院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

スタッフブログ

口臭について

こんにちは。みなさんは今まで自分の口臭に気がつく、また他人に指摘されたことはありますか?
口臭とは自分が気にしていなくても他人は臭いを感じていて知らない間に他人を不快な気分にさせてしまっていたり、また逆に自分が臭っていると感じても他人は何も感じていないなど凄くデリケートな部分であると思います。他人も指摘しずらいと思います。
口臭とはいったいどんな原因が考えられるのか書いていきたいと思います。

●生理的口臭
生理的口臭とは、起床時や空腹時、過度な緊張状態によってストレスがかかるなどにより、唾液の分泌量が減ることで引き起こされます。
普段は唾液の抗菌・殺菌作用により口臭は抑えられていますが、寝てる間や緊張状態のときは唾液の減少が起こります。
よって口の中が乾き、細菌が増殖することで口臭が発生します。
これは誰にでも起こりうる現象であり、起床時に歯を磨いたり、空腹なら少しお腹を満たしてあげるなどする事で緩和されていきます。

●病的口臭
病的口臭とは歯周病やむし歯、口腔乾燥などが原因になる場合や、全身的な病気(糖尿病など)が原因で起こる場合があります。
ほとんどの原因は口の中にあります。
歯周病がおきてくると歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)が広がります。
結果として細菌が潜むには最適の場所となります。
歯周病が進み特に歯周ポケットが深くなると汚れが溜まりやすく、歯磨きではとりきれなくなると奥の方で嫌気性の細菌(空気がなくても増殖できる細菌)が活発になります。
お口の中の細菌は硫化水素やメチルメルカプタンという気体を発生します。
硫化水素は腐った卵のようなにおいや温泉臭に似て、メチルメルカプタンは魚の臓器のようなにおいに似ています。
また虫歯になると歯に穴があきます。
あいた穴に食べカスが詰まりやすくなり、その食べカスが腐ることでにおいを発します。
虫歯が進行すると歯髄(歯の神経)の組織が変性し、壊死臭が出てくることもあります。

●その他に考えられること
他には自分では臭いを感じるのに他人は全く感じていない「自臭症」、その逆自分は感じていないのに他人は感じる「他臭症」もあります。
これは心因的な要素も少なからず含まれており、気にしすぎやストレスのためすぎなどで起こることがあります。
あと、口腔乾燥症も原因の1つです。
年齢である程度は仕方ないところもあるのですが唾液の分泌量が少なくなると口の中の自浄作用の働きが少なくなります。
自浄作用とは、歯の表面や歯の間などについたプラークやたべかすの残りを洗い流す作用のことです。
自浄作用が少なくなると食べかすがお口の中に残りやすくなり口臭の原因となります。

●予防法は
まずは、お口の中の環境を整えることから始めてみたらどうでしょうか。
確かに全身的な病気からくる口臭もありますが1番はお口の中の細菌からでる口臭が最も多いです。
なので歯と歯茎の掃除をまずしましょう。
歯が悪くなればむし歯になり、歯茎が悪くなれば歯周病になります。
それが口臭を生み出す原因になります。
そのためには正しい歯磨きの方法を身につけることです。
次に舌です。
これは意外と掃除してる方少ないのかもしれません。
舌には舌苔という汚れが付きます。(白くこびりついたやつです。)
舌ブラシという道具使ってお掃除しましょう。
あとは、やわらかい物ばかりを食べないようにしましょう。
舌は構造上デコボコしています。そのため汚れなどが絡みやすくなっています。
やわらかい食べ物はどうしても水分を多く含んでいる場合が多く舌に汚れがつきやすくなります。
後は、唾液分泌のコントロールをしましょう。
年齢が上がっていくとどうしても唾液の分泌量は減ってしまうのですが水分を多く取ったり、食事の際もよく噛んで唾液が沢山出るように、またすっぱいものを食べると唾液分泌に役立つので工夫しましょう。
唾液は汚れを洗い流したりする効果もあります。
最近ではお口の中を潤すジェルなどもでてきているので試してみてもいいかもしれません。
口臭で悩んでいるのであれば歯医者さんで一度相談してみてください。

乳幼児期の食育

 

乳幼児期の食育

 

乳幼児期の生活背景

☆学童期以降の食べ方の基礎をつくる時期であり、心身の発達、味覚の発達のための大切な時期
☆保育園や幼稚園に通いはじめ、親元から離れることで社交性が身につく
☆この時期に、食事、運動、睡眠、排泄などの基本的な生活習慣が確立される

 

口腔機能の発達

離乳を開始する5ヶ月ごろから、“食べる”ための口腔機能が獲得され、離乳食完了のころには第一乳臼歯が萌出しはじめ、一歳後半には第二乳臼歯以外の乳歯が生えそろいます。
乳歯の萌出に合わせた食支援や乳歯が生えはじめたときからむし歯予防はスタートしており、早いうちからの歯ブラシの習慣づけが大事です。
〜歯を強くする食事のポイント〜
☆牛乳やチーズ、ヨーグルトなどカルシウムを積極的に摂取する。カルシウムが不足すると骨や歯の中からカルシウムが溶けだして、歯の質が低下してしまいます。
☆栄養バランスのとれた食事をする。カルシウムだけではなく、タンパク質やビタミンA、ビタミンCなどもバランスよくとりましょう。
☆子どもの好き嫌いをなくす。苦手な食材が見えないように調理の仕方にも工夫してみましょう。
☆よく噛んで食べさせましょう!

 

乳幼児期の食生活の問題点

乳幼児期には、離乳食の進行の問題や、子どもの食への不適応で悩む保護者がたくさんいます。離乳食をもてあそんでしまう「遊び食べ」や、食べる日と食べない日の差が激しい「食べムラ」、必要量を食べてくれない「小食」などさまざまです。また丸呑みや早食いなど、食の問題はつきません。また、幼児期後半の3〜5歳ごろには、自我の発達により食べ物の好き嫌いをするようになります。このころに、幼稚園や保育園に通いはじめることにより社会性が発達し、食習慣が確立します。この時期の食習慣が将来に影響を与えるため、さまざまな味覚を体験させ、好き嫌いなくなんでも食べられる基礎をつくっていくことが大切です。
幼児期は消化、吸収能力や代謝能力も高まる時期です。しかし、胃の容量が小さいため一度に多く摂取できず、必要な栄養を確保するためには1日3回の食事では不十分です。そこで感触が必要になりますが、糖類の過剰摂取に注意し、消化しやすく、水分の補給が十分になされる間食を選ぶことが大切です。

 

バナナ、りんご、みかん、さつまいも、牛乳、小魚などお菓子に限らず栄養を補えるものが良いでしょう。運動量や食事量などバランスを考えて与えましょう。チョコレート、クッキー、あめ、キャラメルなど砂糖が入ってるものや葉にくっつきやすいものなどは虫歯になりやすいので気をつけましょう!

 

山下

 

クレンチングについて

過蓋咬合改善のためにクレンチングをコントロールしよう!

過蓋咬合を改善するために、まずはその原因である低い臼歯部咬合高径を改善する必要があります。
咬合高径を改善するためには, 何よりも歯にかかりすぎる力(クレンチングや頻杖その他の習癖)を解消しそれを維持しなければなりません.歯にかかる力が解消できなければたとえ矯正などで一時的に改善できたとしてもその後の経過で再び咬合高径は低下してしまいます。歯を支える骨などは増強できないめ、改善した咬合高径を維持するには、歯にかかる力自体をコントロールするしかないのです。
過蓋咬合を引き起こす生活習慣・口腔習癖へのアプローチ
過蓋咬合は乳歯萌出期の段階から見られますが、本人に対する指導が難しい年齢では, 親に対する生活習慣のコントロールから始めます.
寝方や歯ざしり, 頬杖, 硬い食べ物の嗜好, 下を
向いて行う細かい作業(ゲームや勉強), スポー
ツや趣味など, さまざまな生活習價などを確認
し過蓋咬合の原因を保護者といっしよに探しています.そして原因となる習慣が発見できれば、まずは周りから環境を整えるように指導します。例えば、寝方や頬づえなどは目に見えるため、親の協力で比較的に治療しやすい習慣です。
過蓋咬合の患者さんの殆どがほぼ100%硬い食べ物が好きで, 「氷や飴を噛み砕く」パンならフランスバスお菓子ならガムやグミが好きなど噛みごたえがある物を好む傾向がみられました.ガムやグミは当院て咬
合力を鍛えるために使用することがありますが、咬合力が強い傾向がある過蓋咬合の患者さんには控えるように指導しています.
以上のように原因がはっきりわかれば改善しやすいのですが, クレンチングなどの本人にも周囲から見てもわかリにくい口腔習癖は治しにくいです。なぜならこれらの口から腔習癖を実際に解消するには, まずは自分自身が話を理解したうえで, 自分の行動や習價を振り返り, 気づくことが’必要だからです。そのため, 患者さんの性格にもよりますが, 本格的なトレーニン
グの対象は7~8歳以上と考えています.
クレンチンぐは、下顎枝の成長を阻害すると考えており, クレンチングが強い患者さんの顔貌は短顔になりやすい傾向があります。
そのため, 奥で咬みしめすざないように.前方でやさ
しく歯を合わせる「前合わせ」の習慣を身につ
けることで, 強い咬合力によって阻害されてい
た下顎枝の成長を促し, 同時にU級傾向の改善
も期待することができます.そのためには.下顎枝の成長が概ね終わる時期までにクレンチングを改善し下顎枝の成長を促したいところです。
デンタルハイジーン6月参照
大石

歯の本数と歯の寿命

こんにちは。歯科衛生士の秋山です。

今回は歯の本数と歯の寿命について書きたいと思います。

皆さんは自分の歯は何本あるかご存知ですか?

歯の本数は全部で32本あります。

親知らずを抜かすと28本あります。

【日本人の歯の年齢別本数】

40才▶︎27.5本

50才▶︎24.8本

60才▶︎21.3本

70才▶︎15.2本

80才▶︎8.9本

40才を過ぎると歯を失う本数は加速的に増えていきます。

現在の日本人の平均寿命は男性が80才、女性は87才です。

厚生労働省の調査によると、歯の平均寿命は約50~65年。その中でも「奥歯の寿命」が最も短く、前歯よりも10年以上も早く抜けてしまいます。

永久歯が萌え始める6歳頃から70年以上は保たせなくてはなりませんので、簡単なことではありません。

【美味しく食べるために必要な歯の本数】

▶︎18〜28歯

たくあん、フランスパン、スルメイカ、酢だこ等

▶︎17〜6歯

きんぴらごぼう、れんこん、かまぼこ、おこわ等

▶︎5〜0歯

バナナ、うどん等

結果、軟らかい物を好むようになり、そして糖質の摂取量が増えて他の栄養素は減ってしまうのです。

そんな食事の偏りによって、次に起こる問題はメタボリックシンドロームや生活習慣病です。


他にも、咬む回数も減って脳の刺激も減り認知症のリスクも上がります。

80才日本人の歯の平均寿命は先程書いたように8.9本ですが、歯の寿命が1番長い国はどこだと思いますか?

それはスウェーデンだそうです。
スウェーデンは世界でも有名な歯科予防処置先進国です。国を挙げてむし歯・歯周病予防に取り組んでいることで知られ、先進国の中でも特にむし歯・歯周病の人が少ないと言われています。
実はこの「予防歯科」「予防メインテナンス」という言葉が生まれたのはこのスウェーデンという国だそうです!
【80才の平均残存歯数】
▶︎北欧(スウェーデン) 20本
▶︎米国                        17本
▶︎英国                        15本
▶︎日本                        8.9本
何故ここまで日本との残存歯数に違いがあるのか、どうすれば歯を守れるのか。

治療技術の差で、ここまで残存歯数に大きな差が生まれていたのでは無いそうです。

では違いは?

『悪いところを治す事を目標とする』日本の考え方と 『歯が出来るだけ長くもつ事を目標とする』北欧の考え方の違いだそうです。

北欧はいかに再発しないようにするか・悪化しないようにするかなどの予防に集中しているのです。

【定期検診・メインテナンスの受診率】

▶︎北欧             90%

▶︎米国             80%

▶︎英国             70%

▶︎日本             5〜2%

痛みなどの症状がないとなかなか歯医者さんに行くことがおっくうになってしまいがちですが、10年後も20年後も長く自分の歯を残したいと思う方も多いと思います。

歯医者さんで定期的にメインテナンスをして70才、80才になっても元気に楽しくお食事が、出来るように一緒に歯の寿命をのばしましょう!!

歯の寿命をのばす会参照

月別アーカイブ