院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

歯の豆知識

酸蝕症

こんにちは。

歯科医師の安藤です。暑い日が続いて嫌になりそうな毎日ですね。

今朝からセミの鳴き声も聞こえて、もうすっかり真夏の香りがします!

今日は歯の酸蝕症についてのお話です。

酸蝕(さんしょく)っていう言葉をみなさんご存知ですか。

歯が溶ける病気の1つです。

ただ、皆さんもよく知っているむし歯とは少し違います。

むし歯は、お口の中のむし歯菌という菌が、お砂糖などの糖分をエネルギーにして

酸を作り出すことで、歯が溶ける病気です。

酸蝕とは、むし歯菌が作る酸ではなく、他の酸で歯が溶けてしまう病気なのです!

むし歯以外で、歯が溶けるなんて本当に起きるの??

 

って思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、歯は酸という物質なら必ず溶けるのです。

実際にどんなもので歯が溶けるかというと、

代表的な酸はお酢です。

飲むお酢なども健康のためなどに飲まれている方もいると思いますが

とり過ぎてしまうと、歯が溶ける可能性があります。

お酢以外にも、酸性度といってpHという値で酸性度が高いかどうかが決まっています。

pHは値が低いほうが酸性度としては高く、歯が溶けやすいのです!

コーラ、ワイン、スポーツ飲料、フルーツ全般、野菜ジュース


これらはほとんどが歯が溶けるpH5.5という値より低いものです。

歯がずっとこれらの物質にさらされていると歯が溶けやすくなります。

ちなみにお茶やお水のpHは6~7なので歯が溶ける心配はありません。

これから暑くなると、炭酸飲料やスポーツ飲料の摂取が増えるので

気付かないうちに酸蝕症になってしまうことも!

ワインなどのお酒類もpHが低いものが多いので、大人の方も気を付けたいですね!

酸蝕症になると、どんな症状が現れるかというと、

むし歯に似たような症状が現れます。

歯がしみる、歯に穴が開いた、歯が変色した

このような症状はむし歯と同じです。

しかし、酸蝕症とはむし歯のように汚れがついているところのみが溶けるのではなく

歯全体が溶けていくため、

前歯が薄くなった、歯が小さくなった、歯のでこぼこがなくなった

など、ひどくなると歯の形がかなり変わってしまいます。

ただ、酸蝕とむし歯は両方起こることも多く、完全に見分けることは難しいです。

ただ、酸で歯がとけているところは、むし歯も起こりやすくなるので

コーラやスポーツドリンクなどの酸性で砂糖が含まれている飲み物はかなり注意が必要です。

では、酸蝕を予防するにはどうすればよいでしょう。

酸性度の高い飲み物を完全にとらないというのも、難しいでしょう。

ただ、酸の影響を少なくすることはできます。

それは、酸性の飲み物などをとったあとに、中性のお水やお茶などを飲むことです。

口をゆすぐのもいいでしょう。

酸で歯が溶けるのは時間もかかるので、酸を取ったらすぐに口の中の酸を薄めていけば

影響は少なくなるでしょう。

また、飲み方も酸性の飲み物を少しずつ飲むのではなく、なるべくまとめて飲んでしまったほうが

影響は少ないです。

ただし、歯磨きは少し注意が必要です。

酸が口にかなり残っている状態で歯ブラシをすると、歯が削れやすいという報告があります。

歯磨き前にはよく水で口をゆすいで、酸が少なくなってから歯磨きをしましょう。

酸蝕症は、かぶせものやつめものなどで治療が可能です。

しかし、治療よりも大事なのは予防です。

毎日炭酸を飲む!毎日柑橘系のフルーツを摂っている!

という方は、摂り過ぎに注意するか、摂り方を工夫しましょう。

酸と上手につきあって、暑い夏を乗り切りましょう!

中野予防歯科研修会

中野予防歯科研修会

 

7月13日に中野サンプラザにて、所属している中野予防歯科研修会の特別例会がありましたので参加してきました。

今回は認定医、専門医についての研修会ということで、日本歯周病学会、日本口腔インプラント学会、日本顕微鏡歯科学会の認定医を取得出来たことを自分も発表させていただきました。

  

  20170804_110247263_iOS.jpg

  

中野予防歯科研修会の景山先生は日本歯周病学会の指導医でいらっしゃいますし、他にも指導医、専門医、認定医の先生が何人もいらっしゃいます。

又、歯周病学会認定歯科衛生士も何人もいて、経験豊富な方が多くいます。

又、日本口腔インプラント学会の専門医、専修医もいます。

 

発表では、日本歯周病認定医の先生のお話から専門医の先生のお話、私から日本口腔インプラント学会の専修医、日本顕微鏡歯科学会の認定医の話、日本歯周病学会認定歯科衛生士のお話を3人の衛生士の方が発表し、最後に指導医の先生のお話と、かなり盛りだくさんな内容でした。

 

資格があればいいわけでなく、実際の臨床でどれだけ患者さんが治っていたり、良い状態を維持出来ているかが大切ですが、資格を取ることでその分野のガイドラインなどをまとめることができ、自分の臨床を見つめることも出来ます。

 

これから若い先生方の臨床力アップの為に協力して、当院でも医院全体のレベルアップに役立てていきたいと思います。

 

☆☆☆☆☆

 

覚醒時ブラキシズムのコントロール法

こんにちは。歯科医師の余です。三連休もかなり暑かったですが、いかがお過ごしでしょうか。
今回は、前回に引き続き覚醒時ブラキシズムのコントロール法についてです。ステップごとに紹介します。
1stステップ 理解する!(動機づけ)一日における生理的な歯の接触時間(平均17.5分)と”食いしばり”まで達しないような軽い歯の接触であっても咀嚼筋の活動が増加し、それが持続することによって顎関節や咀嚼筋への負担になります。
これについては、咬筋部(または側頭筋部)に人差し指を当てて、軽い歯の接触によっても筋の収縮が生じることを実感します。
2ndステップ 気がつく!(意識化訓練、競合反応訓練)
『リマインダー(合図)』を用いて自分の行動を強制的に確認します。リマインダーとしてはメモやシールなどといった視覚的なものや、タイマーの音や振動を用いることができます。リマインダーからの合図があった時に、歯の接触(Tooth Contact)をしていないかを確認します。この時に重要なのは、力の大きさは無視して、あくまで歯の接触の有無を基準とすることです。合図の回数に対して4〜5割以上の頻度で歯の接触が確認された場合、かなり多いです。
最初の段階では、自分の行動を自覚させることが重要であり、これが意識化訓練になります。
次に、競合反応訓練を行います。合図があった時に歯の接触に気づいたら、すぐに深呼吸をします。
深呼吸の際には両肩を持ち上げながら鼻から大きく息を吸い込み脱力して肩を落とした勢いで口から息を吐き出します。こうすると、上半身の力が抜けたと同時に自然と歯が離れる感覚を体験できます。”咬んでいた”というショック
の直後に、”力が抜けたら自然と歯が離れた!”という安心感を体験できます。
3rdステップ 繰り返す!(強化)
“2ndステップ”を繰り返すことにより、リマインダーからの合図がなくても上下の歯の接触に気づくようになってきます。つまり、歯が当たったことに気づくという頻度が増えてきます。
その結果、今まで認識していた力よりも弱い力で自らの咬んだという行動に気づくようになります。
TCHコントロールの目標
TCHコントロールの最終目的はTCHによって引き起こされている症状を軽減もしくは消失させることです。
ステップに従って、第一目標は歯の接触の持続の時間を短縮することであり、すなわち自ら歯の接触に気づくようになることです。
これが達成できたら次の目標を目指します。第二目標は歯の接触に対して不快感を得られるようになることです。歯の接触維持を不快に感じるようになれば、自然と持続が妨げられます。
どうでしょうか。みなさん、是非やってみてください。
お困りのことがありましたら、お越しください。

日本顕微鏡歯科学会 認定医

日本顕微鏡歯科学会 認定医

 

当院ではより精密な治療が必要な場合には、拡大鏡もしくは顕微鏡(マイクロスコープ)を用いた診療を全ドクターが行っております。

中でも顕微鏡は近年世界中で使用されるようになってきましたが、特に世界でも日本での普及率が高いです。

当院でも院長はもとより勤務医のドクターも、顕微鏡治療のトレーニングを積んでおります。

日本では顕微鏡治療の学会として日本顕微鏡歯科学会があり、きちんと顕微鏡が使用でき、かつ臨床ケースの審査を受け、試験に合格したドクターが認定医として認められるシステムがあります。

自分も顕微鏡治療を9年程前から取り入れておりますが、患者さんからより信頼して治療を受けていただけるよう認定医を取得するように試験をうけてきました。

今年の4月の学会にて、ペーパー試験、症例のケースプレゼンテーションと口頭試問があり、6月に結果がきましたが、無事合格し、認定医を取得することができました。

 

また、当院で衛生士と一緒に取り組んでいる歯周病治療の学会である日本歯周病学会の認定医を昨年取得しました。

そして、インプラント治療の学会である日本口腔インプラント学会の認定するインプラント専修医も昨年取得しております。

   

  

顕微鏡学会認定医証.jpg

  

IMG_20160727_0001.jpg

 

111111.jpg 

   

  

 

それぞれの治療をきちんと行っていることが学会から認められることで、当院の治療技術を皆様にわかっていただくことで、より安心して治療を受けていただけることができれば幸いです。

これからもスタッフ一同、より良い治療をすることで患者さんのお口の健康を守り、維持するお手伝いができるよう努力していきたいと思います。

 

 

☆☆☆☆☆

月別アーカイブ