院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

スタッフブログ

歯磨剤(歯磨き粉)について

こんにちは!歯科衛生士の秋山です。
今回は歯磨き粉(歯磨剤)の種類について
お話ししたいと思います。

▶︎歯磨剤の種類について
歯磨剤は日本薬事法により「化粧品」と「医薬部外品」の2種類に分類されます。基本成分だけでできているものを「化粧品」といい基本成分に薬用成分が加えられているものを「医薬部外品」といいます。日本で市販されている歯みがき粉の90%は「医薬部外品」です。そのうちの約80%にフッ素が配合されています。

▶︎歯磨剤の形状

歯磨剤は、ペースト状、ジェル状、液状、液体(デンタルリンス)、フォーム状、粉などの種類があります。

歯磨き粉の裏面には必ず「成分」という欄があり、いくつかの<基本成分>と<薬用成分>が書かれています。下記に歯みがき粉に配合されている代表的な基本成分とその役割、求める効果によって配合される薬用成分とその役割についてご紹介します。

<基本成分>
●清掃剤(研磨剤)

働き:歯の表面を傷つけずにプラークやステインなどの歯の表面の汚れを落とす。
主成分:リン酸水素カルシウム、水酸化アルミニウム、無水ケイ酸、炭酸カルシウム

●湿潤剤

働き:歯磨剤に適度の湿り気を与える。
主成分:グリセリン、ソルビトール

●発泡剤

働き:口中に歯磨剤を拡散させて洗浄し、汚れを除去する。
主成分:ラウリル硫酸ナトリウム

●粘結剤

働き:粉体と液体成分とを結合させ、保型性を与えたり、適度の粘性を与える。
主成分:カルボキシメチルセルロスナトリウム、アルギン酸ナトリウム、カラギーナン

●香味剤

働き:香味の調和を図る。爽快感と香りをつけ、歯磨剤を使いやすくする。
主成分:サッカリンナトリウム、メントール、ミント類

●保存料

働き:変質を防ぐ。
主成分:安息香酸ナトリウム

<薬効成分>…下記のうち、1つか2つ含まれていることが多い
●働き:齲蝕(むし歯)予防

主成分:モノフルオロリン酸ナトリウム、フッ化ナトリウム

●働き:歯肉炎予防

主成分:塩化セチルピリジニウム、塩化ベンザルコニウム、トリクロサン

●働き:歯周病(歯肉炎・歯周炎)予防

主成分:塩化クロルヘキシジン、トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム、β-グリチルリチン酸、ビタミンE、塩化ナトリウム

●働き:プラークの分解

主成分:デキストラナーゼ

●働き:歯石沈着防止

主成分:ポリリン酸ナトリウム

●働き:知覚過敏抑制

主成分:乳酸アルミニウム、硝酸カリウム

●働き:タバコのヤニ除去

主成分:ポリエチレングリコール

などがあります。

ヤガサキ歯科医院にもいくつか歯磨剤を販売しています。

歯磨剤を沢山使えば、むし歯や歯周病にならないというわけではなく、やはり歯ブラシやフロスでしっかりとプラークを落とす事が1番大切ですが、補助的に歯磨剤を使う事はとても有効です。

自分にどんな歯磨き粉が良いのかわからないという方は、いつでも聞いて下さいね!

自分に合った歯ブラシと歯磨き粉を使って毎日のブラッシングが楽しく行えるといいなと思います★

高齢者のむし歯について

平成23 (2011)年歯科疾患実態調査によれば、う蝕有病者率は5~24歳の各年齢階級で減少しているものの, 45歳以上では再び増加し、特に75歳以上で著明です.高齢者でう蝕が、増加している背景には.根面う蝕の増加が考えられます。

一般に, 高齢者は歯肉が退縮し, 歯根面が露出する傾向がみられ, セメント質はエナメル質に比べると軟らかいため, う蝕に罹患しやすいです。また, 根面はブラッシングやスケーリング、ルートプレーニングで摩耗しやすく, 象牙質が露出するので.根面う蝕はセメント質よりも象牙質に細菌が侵入して発症することが多いです.しかし.象牙質は再石灰化するため, 歯髄変化を生じにくく, □腔清掃や睡液の自浄作用により歯根部のPHはつねに変化し, 細菌感染した場合でも進行が遅い場合ちあリます.

したがって, 治療時には, 進行期なのか停止期な

のか, さらに睡液の分泌量などの状態を精査す

ることが重要です。

予防としてのフッ化物応用は、睡液機能が低下し願蝕が多発する高齢者に有効であることが報告され, 平成26年度歯科診療報酬改定では,自立度が低下した高齢者などの在宅診療で.初期根面う蝕に対するフッ化物歯面塗布処置が新たに保険収載されました.また,わが国ではフッ素濃度に制限がありますが.1,1 00ppm以上のフッ化物配合歯磨剤と0.05% NaF配合洗□剤の日常使用ち, 活動性根面願蝕を再石灰化するうえで有効であると報告されています。さらに、施設入居高齢者にフツ素濃度5.000ppmの歯磨剤にて1日2回ブラッシングを行うことは,1,450ppmの歯磨剤を使用するより根面願蝕の予防効果が高いことが報告されています。

□腔乾燥の原因には.加齢以外にも, □呼吸、不十分な咀爵, 内分泌異常.代謝障害, 自己免疫疾患,貧血,、血液疾患, 薬物, 脳血管障害、睡液腺障害,、放射線障害, 先天異常, 発育不全,分泌神経障害, 精神的原因などの因子が考えられます。

原因が全身疾患, 薬物などでは, 原因疾患の治療, 薬物の中止, もしくは滅量などの医科的なアプローチが必要となりますが、歯科的アプ□ーチとしては, 人口睡液.保湿.浸潤剤を使用します。

人口唾液にら、洗口液オーラルウェットスプレー、サリベートエアゾール、などの噴霧タイプ、バイオティーンオーラルバランスジェルのようなゼリータイプもあります。

デンタルハイジーンより参照   大石

6月症例検討会

先週末、ヤガサキ歯科医院6月院内勉強会が行われました。

院内勉強会は、毎月行われており、
今回は、Dr安藤、Dr宇土、Dr杉本の3人によるケースプレゼンテーションでした。

Dr安藤は、現在受講している研修会の報告プレゼンを行いました。
日頃から診断に用いている口腔内写真、レントゲン写真ですが、
設備環境や撮影方法の大切さを再認識させられる、そんな内容でした。


一枚の写真の質にこだわることでより正確な診断を行うことができ、患者さんにとって有益な結果をもたらすことが出来ます。


ヤガサキ歯科医院では、普段からDr安藤の厳しい指導(笑)によってそれを実現するシステムが構築されていますので、
スタッフ全員でより磨きをかけていきたいと思います!

Dr宇土は、子供に対する接し方についてのプレゼンでした。
これは小児歯科治療の最も大切な土台となる部分です。


子供にとって歯医者を、「怖い場所」にしない。
そのファーストステップが重要です。

小児の対応は、学問としてきちんと方法が確立されています。それを感覚でやってしまわない歯科医院サイドのシステム作りの大切さをDr宇土が話してくれました。
また、小児歯科治療は、口の健康維持だけでなく、その子の精神的な発達を支援する役割を持つものだと感じました。

僕も、子供の治療の時は、「自分の対応一つでこの子の将来が決まる」くらいに思いながら取り組んでいます!

Dr杉本は、歯周病症例のケースプレゼンでした。
たくさんの意見が飛び交い、大変有意義なディスカッションが繰り広げられました。


Dr杉本のケースだけで1時間近く討論していました。
杉本先生は、患者さん第一の治療を行っていている印象を受けました。

歯周病治療は、中々一つの正解にすんなりたどり着かないことが多い難しい分野ですが、様々なDrの意見を聞くことで、患者さんに提示できる選択肢を増やせることが、こうした勉強会の役目だと感じました。

今回も内容盛りだくさんでしたが、日曜日に内容を整理してまた月曜からの診療に臨みたいと思います!

副院長  金子佳史

ヤガサキ歯科医院は6月7日(金)にビルの3階から2階に移転します。

現在、業者さん、スタッフ総出で引っ越しの真っ最中です。

今までの医院も綺麗だと皆さんにご好評いただいておりましたが、より良い医院を目指して移転致します。

あと2日準備して患者さんをお迎えしたいと思っております。

月別アーカイブ