院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

タフトブラシについて

こんにちは、歯科衛生士の安藤です。
今回はタフトブラシについてのお話です。
みなさんはタフトブラシというものを使ったことはありますか?
タフトブラシとは、毛束が1つのヘッドの小さな歯ブラシのことです。
補助の清掃道具として、歯間ブラシやデンタルフロスを使用していても、タフトブラシを使用されている方は少ないのではないでしょうか。
タフトブラシは、普通の歯ブラシでは毛先が届きにくいところの清掃に適しています。
歯ブラシでみがいた後、タフトブラシでの清掃を追加することで、磨き残しやすい「歯と歯の間」や「歯と歯肉の境目」などのプラーク(歯垢)を効率よく除去することができます。
プラーク(歯垢)とは虫歯や歯周病の原因になる細菌のかたまりです。
タフトブラシで磨きやすくなる部位として、歯並びが悪いところ、奥歯の奥、矯正装置のまわり、前歯の裏、被せ物のまわり、抜けた歯のまわり、背の低い親知らず、生え途中の歯などがあります。
ヘッドが小さいため、隙間の狭いところに毛先が届いたり、口の奥の方までブラシを入れやすくなるのです。
お子さんの仕上げ磨きでも使用されている方もいらっしゃいます。
また、妊娠でつわりのある時にも適しています。
妊娠時、つわりの影響でハブラシを口の奥まで入れると、気持ち悪くて磨けない方もいらっしゃいます。
そこで奥歯を磨く時、歯ブラシからタフトブラシに替えて磨くと、ヘッドの大きさがコンパクトなので、不快感が軽減し楽にブラッシング出来るかもしれません。

タフトブラシの使い方についてです。
1.歯ブラシで磨いた後、磨き残しを鏡で確認したり、舌で触った感触がザラザラとしていないかなどをチェックします。
2.タフトブラシは「ペングリップ」(鉛筆の持ち方)で持つことをおすすめします。
3.鏡を見ながら、磨き残しが気になるところに毛先を当て、軽い力で小刻みに動かして磨きましょう。
※歯肉を傷付けないよう、力の入れすぎや動かし方に気をつけましょう。
使用後は通常の歯ブラシと同じように、流水下でよく洗い、風通しの良い場所で保管しましょう。
取り換えの時期として、毛先が開いてきたら交換しましょう。

タフトブラシは毛先の形や長さなど種類が色々あり、薬局でも販売されていますし、当院でも販売しています。
今まで使用していても、毛先がしっかりと当たっていないと磨けていないことがあります。
使い方が不安だったり、どのような物か詳しく知りたい場合は、クリーニングの時などに私たちに相談して下さい。
クリーニングでは磨き残しのチェックや、適した歯磨きの道具、方法などもお伝えしています。
きれいに磨いて、虫歯や歯周病にならないように一緒に頑張りましょう。