院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

スタッフブログ

歯ぎしりについて

こんにちは。歯科衛生士の秋山です。

今回は歯ぎしりについてお話ししたいと思います。

歯ぎしりは、睡眠の妨げになるだけでなく、歯や顎などに悪影響を与えます。歯ぎしりをしている人の割合は高いとされ、自覚していない人は少なくありません。
 
また、歯ぎしりの他にも、咬みしめ・食いしばりといった歯や顎に負担をかける口腔内の悪習癖(ブラキシズム)があります。
これらは、歯周病や顎関節症のリスクを高めるだけでなく、肩こりや頭痛などの原因にもなるため、適切な対処が必要になります。

そもそも、歯ぎしりはなぜ起こるのでしょうか?

歯ぎしりの原因はなんでしょうか?

歯ぎしりの原因は明確になっていませんが、ストレスや歯並びの乱れ、咬み合わせ不良などが要因と考えられています。
肉体的・精神的なストレスがたまると、歯ぎしりをすることによって発散していると言われています。

口腔内の悪習癖(ブラキシズム)の種類

ブラキシズムは、主に次の3つに分類されます。グランディングやタッピングは、音がするので家族に指摘されることもありますが、クレンチングは音がしないので気付きにくく、発見が遅れやすいです。

グラインディング上下の歯をギリギリと擦り合わせる習癖のことです。
クレンチング上下の歯を強く咬み合わせる習癖のことです。食いしばり・咬みしめはこれに該当します。
タッピング上下の歯をカチカチと咬み合わせる習慣のことを言います。

歯ぎしりなどのブラキシズムは、眠っている時だけでなく、
起きている時にも行っていることがあります。


気づいたら歯を食いしばっていた・カチカチと歯を咬み合わせていた、ということは珍しくありません。眠っているときは無意識ですが、起きているときに行っていることに気づいたならば、意識的に行わないようにすることが大切でしょう。

歯ぎしりを行うことで、歯の咬み合う面がすり減ってしまう・歯肉に負担をかける・知覚過敏を進行させる・顎関節症のリスクを高める・頭痛や肩こりなどの原因となるといった悪影響があります。

▶︎歯ぎしりが歯周病なり及ぼす影響

歯ぎしり自体は歯周病の直接の原因とはなりません。歯周病の直接的な原因はプラークですが、すでに歯周病を発症している場合は、歯ぎしりによって歯周病の進行が加速することがわかっています。

▶︎歯ぎしりが顎関節症に及ぼす影響

歯ぎしりをするときに上下の歯にかかる力は、通常の食事の際の力に比べて非常に強いため、顎関節にかかる負担が大きくなります。これが、顎関節症の原因になることがあります。

▶︎歯ぎしりとインプラント

歯ぎしりはインプラントにとっても危険です。

インプラントが骨と結合している最中に、歯ぎしりによりインプラントに強い力がかかると、インプラントが脱落することがあります。
また、インプラントに装着する被せ物(セラミックなど)が欠けたり、ネジが緩みが生じたりする原因となります。
インプラントや被せ物への負担を軽減するため、インプラント治療後は、就寝時にマウスピースを装着することがあります。
▶︎歯ぎしりの治療方法歯ぎしりに気づいたら、歯科医院で相談すると良いでしょう。
歯ぎしりの治療法には、生活習慣の改善・スプリント療法・
認知行動療法・薬物療法などがあります。

スプリント療法とは
就寝時にプラスチックまたはゴム製のマウスピース(ナイト
ガードともいいます)を使用することで、歯や顎関節にかか
る負担を軽減します。スプリント療法は保険が適用となります。 気になる方はいつでも聞いて下さいね!

ストローマン参照

総義歯知識

こんにちは、助手の長副です。今回は総義歯の情報を掲載します。

★入れ歯は齲蝕や歯周病にはならないが…
総義歯の方のなかには、「歯がないのだから、虫歯や歯周病の心配はなく、入れ歯の調子が悪くなったら歯科医院へ行けばよい」と思っている方もいるかもしれません。てすが、義歯を長く使っていると、義歯や口腔内に徐々に変化が生じ、咀嚼機能が低下していく可能性があります。その様な機能低下を未然に防ぐためには、定期検診により緻密な調整を行う必要があるのです。

★長期経過に伴って起こるさまざまな変化
 長期経過に伴って生じる変化としては、大きく分けて、身体に生じるものと義歯に生じるものがあります。まず身体に生じる代表的な変化は、①顎堤の吸収、②顎関節の変化、③口腔周囲筋の筋力低下、④唾液分泌量の減少であり、義歯に生じる変化としては⑤人口歯の咬耗と⑥義歯床用材料の劣化などがあげられます。
①顎堤の吸収
 歯周病などで歯の周囲の骨が吸収します。歯を喪失していても、顎堤部の顎骨は徐々に吸収していきます。そのため、完成当初はしっかり適合していた義歯も徐々に適合が低下し、外れやすくなったり、食事中に動きやすくなったりするなど、さまざまな問題が生じてくる可能性があります。顎堤の吸収により、義歯の適合が低下すると義歯に加わる咬合力を適切に負担できなくなり、痛みが生じやすくなる可能性があります。

②顎関節の変化
 顎堤が吸収するように、顎関節部にも徐々に変化すると報告されています。加齢に伴い関節包や外側靭帯などの周囲組織にも緩みが生じ、結果的に下顎頭の運動範囲が大きくなるといわれてます。つまり、完成時と比べると徐々に顎関節の位置や動きが変化し、咬合が変化する可能性があります。

③口腔周囲筋の筋力低下
 年齢とともに握力が減少するように、口腔周囲の筋力が徐々に低下します。たとえば、咬合力が低下すると、ものを噛みくだく力が少なくなるので、十分な食事が摂取できなくなる可能性があります。あるいは、義歯周囲の筋力が低下すると義歯の周りに咀嚼中の食べ物が溜まりやすくなることも考えられます。

④唾液分泌量の減少
 唾液分泌量も、さまざまな原因により、年齢とともに減少していくことが知られています。唾液は全部床義歯にとっては非常に大きな役割があり、唾液が少ないと、義歯が外れやすくなったり、痛みが生じやすくなったりします。唾液量が少くなると、義歯と歯肉の間の潤滑作用が不足し、痛みが出やすくなります。

⑤人口歯の咬耗
 よく噛める義歯ほど、咬耗が生じます。特に現在の主流である硬質レジン歯は陶歯に比べると咬耗しやすく、数年間使用しているとあっという間に適切な接触が失われていきます。咬耗が平坦になり、面と面の接触になると、咬断力は低下すると考えられます。咬耗が極端に進むと徐々に咀嚼能力が低下しはじめます。

⑥義歯床用材料の劣化
 義歯床用材料も経年劣化が生じ、徐々に変色したり細かな傷がついたりします。日常の清掃はもちろん必要ですが、専門的なケアも行う必要があります。

デンタルハイジーン参照

リスク部位について

こんにちは、ヤガサキ歯科医院の衛生士鈴木です。今回は、虫歯になりやすい場所と歯周病になりやすい場所、リスク部位についてお話をしていきたいと思います。
ブラッシングを毎日30分間行ったとしても間違った場所を磨いていたら口腔内の健康を守る事は残念ながら出来ません。なので、きちんとリスク部位を理解して磨いく事が、大切になってきます。では、どこを磨く必要があるのか?
まずは、一般的や虫歯のリスク部位からお話ししたいと思います。
・10代が危険!咬合面歯の萌出開始から約2年ほどが虫歯のリスクが高まる時期で、原因としては出てきたばかりの永久歯のエナメル質の成熟が不十分であることに加え、萌出期間中の歯が、歯列咬合面より低い位置にあること、歯肉が少し被ったままの状態にあることによって自浄作用が期待できない為、プラークが非常に蓄積しやすい状態になる為です。
この期間においてはシーラントやフッ化物の使用をオススメします。
・隣接面歯と歯の間も虫歯の発生しやすい部位です。隣接面は歯ブラシでは清掃できないことに加え、唾液の効果が期待できない為、脱灰期間が他の部位より長くなり、虫歯が発生します。特に奥歯の間が発生しやすい部位です。
隣接面のプラークを除去するのにはフロスが効果的ですので、使用されることをオススメします。
・露出した根面歯の根っこが露出すると、形態が複雑になりブラシが当たりにくくなったり表面が柔らかい為虫歯になりやすくなります。また加齢や服薬により唾液が減少すると根面はさらに脱灰しやすくなる為、高齢者で多く発生するのが特徴です。
根面の虫歯の予防、進行防止にはサホライドが有益であるといわれています。サホライドは虫歯に塗布すると黒く着色するという副作用があります。
以上の3箇所が虫歯のリスクが高い部位ですが、1人1人の歯並びなどの違いでリスク部位は変わってくるので、1度歯医者でクリーニングを受けられることをオススメします。
次に歯周疾患のリスク部位です。
・大臼歯(奥歯)歯周疾患で一番歯を喪う危険が高い部位です。なぜかというと、奥歯は歯の根っこが複数に分かれていて、歯周病が分かれ目まで進行すると清掃が圧倒的に困難になることからリスクが高い部位になります。
・歯間部歯間部は細菌にとってのシェルターと評されるほど清掃が困難な所です。歯間部から進行して歯を喪うこともあります。予防の為にはフロスや歯間ブラシを使うことをオススメします。ただし、歯間部は歯肉の状態などに応じて適切な器具選択が必要になるので、歯医者さんで一度見てもらいましょう。
リスク部位がわかれば歯ブラシでの予防も効率的に行えると思います。1人1人の口腔内は違いますので、自分に合った清掃方法、予防法を歯医者さんで教えてもらい行っていって下さい。

                         デンタルハイジーン参照

セミナーに参加しました。

明けまして おめでとうございます                 

今年もよろしくお願いします。

衛生士  飯田です

昨年末 口腔がんスクリーニングの必要性に出席しました。

 歯周病が糖尿病や心臓血管疾患などの全身疾患と深く関わることが周知されて久しいですが、最近では、アルツハイマー型認知症との関連性を認める研究が発表され、ネット上ではホットな話題となっています。
これらの影響からか、歯周病チェックのための歯科受診を希望される方も多くなってきました。
また、人生 100 年時代を迎えている日本において、40 歳以上はがん年齢であるとされ、2人に1人はがんになるといわれています。
特に、私たちの領域である口腔がんも増加傾向にあり、定期的
な歯科受診の価値がマスメディアの注目をあびるようになってきました。
このような時代において、私たちはどのような歯科医療サービスを提供できるのでしょうか?
定期的なメインテナンスの際、ただ単にプラークやステインの沈着具合、歯肉の炎症や歯周ボケットの深さにとらわれ、一喜一憂を繰り返す医療業務だけでは、これからの患者さんの期待に応えられないのではないでしょうか?
私たちが日常診ている歯周組織は口腔の一部分にしかすぎず、口腔の大半は粘膜組織です。
ともすれば見逃してしまいそうなこの部位に、患者さんを取り巻く環境や日常生活などによるさまざまな影響が反映され、口腔粘膜の変化としてあらわれていることが多くあります。
今回のテーマ『ロ腔内外チェック』は、視診と触診により、ちょっとした口腔内の変化を見つけたとき、患者さんに自分の口腔内をしっかりと観察および認識をしていただくことを目的としています。
その過程で、その患者さんとだけのオリジナルトピックスが発生し、健康に前向きな会話とともに信頼関係が深まっていきます。さらに、患者さんはクリニックでの『小さなきっかけ』から、自分で生活を振り返り、何かに気が付いてくれます。
歯科衛生士の「衛」は、「まもる」と読みます。
患者さんの健康をまもる(衛)ために働き、ひいてはそれが自分自身の心身の健康をまもる(衛)ことに繋がる職業、それが歯科衛生士という職業です。
定期的なメインテナンス時、口をとおして全身の健康をポジティブにサポートしたり、患者さんが患っている高血圧や糖尿病についての声掛けをしたり、口腔内外のチェックで、ひょっとしたら、患者さんの命を守ることに繋がるかもしれない小さな病変を発見したり。
こんな事が歯科衛生士の日常業務のひとつとなれば、歯科衛生士が果たす役割はもとより、歯科医療も大きく変わるはずです。
「あなたにみてもらうと安心するわ」「この歯科診療室に来るのが待ち遠しかったのよ」と言っていただけるホスピタリティ溢れるクリニック環境をつくりたいですね。

        薄井 由枝 先生

月別アーカイブ