周病のコントロールが重要になります。

歯周病と低体重児早産近年、さまざまな歯周病の全身への関与がわかってきました。なかでも妊娠している女性が歯周病に罹患している場合、低体重児および早産の危険度が高くなることが指摘されています。これは口の中の歯周病細菌が血中に入り、胎盤を通して胎児に直接感染するのではないかといわれています。その危険率は実に7倍にものぼるといわれ、タバコやアルコール、高齢出産などよりもはるかに高い数字なのです。歯周病は治療可能なだけでなく、予防も十分可能な疾患です。生まれてくる元気な赤ちゃんのために、確実な歯周病予防を行いましょう。

骨粗鬆症骨粗鬆症は、全身の骨強度が低下し、骨がもろくなって骨折しやすくなる病気で、日本では推定約1.000万人以上いると言われています。そして、その約90%が女性です。骨粗鬆症の中でも閉経後骨粗鬆症は、閉経による卵巣機能の低下により、骨代謝にかかわるホルモンのエストロゲン分泌の低下により発症します。歯周病と骨粗鬆症閉経後骨粗鬆症の患者さんにおいて、歯周病が進行しやすい原因として最も重要と考えられているのが、エストロゲンの欠乏です。エストロゲンの分泌が少なくなると、全身の骨がもろくなるとともに、歯を支える歯槽骨ももろくなります。また、歯周ポケット内では、炎症を引き起こす物質が作られ、歯周炎の進行が加速されると考えられています。多くの研究で、骨粗鬆症と歯の喪失とは関連性があると報告されています。したがって、閉経後の女性は、たとえ歯周炎がなくても、エストロゲンの減少により、歯周病にかかりやすく、広がりやすい状態にあると言えます。また、骨粗鬆症の薬としてよく用いられるビスフォスフォネート製剤(BP系薬剤)というのがあり、これを服用している方が抜歯などをした場合、周囲の骨が壊死するなどのトラブルが報告されています。歯周病でぐらぐらしているから自分で抜く、などということは絶対に行わないようにしてください。

全身の健康に歯科が出来ること歯肉の炎症が全身に多くの影響を与えることは昨今の研究で明らかになってきています。歯周病も糖尿病も生活習慣病ですから互いに深い関係があって不思議ではありません。毎日の食生活を含めた生活習慣を見直し、歯周病を予防する事が全身の生活習慣病を予防することにつながります。歯医者は口腔内の変化をみる事のできるプロです。口腔ケアも自分一人できちんと行うのは難しいと言われています。半年に一度は歯科医を受診し、生活習慣も含め口腔内のケアを受けるようにしてください。

日本臨床歯周病学会 参照

WHITE CROSS Webセミナーで講演しました!

2月13日に歯科専門のオンライン教育サイトのWHITE CROSSという会社でWebレクチャーを行いました。

歯科医師も最新の文献や治療方法等、常にアップデートして、通っていただく患者さんの為に治療技術や知識を上げていく必要があります。

今までは休日や診療後に、学会や講習会などに参加する必要がありました。近くの会場の場合でも移動時間が必要になりますし、遠い場所だと宿泊が必要な場合もあります。

最近では情報技術の発展で、Webで講演を聞く機会も出てきました。

このWHITE CROSSという会社は、オンラインのセミナーに力を入れている会社で、地方の先生などで東京や大阪などに来るのが大変な先生などにとっては非常に有効な方法だと思います。

     

今回自分が所属しているスタディーグループのClubGPの先生5人で5か月間にわたってセミナーを担当することになり、自分が第2回目の回として、2時間講演を行いました。

  

   

今回の自分のテーマは、「マイクロデンティストリー入門」と題して、主にマイクロスコープのポジショニングや機種の特徴についてお話をさせていただきました。

歯科でのマイクロスコープとは歯科用の治療用顕微鏡のことを言います。眼鏡についている拡大鏡ではなく、機械を通して歯や歯ぐきを拡大して精密に見ることが出来ます。

録画して記録を取ることも出来ますので、患者さんに見ていただくことで行った治療を理解してもらい易いです。

近年では歯科医院でも導入する先生が増えてきていますが、全国の歯科医院の約10分の1の医院でしか導入されていないとの事です。

当院では2008年より12年間使用しており、現在では6台のマイクロスコープを使ってドクターの診療に役立てています。

     

今回のセミナーでは、自分が12年間使用しての経験から、これからマイクロスコープを使いたいと思っている若い先生や、最近購入して使い始めたけれど、どのように使用すればいいのか分からないといった先生向けにお話をさせて頂きました。

今回は人前でなく、カメラに向かって講演をするという新しい体験でした。

聞く人がいない中で講演をするのは不思議な感じでしたが、カメラの向こうにいる先生方をイメージしながら一生懸命説明しました。

終わってしまうとあっという間の2時間でした。

       

今回は友人の歯科医師の先生も何人かいましたので、後日感想を聞くことも出来ましたが、好評をいただくことが多く嬉しく思いました。

今回講演を行って、普段何気なく行っている自分の臨床を振り返ってみる良い機会となりました。

又、後日当院で実際に実習を行う機会もありましたが、自分が当たり前に行えることでも、使い慣れない先生には大変なことも多くあることが改めて分かりました。

これからも当院の先生方だけでなく、他の若い先生方にも自分の知識や治療技術を教えることで、今後の歯科界に微力ながら貢献していきたいと思います。

   

   

☆☆☆☆☆

インフルエンザ予防について

インフルエンザ予防に口腔ケアが効果的なことをご存知ですか?また、口腔内が不潔だとタミフルなどのインフルエンザ治療薬が効きにくくなる可能性があるそうです。
インフルエンザウィルスはヘマグルチニンという表面にある抗原性糖タンパク質で宿主細胞に侵入します。細胞内に入り込んで増殖し、ほかの細胞に感染を広げる際、ウィルスの表面にあるノイラミニダーゼという酵素を使って自身を細胞表面から切り離します。タミフルやリレンザなどは、この酵素の働きを妨げることによってウィルスの感染を防ぐのです。研究によると歯垢に含まれる2種類の細菌がこの酵素を作り出しウィルスの増殖を助けることが分かりました。また、タンパク分解酵素のプロテアーゼはヘマグルチニンの活動を活発化させます。これは喉などの粘膜に存在するものですが黄色ブドウ球菌、緑膿菌、肺炎球菌など口腔内の細菌もプロテアーゼを作ることができます。
このような実験がありました。高齢者を2つのグループに分け、一方は歯科衛生士による専門的口腔ケアと集団口腔衛生指導を行い、もう一方は普段通りの口腔ケアを行いました。インフルエンザ流行期6か月の発症者を比較したところ専門的なケアを受けたグループは普段通りのケアを行っていたグループよりインフルエンザの発症者が1/10だったそうです。専門家による口腔ケアを受けていると、口腔内の細菌数が低下します。それがインフルエンザの感染を防ぐ大きな役割を担っていたのです。

インフルエンザの予防方法は色々あります。ワクチンの接種はインフルエンザの重症化を抑える働きがあります。鼻と口を覆うマスクは飛沫感染のリスクを低下させてくれます。インフルエンザに感染した人が咳やくしゃみをした際に手で口を押さえると手にウイルスが付着します。そのままの手で触れるとそこにウイルスが残り、後から同じところを触った人が自分の鼻や口に触れ、感染します。こまめな手洗いも予防になりますね。インフルエンザは免疫が低下しているときにも感染しやすいので栄養や十分な睡眠をとることも非常に大切です。部屋を乾燥させないなど、環境を整えることもよく知られた予防法です。
これら皆さんもよく知っている予防方法に加えて「歯科衛生士の専門的な口腔ケアはインフルエンザ予防に有効である」という知識を是非プラスして下さい!今シーズンはインフルエンザの流行がかなり早い時期から始まっているようです。適切な予防法で健康に過ごしたいですね。

受付・助手:タカサワ

着色について

こんにちは。歯科衛生士の中島です!

今回はステイン(着色)についてお話しします。

除去可能な外因性の着色は、セルフケアでも除去できますが, プロフェッショナルケアを行えばより的確に除去できます。

歯の色がその場で明らかに白くなるため,ケア後は笑顔の魅力が増します. 私自身

の経験でもありますが, セルフケアで着色を除

去するように心がけていても, 

プロフェッショナルケアを受けると歯の色が

1トーン明るくなり,われながら笑顔が爽やかになったように感じます!

美女を形する「明降酷歯*」(めいぼうこうし)という語がありますが, 

美しく澄んだ瞳をもっていても, 白く美しい歯が

なければ笑顔に魅力がなくなってしまいます。

このように日常生活に影響する歯の着色の除

去·予防には, 

セルフケアのみならず, プロフェッショナルケアの役割も大きく, 歯科医院が来院者に提供

できる価値の1つとして重要であると考えられます.

今回は外因性着色(ステイン)に焦点を

しぼり,その形成メカニズムについて, できる

だけ日常臨床や日常生活で役立つように述べて

いきたいと思います.

☆飲食物·タバコ

ステインは,付着する原因物質により着色の

仕方が分類できます.まずは, お茶, ワイン,

コーヒーなど食物の成分や, タバコに含まれる

成分が直接歯に付着するものがあります. この

場合,歯の表面もしくは近傍にあるカルシウム

や唾液由来のタンパク質と結びつきます. これ

らの結合はイオン結合や水素結合,疎水相互作

用とよばれる比較的弱い結合ですが, 時間が経

つと着色物質が酸化して徐々に取れにくくなり

ます.材料のもつ色がそのまま歯の色

に反映されることが多く, 長い時間が経つと,

色が濃くなったり黒っぽくなっていったりしま

す。したがって,食生活や生活習慣からおおよ

その原因が特定できます. もっとも頻繁に目に

するのが,このパターンです。

金属イオンそのほかにステインの原因になるのは, 金属水に溶解イオンです。鉄に代表される金属は,水に溶解しているイオンの形で歯の表面に付着します。

金属はイオンになるとプラスの電荷をもつた

め,マイナスの電荷をもちやすい歯の表面に吸

着します。鉄イオンは, お茶やワインなどのよ

うに色は濃くありませんが, 蓄積すると茶色い

ステインになります。

お茶やコーヒーを飲まないのに歯が茶色く着

色している場合は, 鉄分の多い飲料水の飲用や

鉄の配合された医薬品やサプリメントの摂取が

原因の1つと考えられます. フッ化スズの配合された歯磨剤でも

同様な作用で茶色いステインできる場合があります。

様々ものがステイン(着色)の原因になりますので定期的な歯のクリーニングで、

落として綺麗な歯を保っていきましょう!

デンタルハイジーン参照

月別アーカイブ