院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

歯の本数と歯の寿命

こんにちは。歯科衛生士の秋山です。

今回は歯の本数と歯の寿命について書きたいと思います。

皆さんは自分の歯は何本あるかご存知ですか?

歯の本数は全部で32本あります。

親知らずを抜かすと28本あります。

【日本人の歯の年齢別本数】

40才▶︎27.5本

50才▶︎24.8本

60才▶︎21.3本

70才▶︎15.2本

80才▶︎8.9本

40才を過ぎると歯を失う本数は加速的に増えていきます。

現在の日本人の平均寿命は男性が80才、女性は87才です。

厚生労働省の調査によると、歯の平均寿命は約50~65年。その中でも「奥歯の寿命」が最も短く、前歯よりも10年以上も早く抜けてしまいます。

永久歯が萌え始める6歳頃から70年以上は保たせなくてはなりませんので、簡単なことではありません。

【美味しく食べるために必要な歯の本数】

▶︎18〜28歯

たくあん、フランスパン、スルメイカ、酢だこ等

▶︎17〜6歯

きんぴらごぼう、れんこん、かまぼこ、おこわ等

▶︎5〜0歯

バナナ、うどん等

結果、軟らかい物を好むようになり、そして糖質の摂取量が増えて他の栄養素は減ってしまうのです。

そんな食事の偏りによって、次に起こる問題はメタボリックシンドロームや生活習慣病です。


他にも、咬む回数も減って脳の刺激も減り認知症のリスクも上がります。

80才日本人の歯の平均寿命は先程書いたように8.9本ですが、歯の寿命が1番長い国はどこだと思いますか?

それはスウェーデンだそうです。
スウェーデンは世界でも有名な歯科予防処置先進国です。国を挙げてむし歯・歯周病予防に取り組んでいることで知られ、先進国の中でも特にむし歯・歯周病の人が少ないと言われています。
実はこの「予防歯科」「予防メインテナンス」という言葉が生まれたのはこのスウェーデンという国だそうです!
【80才の平均残存歯数】
▶︎北欧(スウェーデン) 20本
▶︎米国                        17本
▶︎英国                        15本
▶︎日本                        8.9本
何故ここまで日本との残存歯数に違いがあるのか、どうすれば歯を守れるのか。

治療技術の差で、ここまで残存歯数に大きな差が生まれていたのでは無いそうです。

では違いは?

『悪いところを治す事を目標とする』日本の考え方と 『歯が出来るだけ長くもつ事を目標とする』北欧の考え方の違いだそうです。

北欧はいかに再発しないようにするか・悪化しないようにするかなどの予防に集中しているのです。

【定期検診・メインテナンスの受診率】

▶︎北欧             90%

▶︎米国             80%

▶︎英国             70%

▶︎日本             5〜2%

痛みなどの症状がないとなかなか歯医者さんに行くことがおっくうになってしまいがちですが、10年後も20年後も長く自分の歯を残したいと思う方も多いと思います。

歯医者さんで定期的にメインテナンスをして70才、80才になっても元気に楽しくお食事が、出来るように一緒に歯の寿命をのばしましょう!!

歯の寿命をのばす会参照