院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

歯ぎしりについて

こんにちは。歯科衛生士の秋山です。

今回は歯ぎしりについてお話ししたいと思います。

歯ぎしりは、睡眠の妨げになるだけでなく、歯や顎などに悪影響を与えます。歯ぎしりをしている人の割合は高いとされ、自覚していない人は少なくありません。
 
また、歯ぎしりの他にも、咬みしめ・食いしばりといった歯や顎に負担をかける口腔内の悪習癖(ブラキシズム)があります。
これらは、歯周病や顎関節症のリスクを高めるだけでなく、肩こりや頭痛などの原因にもなるため、適切な対処が必要になります。

そもそも、歯ぎしりはなぜ起こるのでしょうか?

歯ぎしりの原因はなんでしょうか?

歯ぎしりの原因は明確になっていませんが、ストレスや歯並びの乱れ、咬み合わせ不良などが要因と考えられています。
肉体的・精神的なストレスがたまると、歯ぎしりをすることによって発散していると言われています。

口腔内の悪習癖(ブラキシズム)の種類

ブラキシズムは、主に次の3つに分類されます。グランディングやタッピングは、音がするので家族に指摘されることもありますが、クレンチングは音がしないので気付きにくく、発見が遅れやすいです。

グラインディング上下の歯をギリギリと擦り合わせる習癖のことです。
クレンチング上下の歯を強く咬み合わせる習癖のことです。食いしばり・咬みしめはこれに該当します。
タッピング上下の歯をカチカチと咬み合わせる習慣のことを言います。

歯ぎしりなどのブラキシズムは、眠っている時だけでなく、
起きている時にも行っていることがあります。


気づいたら歯を食いしばっていた・カチカチと歯を咬み合わせていた、ということは珍しくありません。眠っているときは無意識ですが、起きているときに行っていることに気づいたならば、意識的に行わないようにすることが大切でしょう。

歯ぎしりを行うことで、歯の咬み合う面がすり減ってしまう・歯肉に負担をかける・知覚過敏を進行させる・顎関節症のリスクを高める・頭痛や肩こりなどの原因となるといった悪影響があります。

▶︎歯ぎしりが歯周病なり及ぼす影響

歯ぎしり自体は歯周病の直接の原因とはなりません。歯周病の直接的な原因はプラークですが、すでに歯周病を発症している場合は、歯ぎしりによって歯周病の進行が加速することがわかっています。

▶︎歯ぎしりが顎関節症に及ぼす影響

歯ぎしりをするときに上下の歯にかかる力は、通常の食事の際の力に比べて非常に強いため、顎関節にかかる負担が大きくなります。これが、顎関節症の原因になることがあります。

▶︎歯ぎしりとインプラント

歯ぎしりはインプラントにとっても危険です。

インプラントが骨と結合している最中に、歯ぎしりによりインプラントに強い力がかかると、インプラントが脱落することがあります。
また、インプラントに装着する被せ物(セラミックなど)が欠けたり、ネジが緩みが生じたりする原因となります。
インプラントや被せ物への負担を軽減するため、インプラント治療後は、就寝時にマウスピースを装着することがあります。
▶︎歯ぎしりの治療方法歯ぎしりに気づいたら、歯科医院で相談すると良いでしょう。
歯ぎしりの治療法には、生活習慣の改善・スプリント療法・
認知行動療法・薬物療法などがあります。

スプリント療法とは
就寝時にプラスチックまたはゴム製のマウスピース(ナイト
ガードともいいます)を使用することで、歯や顎関節にかか
る負担を軽減します。スプリント療法は保険が適用となります。 気になる方はいつでも聞いて下さいね!

ストローマン参照