院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

スタッフブログ

患者さんに合った歯ブラシを提案しよう!


~歯周病患者さんへの歯ブラシ選択のポイント~

歯周病の患者さんにおいては, とりわけ歯頸部のプラーク除去が重要であり,ブラッシングテクニックが習得できていれば,コンパクトな歯ブラシのほうが歯頸部をねらったブラッシングが行いやすいと考えられます.特に, 3列植毛程度の,幅が狭い歯ブラシのほうが歯間乳頭部への到達性が向上します

しかしながら,ブラッシングスキルの習得が難しい患者さんでは,歯ブラシの幅が狭いと,歯頸部に当たりにくくなるだけでなく,ブラッシングストロークも不安定になりがちです.そのため, このような患者さんには 幅の広い歯ブラシを処方することで,歯頸部をねらったブラッシングをしなくても,歯頸部に毛先が当たりやすくなります.

また,毛先が極細に加工された歯ブラシは,歯間乳頭部や歯周ポケットなどの細部への到達性が向上しますが,極細毛先は清掃効率が低下するので, じっくりと時間をかけたブラッシングが必要になり,患者さんのブラッシング時間やスキルを考慮して選択する必要があります

~矯正歯科治療中の患者さんへの歯ブラシ選択のポイント~

マルチブラケット装着時には,基本的には凸型ヘッドまたは凹型ヘッドの矯正歯科治療用歯ブラシを用いてマルチブラケットの切端部側と歯頸部側の二方向から当て,マルチブラケット周囲にプラークが残らないように磨いてもらいます.歯間部は歯ブラシのつま先を用いるか,シングルタフトブラシを使用します. これらの方法を指導しても,マルチプラケットと歯頸部の間やワイヤーの内側に磨き残しが認められる場合には,本症例のように,極細毛かつタフトの径が細くなっている歯ブラシを用いるのも方法の1つです.

~混合歯列期の患者さんへの歯ブラシ選択のポイント~

混合歯列期におけるブラッシング指導では,特に齲蝕予防に考慮した指導が必要です.小学校低学年には,子ども用で,植毛部に細部到達性を高めるための構造があり,柄がある程度太く, しっかりと握ることができる歯ブラシがよいでしょう . また,小学校高学年であっても,歯面や歯列に合わせたブラッシングテクニックの習得が難しいことが多いため,プラツシングテクニックを補う構造をもった歯ブラシが推奨されます. また,齲蝕予防に重点を置いた成人用の歯ブラシの,小さいサイズのものを使用することもできます.歯面に合わせた歯ブラシの角度づけをしたていねいなブラッシングができるようであれば, コンパクトで,植毛部のつま先が使いやすい構造になっているもの, また,歯間部への歯ブラシの適切な角度づけができない場合には,歯間部到達性に重点を置いた歯ブラシが推奨されます.

~インプラント部への歯ブラシ選択~

インプラント部だけ異なる歯ブラシで磨くことは受け入れてもらうことが難しく,インプラント部と天然歯を同一の歯ブラシで磨けるよう,般的にはコンパクトな3列植毛の歯ブラシを選択し,細部は歯間ブラシやシングルタフトブラシで磨いてもらいます.そのうえで,上部構造の形態が磨きにくい方やブラッシング技術の習得が困難な方には毛丈が長く細部まで到達しやすい極細毛でタフト(毛束)の径が小さい歯ブラシを処方しています.小径タフトを用いた歯ブラシにはデンターシステマハグキプラス(ライオン)などもあります.ただし,極細毛は清掃効率が低下し時間をかけたブラッシングが必要となるので,患者さんのブラッシング時間を考慮して選択する必要があります.

デンタルハイジーンより参照 山下


歯がシミる原因は?

知覚過敏症状は誰にでも起こりうる歯のトラブルです。歯ぐきが下がる、歯のエナメル質が摩耗するなど、一般的な歯のトラブルが原因として徐々に悪化していく歯の状態です。20歳から50歳までの人が最も多く知覚過敏症状を患っています。

知覚過敏症状は、歯の内側にあるやわらかい「象牙質」が露出してしまうことで発生します。象牙質は歯のエナメル質の内側にある組織で

象牙質には数千本の象牙細管が歯の中心に向かって伸びています。象牙質がむき出しになると、外部からの刺激(冷たい飲みものなど)が象牙細管を通って歯の内側の神経に伝わり、結果として瞬間的に鋭い痛みをを感じるようになります。

これが知覚過敏症状の痛みの特徴です。

知覚過敏の診断には、歯科医師の診察が必要です。歯に違和感を感じる場合は、必ず歯科医師にご相談ください。知覚過敏を発症してしまっても、お口のケアと食生活を少し変えるだけで、象牙質の露出を最小限に抑え、シミる痛みを予防できるかもしれません。

エナメル質とは:歯を保護している層

エナメル質は歯の一番外側を覆っている目に見える表面の硬い層のことです。健康なエナメル質は薄い黄色や、白っぽいグレーまたは青みがかった白などの色があります。エナメル質は人間の体の中で最も硬い組織です。大部分はミネラルで構成されています。

エナメル質は再生できるの?
エナメル質は頑丈な物質ですが、生きた細胞を持たず、擦り減ったりダメージを受けて失われたりすると、二度と元には戻りません。ですから、エナメル質を保護することが大切です。

高齢者や要介護者への歯ブラシの選び方

こんにちわ。受付の信徳です。最近、患者様から“要介護の家族を抱えている”という話をよく聞きます。そこで今回は、高齢者や要介護の方への歯ブラシの選び方を紹介したいと思います。 

《歯ブラシ》歯ブラシには形、毛先の状態や硬さなどが異なる数多くの種類があります。どの歯ブラシにも一長一短があり、高齢者や要介護者への歯ブラシの選択は簡単ではありません。まず、全身状態やお口の中の状態を把握しましょう。例えば、全身状態では腕の可動域、握力の強さなどです。そして、お口状態では、歯茎の状態、歯列や残っている歯の数などがあげられます。またセルフケアが出来るのか、介助磨きなのかによっても歯ブラシの選び方は異なります。

[介助磨きの場合]毛の硬さ→軟らかめヘッドの大きさ、小さめ毛先→細め、毛の素材→ナイロン製

[セルフケアの場合]毛の硬さ→軟らかめ、ヘッドの大きさ→小さめ、毛先→細め、毛の素材→ナイロン製、持ち手→少し太め 

《電動歯ブラシ》歯ブラシを動かさなくてもゴシゴシと磨いてくれるイメージが強い電動歯ブラシですが、使用法はその種類によって大きく3つに分かれます。

[高速運動電動歯ブラシ]高速運動電動歯ブラシは、ブラシ部分が内蔵された小型モーターにより2000〜7500回/分、回転あるいは往復運動をします。多くのタイプはブラシを動かさなくてよいので、高齢者や要介護者には適しています。ブラシの交換は3カ月が目安です。

[音波歯ブラシ]音波歯ブラシは、3万〜5万回/分、音波振動を発生させて、細かい泡や水流により汚れを除去します。またブラシが動くので自分で動かす必要がありません。

[超音波歯ブラシ]超音波歯ブラシは、歯ブラシの先端に電圧をかけて100万〜150万回/分の超音波を発生させて汚れを浮き上がらせるとともに、細菌の結合力を低下させるといわれています。しかし、手用歯ブラシと同じく口の中で動かさなくてはならないので、セルフケアが可能な方向けです。

 《歯間ブラシ》歯ブラシと歯間ブラシを併用すると、約85%まで汚れを除去できます。ただし人によって、また部位によって歯と歯の間隔の大きさは異なりますので、その間隔に合った毛先の太さを選ばなくてはいけません。大きな間隔に細い毛先の歯間ブラシではその効果は低下し、小さな間隔に大きな毛先だと歯肉を傷つけてしまいます。

 《デンタルフロス》デンタルフロスは歯間ブラシと同様に歯と歯の間の汚れ除去を目的に使用します。高齢者や要介護者は、糸巻きタイプよりもホルダータイプの方が使用が簡単です。デンタルフロスにはノンワックスタイプとワックスタイプがあります。ノンワックスタイプは、フロスが滑らないので汚れの除去効率は良い反面、挿入時に毛羽立ち挿入が難しいことがあります。ワックスタイプは、滑りが良く歯間部に挿入しやすいので、高齢者や要介護者には適しています。

  それぞれの特徴を生かして、お掃除しやすく合ったものを探して使用してみましょう。食事を一生楽しむ為にも、歯は本当に大事にしたいものですね。 

参照 デンタルハイジーン

睡眠時無呼吸症候群

こんにちは、副院長の金子です。

ご家族からイビキを指摘された、日中に強い眠気を感じる、寝苦しい、疲れが取れない、など感じたことはありますか?今回は睡眠時無呼吸症候群についてお話しします。

1)睡眠障害、睡眠時無呼吸症候群(SAS)

近年では、睡眠に対する書籍も多く発刊され、睡眠負債というワードが流行るなど、睡眠障害は現代人にとって無視できない問題となっています。睡眠不足が引き起こすトラブルは、日中の仕事能率・行動力の低下だけではなく、糖尿病や心筋梗塞をはじめとする様々な全身疾患の引き金になるとされています。
睡眠障害の原因は、心血管系・呼吸器系の疾患、ホルモンバランス、生活習慣(アルコール摂取など)を含め、およそ130以上の項目が挙げられます。
中でも特に注目されているのが、今回お話する睡眠時無呼吸症候群です。文字通り就寝中に呼吸が止まってしまう症状が現れるものです。睡眠時無呼吸症候群の定義は「無呼吸が1時間に5回以上、もしくは一晩に30回以上」とされています。(10秒以上の気流停止を無呼吸とします)

2)睡眠時無呼吸症候群(SAS)が及ぼす問題

睡眠時無呼吸症候群というと、2003年に岡山で起きた山陽新幹線運転手の居眠りが話題となりました。運転手はその後睡眠時無呼吸症候群と診断されました。それからも大型トレーラー、遊猟船、高速バスの居眠り運転による死亡事故が多発し、いずれの運転手も睡眠時無呼吸症候群と診断されました。SAS患者では、非SAS患者と比べて「運転中の眠気」の経験割合が4倍、「居眠り運転」の経験割合が5倍(*1)とデータが出ているように、SASは大きな社会問題となっています。
これら日中の眠気以外にも、SASが及ぼす悪影響は他にもあります。SASによる酸素不足は、心臓血管系、消化器系の疾患のリスクを高めてしまいます。心不全、脳梗塞、高血糖、高血圧、逆流性食道炎などが挙げられています。

3)睡眠時無呼吸症候群の検査

 a) 簡易検査  

  機器をレンタルして自宅で測り、SASの可能性を探る 

 b) 終夜PSG検査  

  専門の検査機関のベッドで機器を装着し呼吸の状態を記録します。装着する機器の数も検査項目の数も簡易検査より多くなり、より細かい呼吸の状態が測定できます。重症度の判定や治療方針の決定はこの検査で行います。

流れとしては、簡易検査で1時間あたりの無呼吸状態が20以上であれば終夜PSG検査に移行していきます。

4)睡眠時無呼吸症候群の治療検査によりSASと診断されると、以下の器具を就寝時に装着することで治療を行っていきます。

a)マウスピース 

舌根で気道が閉塞されないような顎の位置に誘導します。歯科が関わるのはこの治療です。

b)CPAP(シーパップ) 

人工呼吸器のような装置により、空気を強く送ることで酸素供給を確保します。

5)終わりに

いびき、日中の眠気に悩まされている方は一度検査に行くことをお勧めします。また睡眠時無呼吸症候群は様々ある睡眠障害のうちのひとつでしかないので、人によっては睡眠障害の改善が見られない場合もあります。しかし、その中でも体質改善等に比べ取り組みやすい治療であることも言えるので、お困りの方は相談からでも是非受診されてみてください。

*1)臨床精神医学1998;27:137-147

思春期の口腔リスクについて

口腔内のリスクは各ライフステージにより少し違います。思春期における口腔内のご紹介いたします。

①歯石歯石はプラーク同様に歯肉に宵を及ぼします.特に歯肉に炎症が起こりやすい方にはこの時期から歯石の付着しやすい部位を伝え、歯周病についての認識をもってもらいます。

②歯列不正この時期の方は, 歯科矯正治療を行うことも多いです.矯正装置周囲の歯肉肥大が起こるリスクは女性の患者さんでより高いため、通常どおりのブラッシング指導に加えて,歯科医院でのクリーニングを行い, リスクを低減させます.

③口腔習癖口腔乾燥は年配の患者さんに多いと思いがちですが思春期でも, 不正咬合のため口が閉じにくい場合, アレルギー性疾患により鼻で呼吸しにくい場合, 習慣的に口が開いている場合などには, 口呼吸による口腔乾燥が認められます.そのような場合, プラークが歯面にこびりつきやすく, 唾液の自浄作用の低下のために前歯部の唇面や口蓋側に歯肉の炎症を引き起こします.そのほか舌が前に突出する癖や、口唇を噛む癖、口で咥える楽器の使用などの習癖がある場合、歯に異常な力がかかり、歯並びの変化や歯肉が下がるといった症状が出ることがあるため,習癖についての情報が必要です。

④ブラキシズム歯をくいしばったり, こすりりあわせたり, 力チカチさせるなどの習慣が夜間行われていても、保獲者とは就寝の部屋も別となり気づきにくいのが実状です.歯のすりへりや咬耗がないかチェックし、顎関節へのトラブル、歯肉の退縮が起こってないか確認する必要があります。

⑤付着歯肉、小帯の付着位置異常若い女性の方は、口腔、歯列も小さい傾向があります.小さめの歯ブラシを選択するのはもちろん, 頬の筋肉の硬さ.小帯の付着位置に異常がないかよく確認する必要があります.また, 付着歯肉の幅が狭く , 小帯の付着位置が歯頸部に接近しているとブラッシング時に粘膜を傷つけ,歯肉の退縮を進行させます.清掃用具の当て方, 動かす方向は歯肉や軟組織の付着状況に十分配慮します。

⑥生活面での着目点飲食状況を把握し生活面の注意点を確認することも大切です.飲食状況を確認するためには, 3日~1週間ぶんの朝から夜まで飲食したものを書き出してもらうことが有効です.生活のリズムも把握でき, 思春期女性にありがちな間違ったダイエットを行っていないか, 酸蝕症のリスクがないか(カロリーがないと思って食べている飲食物の酸性度が高い場合がある)などをみつけることができます.飲食の内容については,正しい知識をもつことが大切です。
デンタルハイジーンより参照 大石

月別アーカイブ