院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

スタッフブログ

ナイトガードについて

こんにちは、今回は睡眠時に使用するナイトガードについてのお話です。
皆さんは、むし歯ではないのに歯が痛む、朝起きたとき顎が疲れていることがある、といった経験はありませんか?
そのような場合、就寝中に歯ぎしり・食いしばりをしているのかもしれません。
そこで有効とされているのが、就寝用のマウスピース・ナイトガードの使用です❗

◯マウスピース・ナイトガードとは?
患者さんの歯型を取り製作するもので、就寝用に装着すると歯や顎に加わる力を暖和することができます。
通常は上顎に装着します。
下顎が動いて強く噛みこもうとしてもスルスル滑って力が分散しやすく、噛みこんだとしても歯の代わりに削れてくれます。
歯科医院で簡単に作れて、装着するだけで被害をへらすことができるナイトガード。
歯ぎしり・食いしばりの自覚はなくても、犬歯や前歯が削れている、詰め物やかぶせ物がよく外れたり壊れる、歯が折れて抜歯になったことがあるなどの患者さんは力のコントロールが必要かもしれません。
大切な歯を守るため、顎関節症を防ぐために是非一度ナイトガード使用についてご相談してみて下さい。

◯歯ぎしり・食いしばりとは?
眠っているとき、また起きているときに歯をギリギリと強くこすり合わせたり、強く噛みこんだりすることをいいます。
歯ぎしり・食いしばり(ブラキシズム)には、ギリギリと音を立てる歯ぎしり(グライディング)と食いしばり(クレンチング)があります。
歯ぎしりならば家族の方に指摘されて自覚につながることもあるのですが、食いしばりの場合はほとんど音がしないので、ご本人はもちろん、周囲の方も気づきにくいものです。
原因としては、ストレスや睡眠の質、服用中の薬の影響、飲酒、喫煙など様々ですがもっとも多いとされているのはストレスです。
しかし忙しい現代人がストレスと無縁の生活をすることは難しいかと思います。
特に睡眠中の歯ぎしり・食いしばりは無意識に行われるため、自分で気づいて止めるということができないため、改善が難しいと言われています。
睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があり、歯ぎしり・食いしばりの大半は浅いノンレム睡眠の時に発生しやすいです。
つまりぐっすりと深く眠るかたの方が、浅いノンレム睡眠を小刻みに繰り返すかたに比べて、歯ぎしり・食いしばりをする時間帯が短くてすむということなのです。

◯歯ぎしり・食いしばりで起こる被害
・自分で自分の歯を削ってしまう
エナメル質が欠けてしまい象牙質や神経がむき出しになってしまうこともあります。
象牙質や神経がむき出しになると、知覚過敏やむし歯のリスクが高まります。
・歯周病の悪化
歯ぎしりで揺さぶられると歯槽骨が失われるスピードが早くなり、歯が倒れる・動くなど症状が悪化しやすくなってしまいます。
・歯が折れる・かぶせ物が壊れる
強い力が加わってレジンやセラミックが割れてしまうことがあります。
また、ご自身の歯も徐々に傷み、折れて抜歯が必要となることもあります。
・顎関節症
顎関節に圧力がかかり顎関節症を発症することがあります。
顎関節症とは開閉時に痛みや音がしたり、口が開きにくくなったりします。

せっかく歯磨きを頑張っていても、力によって歯が失われてしまってはもったいないですよね。
こういった症状がある方は、歯科医院に来院し一度診てもらうのがいいと思います。
いつでもご相談下さい。

乳幼児期の指しゃぶりについて

乳幼児期から学齢期まで指しゃぶりをしている子どもの口腔内でのリスクについて記載します。

乳幼児期より学齢期まで指しやぶりを統けていると、不正咬合にとどまらず, 顎顔面の成長発育や発音にまで悪影響を及ぼします。この時期に行うアプローチとしては、本人の気持ちを引き出し、指しやぶりをやめるように導きます.この時期まで続いた指しやぶりは、こどもの精神発達や生活環境、親子関係などとの関連があるこ

とが多いため、子どもが指をしゃぶってしまう背景を探ることが大切です。アプ□ーチを行う前に、

・子どもが指しやぶりをやめたいと思っているか

・両親、家族(祖父母’兄弟を含む)の協力、理解が得られているか

・健康状態がよいか

・生活環境(学校.家庭環境, 友人関係)に問題がないか

・こどもの精神発達に問題がないか

などのことを確認します.日常的に「お友達とうまくかかわれない」「1日中指をしやぶっている」「爪をかむ,髪を抜く、顔を爪で傷つけるなどの自傷癖がある」など精神的に何か気がかりなことがある場合、指しゃぶりをなくす前に、子どもの生活のなかで不安がないかどうかを見直すよう保護者にアドバイスします.指しやぶりはよくないからと言って、無理に辞めさせるのではなく、生活面での不安を取り除くことが大切です。

口腔習癖を観察する

指しゃぶりやを突出癖などの口腔習癖は, 口

腔周囲筋の不調和を引き起こし, 上顎前突や開

咬, 交叉咬合など歯列.咬合に影響を与えるた

め, 口腔習癖へのアプローチが必要になります。

臨床的に多くみられる口腔習癖は、「舌突出癖」や安静時に口腔底に舌が位置する「低位舌」「口唇閉鎖不全を伴う口呼吸」です。口唇や舌の位置, 口腔内を見ると口呼吸をしているか

どうかが確認できます.口呼吸はいぬも口を開けているため、口唇が乾燥し、舌で舐めると赤くなり、時には皮がむけてカサカサにしてしまいます。

そして、本来安静時に口蓋についている舌が,

ポカーンと開けた上下唇の間から見えます.ま

た口唇が触れていない前歯部の唇側面は, 日

常的に乾燥しているため、着色がしやすく, 前

歯部歯肉は歯肉炎になりやすい傾向があります.

ほかにも, 咬唇癖(口唇を前歯で咬む癖)や吸唇癖(口唇を吸う癖)などの口腔習癖は, 歯列咬合に影響を及ぼします.

デンタルハイジーンより   大石

月別アーカイブ