院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

スタッフブログ

ブラッシングについて

こんにちは、歯科衛生士の安藤です。
皆さん日々の歯磨きはどのようにされていますか?
ブラッシングの仕方は十人十色なので磨けていればokですが、完璧に磨ききるのはなかなか難しいものです。
そこで今回はブラッシングの基本的なやり方をここでご紹介してみます。

①まずは歯ブラシの持ち方です。
 歯ブラシは軽く鉛筆を持つようにして持つのが基本です。
 場合によってはそれ以外の持ち方をすることもありますが、ギュッと歯ブラシを握るのではなく、軽く支えるようなイメージで持ちましょう。

②次に歯ブラシの当て方です。
 基本的な当て方として、
 ・歯に対してほぼ直角(歯ブラシの位置は歯と歯茎の境目あたり)
 あるいは
 ・歯と歯茎の境目に対して45度
 の2種類があります。

③歯ブラシの動かし方は、横に小刻みに動かしましょう。

④あとは磨き残しやすい場所に注意して順番に磨いていきましょう。
 部位別に磨き残しの多い場所、注意点などがあります。
 
 ★下の歯の内側★
 下の奥歯の内側は多くの人が磨き残しやすい場所ですが、特に利き手側の内側は歯ブラシの挿入が難しいです。
 舌をよけて奥までしっかり歯ブラシを入れましょう。
 下の前歯の内側は、歯ブラシを正面から縦に入れ、1本ずつかき出すように磨くとよいでしょう。

 ★下の歯の表側★
利き手側の犬歯付近は、歯並びの曲がり角のため、歯ブラシの向きを切り替えてしっかり毛先を当てないと磨き残しの多いところです。

 ★上の歯の表側★
 上の奥の歯の外側は、口をやや閉じ気味にすると奥まで歯ブラシが届きやすくなります。

 ★上の歯の内側★
 上の歯の内側は、毛先が上の向きすぎて歯ブラシの側面で磨いている人をよく見かけますが、側面では汚れを落とせないので毛先を歯面に当てるように意識しましょう。
 上の前歯の内側は、歯ブラシを縦にして、1本ずつ意識して磨きましょう。

 ★かみ合わせの部分★
 かみ合わせの部分に歯ブラシを直角に当て、1~2本ずつ磨くイメージで小刻みに歯ブラシを動かしましょう。

 ★奥歯の一番奥側★
 奥歯の一番奥側は磨き残しの多いところです。
 歯ブラシのつま先(上の角)を使ってかき出すように磨きましょう。

ここまでがブラッシングの基本ですが、文章を読んでもいまいちよく分からなかったり、やってみても実際できているかどうかは分からなかったりすると思います。
また、歯並びや口の開きやすさ、舌の力、唇の力など、お口の状態は本当に人それぞれです。
人それぞれだからこそ、ポイントとなる点や適した道具なども変わってきます。
一人ひとりに合わせた方法を一緒に考えていくためにも、一度歯科医院でご自身のブラッシングの状態を確認してみてはいかがでしょうか?(^^)

歯の失う原因

こんにちは、歯科衛生士の佐藤です。
突然ですが、今自分の歯が何本あるかわかりますか?
正解は、人によって違います。基本、大人の歯(永久歯)は、28本、親知らずが全てある人は、32本です。子供の歯(乳歯)は、20本です。
基本の本数は決まってますが、人によって歯を抜いたり、もともと歯がない(先天性欠如)人もいます。
では、歯を抜いてしまった人の原因は何でしょうか。
2005年の調査では、歯周病が42%、虫歯が32%であることがわかりました。そのほか、歯折(歯が折れること)11%、矯正歯科治療のための抜歯は1.2%、その他(例えば親知らずの、抜歯)は13%となっています。
抜歯の数は、50歳代から60歳代にかけて急激に増え、それ以降は減少します。歯周病による抜歯の割合は30歳代から50歳代にかけて徐々に増加し、それ以降は各年代の50~60%台で推移します。むし歯による抜歯の割合は30歳前後(52%)までは年齢とともに増加し、それ以降は50歳代まで減少し、その後は各年代の20~30%となっています。
このことから、比較的若い年代では、むし歯で抜歯になる人が多く、中高年では、歯周病で抜歯になる割合が高いことがわかります。
抜歯の原因は、主にむし歯と、歯周病です。では抜歯にならない為には、どうすればいいでしょうか。
それは、日々の歯磨きです!
むし歯も、歯周病も、歯についた「プラーク(歯垢)」がその原因になってきます。それを、日々歯ブラシや補助用具(デンタルフロスや、歯間ブラシ)を使って取ることで、むし歯や歯周病の、予防ができるのです。
では、正しい歯ブラシの方法はご存知でしょうか。ヤガサキ歯科医院では、歯科衛生士が歯ブラシの方法や、クリーニングを行っております。クリーニングと言っても、検査をまず行い、どこに磨き残しがあるかお口の写真をとって、患者さんに理解していただくことから始まります。そして、患者さんに合った歯ブラシや補助用具、使い方をアドバイスさせていただきます。プラーク(歯垢)の中に、むし歯の原因細菌や歯周病の原因細菌などいろいろな種類の細菌がいるので、毎日の歯磨きや、歯科医院での定期的なメインテナンスを受け、減らしていくことが、とても大切です。
今のご自身の歯を、1本でも失わないように、これからもおいしいご飯が食べられるように、むし歯や歯周病を予防していきましょう!!

むし歯とは?

歯医者さんには、虫歯を治療しに来院される方も多いと思います。

今回は虫歯について少し詳しくお話しします。

虫歯とは?

虫歯は、口腔内にいる細菌が、糖分を餌にして作った酸により、歯が溶かされる病気です。

原因菌としては ミュータンス菌 があります。

ミュータンス菌は、食事やおやつなどで摂取する食べ物に含まれる糖分を栄養にして増殖し

その際に菌の周囲にネバネバした物質を作り出します。

このネバネバした物質により菌が歯に協力に付着し、たくさんの細菌の集合体を形成します。

これが増えて歯の表面に白くこびりついた汚れがプラークです。

また、ミュータンス菌は同時に 酸 も作り出します。

するとプラークの中は酸性になり、歯の表面から歯の成分のカルシウムやリンが溶け出してしまいます。

歯が溶ける状態が続くと、穴があいてしまい、虫歯が出来てしまうのです。

ミュータンス菌はほとんどの人の口腔内にいる細菌ですが、増やさないようにすること、酸を作りにくい生活習慣をすることで、

十分に予防が出来る病気なのです。

虫歯の原因には、ミュータンス菌以外にも 歯の質 糖質 などもあります。

この3つの要素が重なると、時間の経過と共に虫歯が発生します。虫歯にならない為にも日頃からこの3つのことを覚えておくと

良いかもしれません。

1ミュータンス菌 上記で説明したますので省略

2歯の質 歯が作られる時の環境にもよりますが、エナメル質や象牙質の歯の質によって、虫歯になりやすい人もいます。

     また、乳歯や萌出したばかりの永久歯も酸に弱いので注意が必要。

     丈夫な歯を育てる為にもバランスの良い食事を心がけて下さい。

3糖質  食べ物に含まれる糖質は、ミュータンス菌が酸を作る材料に使われます。

     間食が多かったり、甘い物を頻繁に摂取する習慣がある人は、歯の表面が酸にさらされる時間が長くなるため虫歯に

     なりやすい環境になります。

このことをふまえて、虫歯予防の方法、セルフケア―のポイントは

1プラークを残さず落とす 虫歯予防の基本は、虫歯の原因となるプラークを残さないことです。

             プラークが付きやすい歯と歯の間、歯と歯茎の境目、奥歯の溝、には歯ブラシの当て方を意識しながら

             丁寧に磨きましょう。歯並びの悪い所や生え替り途中の歯、奥歯は磨きにくいのでその歯に合わせた当て方をしましょう。

             歯と歯の間は歯ブラシが届きにくくプラークが残りやすいのでフロスや歯間ブラシを使いましょう。

2フッ素 フッ素は歯を強化し再石灰化を促進します。歯科医院で塗布してもらうといいと思います。

     歯磨き粉にもフッ素が入っているものが多いので使うといいでしょう。ただし歯磨き粉の中のフッ素は濃度が低いので、すすぎは

     1回程度にしましょう。

虫歯の予防にはセルフケア―がとても大事ですが、自分の口腔内や、歯並び、どんな歯ブラシが合っているかは分かりにくいので、歯医者さんで

クリーニングを受けられるのをおすすめします。

食育について

小児歯科における食育の役割

 

歯科と食育に関してはイメージが浮かびにくいと思います。今回そのかかわりについてまとめてみたいと思います。

健全な食育の為には歯科にかなりの関りがあります。

歯と口腔は食育にとって重要な役割をになっており、食育における目標である、一生美味しく食事をとるための基礎となるのは小児期に作られます。

 

胎児期

赤ちゃんの栄養や健康にとって胎児期はとても大切です。母親自身が規則正しく、バランスの取れた食生活を送ることが重要になります。

また、母親の口腔内状況も大切になります。

妊婦検診での歯科検診もぜひ受信されることをお勧めします。

 

乳児期及び離乳期

母乳は赤ちゃんにとって栄養源としてはもちろんのこと、免疫的にも大切です。また、離乳期や幼児期になってからの、噛んだり、飲み込んだりする練習にもなります。

母乳をしっかり飲ませて、飲み込む力や、吸う力によって口腔が正しく使われる期間をきちんととることが将来のお口の健康につながります。

 

①     離乳期は離乳食を通して、口に入れる、咬む、飲む、などを学んでいく時期になります。

②     物をくわえたり、なめたり、吸ったりすることで、唇や舌やあごを動かす練習になります。無理にやめさせないようにしましょう。

③     離乳食をうまく咬んだり飲んだりする為には、唇がしっかり閉じていることが大切です。食べさせる姿勢にも気を付けて、スプーンなどでうまく食べさせてあげながら気を付けていきましょう。

④     だんだん成長するにしたがって、手づかみなどもしてきますが、それも食の経験として大切なことになります。

⑤     歯の生え方にも注意し、それに応じた離乳食をすすめていきましょう。

⑥     味覚が少しずつ発達してきますので、ベビーフードのみにならず、母親の手作りの離乳食を良く咬んで味わうことで味覚を養っていきます。味やにおいなども感覚の発達に影響しますので、配慮していきましょう。

⑦     歯にとっては甘いものがお口に入り始めると、虫歯などにも気を付けなければなりません。飲み物も含めた食生活と、歯ブラシなどの清掃について、かかりつけの歯医医師や歯科衛生士と一緒に気を付けていきましょう。

 ヤガサキ歯科医院では

 幼児期から小学生6年生までを対象としたキッズクラブがあります。 

 2歳半~3歳頃までに、乳歯が20歯が萌出し小学6年生頃までに永久歯が

 24歯から28歯生え変わります。

 その間 むし歯にならない様に、歯ブラシ、フロス指導、フッ素塗布し

 口の中の状態をデータで残し、歯の写真を撮ります。

 キッズノートにシールを貼りガチャガチャができます。

 楽しみながら通院できます。

 担当衛生士が顎の成長など歯並び,食事、おやつ、など色々な相談にも

 乗ります。是非ご予約をお待ちしてます。

             衛生士  飯田まゆみ

 

月別アーカイブ