院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

歯ぎしり

今回は歯ぎしりについてお話しさせていただきます。

意識せずに行ってしまう歯ぎしりやくいしばりのことを、ブラキシズムといいます。このブラキシズムは放置してしまうと、口腔内だけでなく、全身のもトラブルを引き起こす可能性があります。  その為、症状があるようなら早めに検査や対策をした方がいいかもしれません。         今回は特徴や症状、対策などを説明します。

ブラキシズム(歯ぎしり)とは?

ブラキシズムとは「口腔悪習慣」と呼ばれるお口の中で無意識に行われる悪い噛み癖のことです。                                                       咀嚼筋と呼ばれる筋肉は食べ物を噛むためのものですが、ブラキシズムの場合は食事以外の時間にも異常運動を自然にしてしまうのです。

ブラキシズムのメカニズム

ブラキシズムが起こるのは主に睡眠中で、浅い眠りのノンレム睡眠中に頻発するといわれています。なぜ就寝中に起こるのか?という理由についてはまだ解明されてません。         ストレスが原因でなることも多いのですが、これは直接的なものではなく、さまざまな要因が重なり引き起こされているとかんがえられます。

ブラキシズムの種類

ブラキシズムは3つの種類にわけられます。                               1 グライディング                                               いわゆる歯ぎしりのことで、ギリギリと音をたてて、歯を強くこすり合せる習癖のことをいいます。就寝中に発生することが多く、歯の擦り減りが起こりやすいのが特徴です。

2 クレンチング                                                上下の歯を強く噛みしめる(くいしばる)習癖のことをいいます。音をたてることがないため、他人に指摘を受けることもないので、症状が出るまで気づきにくいのが特徴です。

3 タッピング                                                  上下の歯をカチカチと連続的に速く噛みあわせる習癖のことをいいます。1や2に比べると起こりにくいとされています。

ブラキシズムの主な症状

ブラキシズムによって起こされる症状には以下のようなものがあります。               ●歯や被せ物が割れる、欠ける、擦り減る                                ●歯が浮いたような感覚がある                                       ●指や舌で押すと歯が揺れる                                       ●歯がしみる                                                  ●顎に痛みやだるさがある                                         ●顎が開きにくい                                               上記のような症状を放っておくと歯周病の進行、頭痛、肩こり、腰痛など全身に影響することがあります。またインプラントを受けてブラキシズムがある方は、早めに相談をおすすめします。インプラントに大きな力がかかり過ぎて、顎の骨からインプラントが抜け落ちることも考えられます。

ブラキシズムの対策

噛みあわせの治療を主に行います。患者様のお口の状態や症状に合わせて、修復物や金属冠、入れ歯、就寝時に着用するマウスピースなどを利用し、正しい噛みあわせに導きます。  まずはご来院いただき、お話しをお聞かせ下さい。それぞれに適した方法で治療を行わせていただきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です