院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

スタッフブログ

オーラルフレイルについて

オーラルフレイルは8020運動を基礎とした、口腔の健康啓発運動の新たなスローガンです。これは、滑舌の低下、食べこぼし、わずかなむせ、かめない食品が増えるなどの口の些細なトラブルから始まるため、早めに気付き対応することが大切です。これらのさまざまな口の衰えは体の衰え(フレイル)です。
口腔の健康の現状80歳で20本自分の歯を有している人, つまり8020運動の達成者は, すでに2人に1人と5割を超えています。さらに平均寿命が男女とも80歳を超えた現在, 自分の歯の数だけでなく 80歳でも不自由なく快適に食事を摂ることができ, 口元の容姿に自信をもって, 楽しく会話できることが、口の健康の指標であると考えられるようになってきています.こういった状況を踏まえ, 高齢者の口腔の健康を支えるためには, 自分の歯の数を維持することに加えて, 口の働き(口腔機能)の衰えを軽視しないことの重要性が注目され.オーラルフレイルという概念が提案されました。オーラルフレイルは, 直訳すると口の虚弱ですが,このような口に関する些細な衰えを放置したり, 適切な処置を行わないままにしたりすることで, 口の機能低下, 食べる機能の障害, さらには心身の機能低下までっながる負の連鎖が生じてしまうことに対して警鐘を鳴らした概念でもあります.具体的には, 日常生活における口の些細な卜ラブル(滑舌低下, 噛めない食品の増加, むせ, 口元の容姿や口臭が気になるなど)を放置(もしくは軽視)してしまうと.これらの状態は, 相互に悪影響し合っさらに悪化していき, 食欲や意欲が低下したり、コミュニケーションの機会が減ったり食事のバランスが悪くなって, 栄養に偏りが生じたりします.さらに, 口の機能低下(咬合力の低下,舌運動機能の低下など)力S生じ低栄養サノレコペニア(筋肉減少症)のリスクが高まり, 最終的に食べる機能の障害を引き起こします自然な衰えとの違いこのような日常生活における口の些細なトラブルは, 誰しもが避けられない老化としてとらえることもできます.しかし, 自然な衰えである口の老化と才ーラルフレイルの違いは, オーラルフレイルが食欲や意欲の低下, 会話や外出, 外食の減少、さらには活動範囲の狭小化、社会的問題(孤立、閉じこもり), 精神心理的問題(うつ、認知機能の低下)と複合して生じる不自然な衰えであることです.しかし, これら口の些細なトラブルは.早期に適切な対応を行えぱ元の健康な状態に戻ることが可能です.反対に放置してしまうと生理的老化に加え, さまざまな口の機能の低下, それに関連する社会的問題, 精神心理的問題が相互に悪影響し合って, 口の機能の低下が加速度を増して進んでしまいます.この点が, 自然な衰え(老化)とオーラルフレイルとの大きな違いです.最初の一歩は, 気づき行動変容すること、以上のことを踏まえ, 東京大学高齢者社会総合研究機構の飯島勝矢教授を中心とした神奈川オーラルフレイルプロジェクトチームではオーラルフレイルを以下のように定義しています。「老化に伴う様々な口腔環境(口腔衡生など).歯数および口腔機能の変化, さらに心身の予備能力低下も重なり.口腔の健康障害に対する脆弱性が増加し.最終的に食べる機能障害へ陥る一連の現象および過程」このようにオーラルフレイルは, これまで,老化, 廃用として解釈されていた口の機能低下を可視化したモデルといえます.口の機能低下(口腔機能低下症など)および食べる機能の障害(口腔機能障害など)は, オーラルフレイルの概念を構成する一要因として位置づけられます.多くの人は, 加齢とともに低下する運動機能, 栄養状態, 生活能力を避けられない老化とあきらめ, 自ら活動範囲を狭めたり, 食べにくいものを避けたりしがちです.口まわりの些細な衰えから始まる現象を見過ごしていると, 自覚しないまま悪循環に陥り, やがて食欲が低下し、低栄養状態にいたります。こういった口腔に関連した、些細な衰えを自分ごととし行動の変容につなげることが、オーラルフレイル対策の最初の一歩となります。デンタルハイジーン2019.3参照 大石

口の乾きについて

こんにちは。受付の柏浦です。今回は口の乾きについて書きたいと思います。

「口の乾き」を訴えて歯科医院を訪れる人が年々増えているようには思いませんか?「口の乾き」の原因はたくさんあり、通常はいくつかの原因が重なりあっで乾しとなって出現しています。なかには睡液の量が減っていないにもかかわらず、口の乾きを訴える人もいます。

また、口臭を訴えている患者さんのなかにも、口臭が他人にはまったくわからないにもかかわらず□奥を訴える人もいます。このような恵者さんは、しばしば”原因不明”として扱われますが、ちょっとした心の問題を抱えていることもあります。

「口の乾き—ドライマウス—]

口の乾きは「ドライマウス」と呼ばれますが、これは厳密な病名ではなく、患者さんの症状の訴えに対してのよび名です。その原因となりうるものはたくさんありますが、実際に、ドライ

マウスを訴え外来に来る方でもっとも多いのが”原因不明”といわれる人たちです。

ドライマウスの原因としてよく教科書に登場するのは「シェーグレン症候群」ですが、実際には1割未満です。また、原因不明と考えられた場合でも、薬を服用していると、薬の副作用が原因と片づけられる場合も多いようです。

たしかに薬の副作用で睡液分泌量の減ることはありますが、実際に睡液分泌量低下と診断されることは少なく、わずかな分泌量の低下でも苦痛を訴えて病院に足を運ぶ人が多いのが現状です。

それよりも原因不明といわれる人たちのなかには、「うつ病」や「不安障害」などの精神疾患に罹ってる人、精神的ストレスを感じている人などが多いということを理解しておく必要があります。うつ病の患者さんの8割近くは口の乾きを感じていますので、ドライマウスを訴える患者さんをくわしく問診することで逆にうつ病がみつかることもあります。また人前で話をしなくてはいけないときや、大事なことをする前など緊張して口が乾くというのは誰もが経験したことがあると思いますが、このような状態が続いているのが不安障害ですのでこれがドライマウスの原因になることも容易に想像できるでしょう。

実際には、うつ病や不安障害との診断がつくほどの状態ではないものの、精神的ストレスがあることからすこし気持ちが沈み込んでいるとか、ちよっと緊張しやすい性格からドライマウスを感じている人が多くを占めています。またシェーグレン症候群の患者さんはうつ病や不安障害、ストレス状態が一般の方よりかなり多いとの報告がありますので、シェーグレン候群の患者さんでも、ドライマウスの原因として心の問題は無視できません。

「ドライマウス、口臭恐怖症への対応」

ドライマウス、□臭を訴えている方は、程度の差こそあれ心の問題を抱えている場合が多いため、話を伺う際には心理療法の基本である「支持的精神療法」や□ジャーズの「クライエンと中心療法」などの概念をつねに心がけておくべきです。

ドライマウスでは、症状へのこだわりや改善のための焦りが、さらに症状を悪化させていることがありますので、症状の改善に過度にこだわらずに、焦らずゆっくり取り組むことがむしろ近道であるのです。

デンタルハイジーン参照

子どもの受動喫煙による歯肉着色

受動喫煙で子どもの歯肉は黒くなる!? 
 
皆さんご存知のとおり、受動喫煙による子どもの害として瑞息、中耳炎、呼吸器疾患などがあげられますが、口腔内への影響としては歯周病、歯肉へのメラニン色素沈着が報告されています。ですから、初診で来院した子どもの口腔内をチェックするとき、付着歯肉のメラニン色素沈着が気になることがあります。そんな歯肉を見たときは、家族に喫煙者がいないか疑います。自分がその家族を担当していれば「やっぱり!」となることもしばしば。もちろん、両親がともに非喫煙者であっても、ほかの原因でメラニン色素沈着がみられる子どももいるので、家族に喫煙者がいると決めつけていけません。受動喫煙による子どもの口腔への影響について、こんなデータがあります。両親のいずれかが喫煙者であると非喫煙者に比べて5.4〜5.6倍、子どもの歯肉に着色がみられるという報告です。さらに、子どもの尿中コチニンの量と歯肉着色の関連を調べたものがあります。両親が喫煙者である子どもの場合、そうでない子どもより約30倍尿中コチニン量を認めました。両親の喫煙本数が増加すると子どもの尿中コチニン濃度も増え、またリビングでの喫煙でも増加しました。着色の濃い子どもほど、尿中コチニン濃度が高いという結果が出ています。やはり受動喫煙により子どもにメラニン色素沈着がみられるようになるのですね!メラニン色素沈着があることによって歯肉にどのような害があるのかはわかっていませんが、すくなくとも笑顔の印象には影響を与えるでしょう。 
 
こんな患者さんがいます。Tくんは1988年に6歳のときに初診で来院し、不定期ですがメインテナンスに来ていました。筆者が担当を引き継いだのは2008年26歳のときです。担当するにあたって過去の写真を見てみると、初診時から18歳前後までメラニン色素が濃いですが、2008年にはほぼありません。もちろんTくんは非喫煙者ですから「もしやお父さんが喫煙者であったのでは!?」と思い、残念ながら父親は当院には来院していないため、Tくんに聞いてみました。父親は1995年45歳まで1日約20本(25年間)の喫煙習慣があったそうです。父親は子どもの前では「吸っていない!」と言い張っているようですが、家族は「リビングで吸っていた」と断言しています。受動喫煙によるメラニン色素沈着が疑われ、また父親の禁煙によりメラニン色素沈着が薄くなっていると思われる症例です。Tくんの弟のYくんも来週していたので過去の写真をみると、歯肉にTくんと同様の現象がみられました。ちなみに二人の母親(非喫煙者)も来院していますが、歯肉の色に変化はありませんでした。やはり子どもは感受性が強いためか受動喫煙の害を受けやすいということがいえそうです。害を受けやすいですが、害がなくなれば元に戻るということもいえる症例です。 
 
 
デンタルハイジーン2019.9参照 
 
受付 山下 
 

月別アーカイブ