院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

受動喫煙について

こんにちは、受付の柏浦です。今回は受動喫煙についてお話しします!

受齢喫煙で子ともの歯肉は黒くなる!?

皆さんご存じのとおり、受動喫煙による子どもへの害として喘患、中耳炎、呼吸器疾患などがあげられていますが、口腔内への影響としては齲蝕や歯周病、歯肉へのメラニン色素沈着が報告されています。ですから、初心で来院した子どもの口腔内をチュックするとき、付着歯肉のメラニン色素沈着が気になることがあります。もちろん、両親がともに非喫煙者であっても、ほかの原因でメラニン色素沈着がみられる子どももいます。

受動喫煙による子どもの口腔への影響について、こんなデータがあります。両親のいずれかが喫煙者であると、非喫煙者に比べて5.4〜5.6倍子どもの歯肉に着色がみられるという報告です。さらに、子どもの尿中コチニンの量と歯肉着色の関連を調べたものがあります。両親が喫煙者である子どもの場合、そうでない子どもより約30倍の尿中コチニン量を認めました。両親の喫煙本数が増加すると子どもの尿中コチニン濃度も増え、またリビングでの喫煙でも増加しました。着色の濃い子どもほど、尿中コチニン濃度が高いという結果が出ています。やはり受動喫煙により子どもにメラニン色素沈着がみられるようになるのです。メラニン色素沈着があることによって歯肉にどのような害があるのかはわかっていませが、少なくとも笑顔の印象には影響を与えるでしょう。

家族の禁煙による歯肉の変化〜二人のきょうだいからの比較から〜

こんな患者さんがいます。Tくんは1988年に6歳のときに初診で来院し、不定期ですがメンテナンスに来ていました。担当を引き継いだのは2008年26歳のときです。担当するにあたって過去の写真を見てみると, 初診時から18歳前後までメラニン色素沈着が濃いです、が2008年にはほぼありません。もちろんT くんは非喫煙者ですから「もしやお父さんが喫煙者であったのでは!?」と思い、残念ながら父親は当院には来院していないため、Tくんに聞いてみました。父親は1995年45歳まで1日約20本(25年)の喫煙習慣があったそうです。父親は子どもの前では「吸っていない!」と言い張っているようですが、家族は「リビングで吸っていた」と断言しています。受動喫煙によるメラニン色素沈着が疑われ。また父親の禁煙によりメラニン色素沈着が薄くなっていると思われる症例です。T くんの弟のY くんも来院していたので過去の写真をみると、歯肉にT くんと同様の現象がみられました。ちなみに二人の母親(非喫煙者も来院していますが、歯肉の色に変化はありせんでした。やはり子どもは感受性が強いためか受動喫煙の害を受けやすいということがいえそうです。害を受けやすいですが、害がなくなれば元に戻るということもいえる症例です。もしメラニン色素沈着がみられる子どもの親が喫煙者であったら、「キレイなピンク色の歯ぐきになる可能性がありますよ」と禁煙支援してみてください。今回の症例も過去の口腔内写真がなければ歯肉の色の変化に気づくことができませんでした。定期的な口腔内写真はたくさんのことを教えてくれます。「あのとき撮っておけばよかった」と後悔のないよう、定期的に撮影しましよう!