院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

スタッフブログ

酸蝕症とむし歯

こんにちは。歯科衛生士の松尾です。

2月ももう終わり、あっという間に3月になりますが、みなさん、いかがお過ごしですか?

昨年から今年にかけて、インフルエンザが大流行しましたが、私は幸いにもまだかかっていないので、最後までインフルエンザにかかることなく、春を迎えたいものです。

今回、酸蝕症とむし歯の違いについて、お話ししたいと思います。

みなさん、「食後30分は歯を磨かないほうがいい」という情報をネットやテレビ、または雑誌や本などで見たり聞いたりしたことはありませんか?これは”酸蝕症”と言って、「酸性食品を食べた後に歯が溶けてしまうという症状が食後30分に起こりやすい」というのが原因で出た情報かと思います。

酸蝕症とむし歯の基本的な違いは、酸蝕症は酸という化学物質によって歯にダメージを与える症状であること。一方、むし歯はプラークという細菌が原因で歯が溶けてしまう感染症の一つであるということです。酸蝕症はいわば、消毒薬の原液が皮膚に直接かかってしまったときのような状態で、すぐに水で洗い流すのが、一般的な対処だと思います。

 むし歯は感染症なので細菌の数ができるだけ少ないほうがダメージは小さくなります。時間が経過し、肺炎の原因菌が体内で増えてから抗菌薬を飲むのが得策ではないように、食べ物の中の糖類をエサにむし歯の原因となる細菌がどんどん増えていくのをそのまま待っている必要はありません。

 むし歯に関して言うと、できるだけ早く取り除くほうが歯へのダメージは小さくなります。

 酸蝕症の予防としては、酸性飲食品(黒酢やもずく、柑橘系のくだものやジュース、炭酸水など)を控えるのが最も有効な方法です。ですが、酸性飲食品を採ったあとでも、うがいをしたり、水を飲むなど、酸性に傾いてしまったお口の中をリセットすることで緩和することができます。

 むし歯の予防としてはもちろん、できるかぎり早くプラークを取り除くことなので、毎食後にすみやかに歯磨きをすること。そして、原因物質であるプラークを出来にくくするには、過度な砂糖を控えるとも重要な予防と言えます。

 結論として、「食後30分に関係なく歯磨きは早めにしたほうがいい」ということです。

(参考文献デンタルハイジーン2017/7月号)

 今回、酸蝕症という、もしかしたらあまり聞き慣れない歯の病気とむし歯についてお話しましたが、いかがだったでしょうか?近年はスマートフォンも普及してきて、様々な情報が簡単に調べることができる時代ですが、説明が難しかったり、ややこしかったりすることもあると思うので、もしわからなかったら、気軽に担当医や歯科衛生士に聞いて頂ければと思います。

 

フッ素の利用効果について

虫歯予防にはフッ素が効果的というのは、ご存知の方も多いかと思います。

  

虫歯予防には年齢ごとに虫歯になる要因や部位が異なります。乳幼児期では乳歯の虫歯、学齢期では徐々に永久歯の虫歯へと変化していきます。さらには成人期から高齢期にかけては、歯の根っこの虫歯や、以前に治療をした歯が再度虫歯になってしまうケースが増えてくるため、年齢の変化に応じた虫歯予防が必要になってきますね。.

  
  
青少年期〜成人期
  
乳歯や生えたばかりの永久歯は酸に弱いため、歯磨きをせずに寝てしまったり、長時間食事をしていたりするとどんどん溶けていってしまいます!もちろん、溶けてしまった歯をそのままにすると虫歯になってしまいます。

フッ素にはその溶けてきている歯を少しだけ修復してくれる効果があり、虫歯予防に効果的とされています。
 
フッ素は、多くの歯磨き粉に含まれておりお家で使っているだけでも効果があります。
地域によっては、学校や施設などでフッ化物洗口を行なっている所もありますが、高校生くらいまではお家でのフッ素入りの歯磨き粉に加え、歯科医院での高濃度のフッ素塗布やフッ化物洗口などを行うことが望ましいとされています。

 

 

成人以降
  
成人した後は虫歯の他に、年齢を重ねる度に歯周病の罹患率が高まってきます。歯周病の治療と合わせて、フッ素や抗菌剤・抗炎症剤の入った歯磨き剤を使い歯を守ることが大切です。
 
また、歯周病や噛み合わせの異常、全身疾患や口腔乾燥などの影響により、歯茎が退縮すると歯の根っこが見えてきます。歯の根っこは、こどものうちは殆ど虫歯になりませんが、加齢により歯の根っこの虫歯が多発してきます。この虫歯を予防するためにもフッ素を活用しましょう。自宅でのフッ素入り歯磨き剤やフッ化物洗口、また歯科医院でのフッ素塗布が効果的とされています。
 
 
 
妊娠中
 
妊娠中にフッ素を取り入れても、胎児や母乳にはフッ素の移行はほとんど見られないとされています。したがって、こどもの出生前に母親が取り入れたフッ素によって、こどもの虫歯の発症率が減少する事は認められていません。
しかし、妊娠中の女性はホルモンのバランスの影響により歯肉炎や歯周病のリスクが高まります。歯科医院での歯周病予防に加えフッ化物溶液、ジェル、バーニッシュなどを行ってもらうと効果的です。また、治療した歯が多い方はフッ素の定的な応用が必要になります。
大石

歯周病について

 
こんにちは。歯科衛生士の秋山です。
今回は、歯周病について
おおまかにはなりますがお話したいと思います。
歯周病は大きく分けて、歯肉炎、歯周炎とがあり、
さらにかみ合わせに関係する咬合性外傷に分けられます。
〈歯肉の状態の違い〉
   
▶︎健康的な歯肉
         ・薄いピンク色の歯肉。
         ・歯と歯の間に歯肉が入り込んで弾力がある。 
         ・歯肉が引き締まっている。
         ・ブラッシングでは出血しない。
▶︎歯肉炎
・赤色の歯肉。
・歯と歯の間の歯肉が丸みを帯び膨らんでいる。
・ブラッシングで出血する。
・腫れた歯肉と歯との間に
   プラークがたまる。
▶︎歯周炎
・赤紫色歯肉 
・歯と接している歯肉が更に腫れる。
・ブラッシングで出血や膿がでる。
・歯と歯の間が広がり、食べ物もよく詰まる。
・歯肉が退縮して歯が長く見える。
・歯周ポケットが深くなり骨(歯槽骨)が溶ける。
歯肉炎は炎症の波及が歯肉だけであり、
        歯を支える骨(歯槽骨)には及んでいない状態をいいます。
歯肉炎の原因は歯の表面に蓄積したプラーク(歯垢)であり、
プラーク中の細菌によって引き起こされた炎症性の疾患です。しかし、プラークだけでなく他の因子も関連し、引き起こされる歯肉炎もあります。(思春期性歯肉炎、妊娠性歯肉炎など)
次に歯周炎とは、炎症の影響が歯肉だけにとどまらず歯を支える骨(歯槽骨)にまで及び、
歯槽骨の吸収がみられる状態をいいます。
 
すべての歯肉炎が歯周炎に進行するわけではありませんが、歯周炎は歯肉炎の状態から進行した疾患であるといえます。
一般的に歯肉の赤み、腫れがありプラークや歯石の沈着がみられます。
歯ブラシなどで触ると容易に出血し、歯肉退縮も進行します。
また中等度〜重度の骨の吸収を伴う歯周炎では、歯の揺れがみられることが多くあります。
お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでいます。
これらは普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。
これをプラーク(歯垢)と言い、粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。
このプラーク(歯垢)1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。その中でも歯周病をひき起こす細菌が特異的に存在していることが解明されています。
現在では歯周病は、予防でき治療も可能です。 大切なのは予防、診断、治療、そしてメインテナンスです。
以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となり、健康をとりもどすことができるのです。まず、歯周病の原因はプラーク(歯垢)ですから、それをためない、増やさないことが大切です。
日本臨床歯周病学会 参考

フロスについて

こんにちは。歯科衛生士の安藤です。
皆さん歯磨きの時にデンタルフロスは使用されてますか?
ブラッシングとデンタルフロスの併用は、虫歯予防や歯周病予防に大きな効果を発揮します。
デンタルフロスのメリットや正しい使い方など、基礎知識について触れていきます。

★デンタルフロスを使うメリット★

1.ブラッシングだけよりも歯垢がよく落ちる
デンタルフロスは歯と歯の間など、歯ブラシの毛先が届かないところにも届きます。
2.早期発見につながる
デンタルフロスを使うと、初期の虫歯の早期発見につながります。
その理由は、歯ブラシでは気づくことができない、以下のような症状に気づくことができるからです。
以下の項目に当てはまるものがあれば、虫歯の初期段階である可能性があります。
もし気になる点があれば、歯科の検診を受けると良いでしょう。
・歯と歯の間でザラザラした感触がある
・毎回同じ部分でフロスが引っかかる
・出し入れの時に引っかかって糸がバラバラになる
もし当てはまる点があれば、一度検診を受けましょう。
虫歯ではない可能性もありますが、初期の虫歯であれば治療も軽く済み、通院期間も短くて済みます。
3.口臭予防にも効果的
口臭の原因の一つは、歯に残された食べかすです。
食べ物自体が匂いを発する場合もあれば、食べかすが蓄積して醗酵するなどして、強い匂いを発している場合もあります。
もう一つの口臭の原因となっているのが、歯垢です。
歯垢は雑菌が繁殖しやすく、口臭の元となる匂いを発することがあります。
デンタルフロスを使えば、歯ブラシだけでは取り除くことが難しい食べかすや歯垢も取り除くことができます。
口臭の原因を取り除くことができるので、口臭予防に繋がります。

★デンタルフロスの使い方
デンタルフロスの本来の目的は、歯の隙間に挟まったものを取ることではなく、どちらかというと歯の表面についた歯垢を取るのが目的で用いられています。
デンタルフロスの角度を変えながら、歯の表面をこするようにして歯垢を剥ぎ取ります。
もし使い方が間違っていれば、毎日フロスを使っても虫歯や歯周病の予防にはならない可能性もあるので、歯の詰まりものだけのケアに使っている方は注意が必要です。

1.糸巻きタイプのフロスの使い方
まず、フロスを40センチ程度引き出して切り、両端を数回、左右の中指に巻き付けます。
歯と歯の間に入れ込む時には、糸を指の腹に当てながら糸を張る力を保ち、横に動かしながらゆっくり入れます。
デンタルフロスを差し込んだら、ただ抜き差しするだけではなく、歯の両サイドの側面を上下にこするように動かしましょう。
歯の隙間が詰まっていて、抜き差しが大変な方は、糸巻きタイプのフロスがお勧めです。
2.ホルダータイプのフロスの使い方
歯の隙間に当てたら横に動かしながら間に入れ、歯の両サイドの側面を上下こするようにして歯垢を落とします。
ホルダータイプは手間がかからずにすぐ使えるので、デンタルフロスを使う方にお勧めです。
ホルダータイプには、前歯に使いやすい「F字型」と、挿入しにくい奥歯にも前歯にも使いやすい「Y字型」があります。

デンタルフロスは1日に1回は使うのがお勧めです。
読んでも実際にどう使うのかイメージしにくいかと思います。
お困りの際はクリーニングや検診の時にご相談下さい(^^)

歯のホワイトニング

こんにちは、歯科衛生士の佐藤です。
みなさん、歯の色って気になりますか?
クリーニングを担当していると、歯を白くしたいと思っている患者さんは多く、ホワイトニングに興味はあるけど、どんな方法なのかわからない、と思ってる方が多いのではないでしょうか。
ヤガサキ歯科医院では、ホームホワイトニングを行っております。白く輝く歯は魅力的ですね。でも歯の色は生活習慣や年齢とともに黄色く変色してきます。自然で透明感のある歯の白さを取り戻すために、歯科医院の指導のもとで、ご自宅で快適に行うことができるのがホームホワイトニングです。
歯のホワイトニングは、歯の表面に専用のジェルを塗り、化学的に白くする簡単な方法です。
 最初に歯科医院でご自分の歯列(歯並び)にあった専用のマウストレーを作っていただきます。
 ご自宅でマウストレーにホワイトニングジェルを塗布して、毎日決められた時間トレーを装着することで化学的に歯を白くする効果が得られる、簡単な方法です。ぜひ一度、歯科医院でご相談されることをおすすめします。

では、なぜ歯の色が変わってくるのでしょうか。
1、コーヒー、お茶、タバコ等による変色
色素が歯の内部まで取り込まれることにより、歯が黄色く見えてしまいます。
2、加齢による変色
年齢を重ねるにしたがって、人の歯は自然と黄色く変色していきます。
3、全身疾患に由来する変色
胎児の時期に、母親が服用した抗生物質や過剰に摂取したフッ素などの影響により歯が変色してしまうことがあります。

これらの要因により歯が変色してしまった場合には 「ホワイトニング」で改善することができます。

続いて、歯が白くなるメカニズムについてお話します。
1、歯が変色した状態
歯の内部の色素が多く、歯が黄色く見えている状態
2、ホワイトニングによる色素の分解
ホワイトニングジェルを塗布すると、徐々に内部まで染み込んでいき、色素を分解
3、ホワイトニング後の白い歯
徐々に色素も減り、透明感のある白い歯

ただし、患者さんによって、適応かどうかは診察してみないとわかりません。被せものや、詰め物は、白くなりませんし、色の変化も個人差があります。
まずは、お口の状態を知る為に、ヤガサキ歯科医院での、クリーニングをおすすめします。歯の色だけでなく、歯周病や虫歯のチェックも行いますので、皆様のご来院をお待ちしております。

魔歯について

衛生士の飯田です。
先日4人目の孫が生まれました。
一か月以上も早く誕生して、保育器に入っていましたので、昨日初めて会いました。小さな体でゆっくり母乳を飲んでます。その口に虫歯のような歯が見えました。魔歯です。
柔らかな、グラグラした歯でした。
 
新生児歯(魔歯)とは
先天性歯(魔歯)とは、赤ちゃんが生まれた時点ですでに生えている乳歯のことです。
生後2ヶ月以内に生えてきた乳歯も、先天性歯(魔歯)に含められています。
先天性歯(魔歯)は、生後4~6ヶ月頃に生えてくる白くきれいな乳歯と比べると、構造が不完全です。
たいていは茶色がかった色をしており、歯の表面にはザラザラしていて凸凹がありますし、エナメル質も一般的な乳歯に比べてもろくなっています。
また、歯の根っこが未熟でもろく、グラグラ揺れたり、自然に抜けやすいものです。
先天性歯(魔歯)が生える確率
先天性歯(魔歯)が生える確率は、0.05%(1000人に2人)くらいです。
通常、下あごの前歯(乳中切歯)が生えていますが、乳犬歯や上あごの前歯が生えることもあります。
先天性歯には、正常な乳歯が早く生えてきた(正常乳歯)場合と、余分な歯(過剰歯)が正常乳歯より早く生えてきた場合の2種類あります。
新生児に新生児歯(魔歯)が生える原因
新生児歯(魔歯)は、乳歯や過剰歯が通常より生える現象ですが、原因は特定されていません。
発育異常や遺伝の影響を指摘する声もありますが、はっきりしたことは分かっていないのが現状です。
新生児歯(魔歯)の治療(対処法)
新生児歯(魔歯)は、基本的には経過観察します。
ただし、寝ているうちに抜けて誤飲すると大変なので、グラグラしているようなら早めに抜歯するのが安全です。
また、新生児歯(魔歯)が原因で舌に外傷や潰瘍ができる、歯肉炎になる、お母さんのおっぱいが傷つくといった場合は、歯の先を丸く削ることもあります。
気になる場合は、早めに小児科に相談してみましょう。
自然に抜けるので心配ないそうで、飲み込んでも大丈夫と担当ドクターに聞いているそうです

歯のけがについて

おはようございます

副院長の安藤です

最近一段と寒いですが、少し暖かい日も増えてきましたね

風邪やインフルエンザが流行っているようですがどうぞみなさんお気をつけて!

今日は歯のけがについてのお話です。

お子さんなどに多いですが、転んで前歯をぶつけてしまった!

お友達とぶつかってしまった!

スポーツなどでボールや器具と衝突・・・

大人の方でも転んでしまったり交通事故などで歯や顔面を強打してしまうことがあります。

今日はそんな歯のけがについてです

とにかく大事なのは、けがをしたときはとにかく時間勝負です

まずは身体の安全です。

頭をぶつけていたり、腕や足を骨折などの恐れがある場合はまずは救急病院などで

身体をみてもらいましょう。

もし身体が大丈夫・・・でも歯が折れちゃったり抜けてしまったら?

とにかく早く歯医者さんにかかりましょう。

抜けてしまった歯がある場合は、水ではなく牛乳や口の中に入れておきます

え、水もだめなんですか?と思われる方もいると思います

抜けた歯の運命を握っているのは歯根膜という、歯の周りの線維なのです

たまに、歯をきれいにしようと水でごしごし洗ってしまい、その大事な線維ごと取り除いてしまうことがあります

そうすると、歯がもとに戻らなくなってしまうのです

歯根膜はできれば1時間以内に抜けたところに戻す事で、抜けてもまた歯がくっついてくれるのです

歯根膜は口の中と同じ環境であれば、線維が壊れずに生存してくれるのです

学校の保健室などには歯の保存液という専用のものが置いてあることがあります

手に入らない場合は牛乳(ただし牛乳アレルギーの方は注意)

もしくは誤飲に注意しながら口の中に含んで歯医者さんに持っていきましょう。

1時間以上経っていても適切な処置を行えば歯が残せることもあります。

抜けた歯を戻したら1ヶ月くらいはワイヤーなどの針金で固定することが多くなります。

歯が抜けていなくても、ぶつけてしまった歯は影響が出ることがあります。

それは歯の神経です。

通常は虫歯がひどくなると神経を抜く治療をしますが、歯をぶつけただけでも歯の神経がダメージを受けてしまうことがよくあるのです。

神経のダメージは、ぶつけた直後はわかりません。

一時的に内部の血管などが充血して歯が暗く変色して見える事がありますが

数か月以内に変色が消えれば、神経へのダメージが回復することもありますが

ぶつけてから数か月、もしくは数年後に歯の色が変わってくる場合は、高い確率で神経が損傷されています。

放置してしますと、根のまわりに病気ができたり、歯ぐきが腫れてくる場合があるので

けがをして歯をぶつけてしまった場合は定期的に歯科医院でレントゲンの検査を行うことをおすすめします。

歯科医院では、レントゲン以外にも歯の神経へのダメージを検査する器具もあるので

ぶつけてしまったのがかなり前であっても、痛みがなくても出来る限り検査をおすすめします。

ヤガサキ歯科医院では、歯のけがをされた方の急患を随時受け入れています。

もしお口のけがをされた場合は、お気軽にご相談ください。

月別アーカイブ