院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

歯の豆知識

歯の着色

こんばんは、副院長の金子です!

歯の着色、気になりませんか?

歯の着色はなぜ起こる?

 

歯の着色の原因は主にこれら4つです。

 

1)食品由来のもの

2)神経が死んでしまっているもの

3)詰め物の変色によるもの

4)生まれつきのもの

 

では、それぞれ解説していきましょう。

 ***********

1)食品、嗜好品由来のもの

コーヒーやワインなどのステイン、お茶などの茶しぶ、タバコのヤニなど、歯そのものの着色ではなく、表面のみの着色です。

表面の着色によるものなので、歯科医院でクリーニングを行うことで落ちるものが多いです。

 

2)神経が死んでしまっているもの

大きな虫歯や、ぶつけた衝撃などで神経が死んでしまっている場合は経年的に歯全体が変色してきます。この場合、歯そのものの変色ですのでクリーニングでは落とせません。かぶせものや歯の内面のホワイトニングによる対応が必要です。

 

3)詰め物の変色によるもの

特にレジン(白いプラスチックのつめもの)は経年的に変色が起こりやすく、残っている歯の部分との色の違いが出てきます。詰め物をやりかえることによって改善が可能です。

 

4)生まれつきのもの

歯の色が変色する先天性の疾患がある場合。これもクリーニングでは落とせません。被せ物やホワイトニングによる対応が必要です。

 

***********

 

最後に、

着色と虫歯とで、見た目だけでは判別がつきづらい場合がありますので気になる方は検診を受けていただくことをお勧めします!

 

 

最近歯の色が変わってきた気がする、昔から歯の色が気になっていたという方も一度クリニックで検診を受けてみてはいかがでしょうか。

歯の神経の治療

こんにちは。

副院長の安藤です。

今回は歯の神経の治療についてのお話です。

みなさんは歯の神経の治療をしたことはありますか?

歯は、健康な状態では神経は生きているのですが

むし歯で歯が溶けてしまい、神経の中までむし歯が進んでしまうと

神経が汚染されて、かなり痛くなります!

そのまま放置してしまうと神経が死んでしまうのです。

そのため、深いむし歯の場合は神経をとる治療を行います。

神経の治療って痛いの?

どれくらいの回数がかかるの?

歯の神経を取ったらどうなるの?

よく、治療を行う際にこのような質問をされます。

今日はこのような疑問にお答えします。

まず、神経の治療の際はほとんどの場合、麻酔をかけます。

麻酔をかければ治療中の痛みはありません。

ただし、神経が炎症を起こしている場合、麻酔の薬が効きにくくなってしまうことや、治療後数日間は痛みが出ることがあります。

そのような時は鎮痛剤を服用してもらいます。

また、歯の神経を取る治療は、一度では治療が終わらないのです。

歯の神経は奥歯では2~4本くらいの神経が通っていて、

全ての神経を取って、根の中のばい菌を消毒するにはかなり回数がかかるのです。

前歯では通常2~3回、奥歯だと4~5回以上かかります。

この間に治療をやめてしまったりすると、神経の中にばい菌が入り、更に治療期間がかかってしまうことがあります。

根気のいる治療になりますが、治療をしっかり終えることで

歯の寿命も変わってきますので、神経の治療の際は時間がかかってもしっかりと治療を終えないといけません。

最後に神経を取った歯はどうなるのかお話します。

神経を取った歯は治療を終えればまた、噛めるようになります。

ただし、神経を取った歯は少し脆くなる傾向があります。

元のむし歯の状況にもよりますが、割れてしまうことがあるのです。

人によって噛む力は違いますが、割れるのを完全に防ぐことはできません。

このため、できるだけ歯の神経を残すように

むし歯を作らないようにすることが大切です。

むし歯が小さい段階で発見できれば、歯の神経を取る必要もありません。

定期的な歯科医院でのチェックを行いましょう。

また、神経を取らなくてはいけない場合、

神経の治療をより精密に行うことができるマイクロスコープという顕微鏡があります。

通常の神経は目に見えないほどの大きさですが、このマイクロスコープによって、神経をよく見ながら治療が可能です。

(マイクロスコープ治療は、自費診療となります。)

詳しくはスタッフまでご相談下さい。

安藤

グローバル プログラム研修会

グローバル プログラム研修会

                                        

5月14日(日)に今年年間で参加している、グローバルプログラムの研修会に参加してきました。                

講師は、以前から講演を聞かせていただいている日高先生でした。           

今回は補綴や審美についてがテーマでした。                       

補綴処置といっても、クラウンやブリッジなど、1本の治療から多数歯、もしくは全顎的な治療まであります。                                           

また、土台から、歯を削る形成や、材料についてなど、考えるポイントが多くあります。

日高先生はそれぞれの知識や臨床経験、臨床ケースがとても多く、何回聞いても毎回勉強になることが多いです。                                          

今回も新しい発見や、再確認することが非常に多い1日となりました。 

                                                   

当院でも毎日補綴、修復処置が行われます。                      

今回学んだことをいかして、これからのより良い治療を行っていきたいと思います。

                       

                     

20170514_012757091_iOS.jpg

スカイツリー

こんにちは、歯科衛生士の安藤です。

先日スカイツリーを観に行ったところ、丁度その日から新色のライトアップが始まりました。

今回は「幟」(のぼり)というテーマのようで、上からオレンジ、黄色、黄緑色になっていました。

日によってライトアップのパターンは変わりますが、皆さんも機会があれば見てみて下さい(^.^)

CIMG2720.JPG

紫外線

こんにちは!歯科衛生士の大石です

最近、ますます熱くなってきましたね。

5月の紫外線は強いらしく、早くも日焼けをしてしまいました。

日焼け止めや、日傘など、紫外線対策をしっかり行っていきたいですね!

ブラキシズム

こんにちは。歯科医師の余です。
今回はブラキシズムについてです。みなさんは朝起きると顎が疲れていたり違和感を感じたりすることはありませんか。

ブラキシズムとは咀嚼筋(咬むための筋肉)が食事中でもないのに無意識に異常な動きをする異常運動のことをいい、歯にヒビが入ったり、割れてしまったり、歯を失う原因になります。
ブラキシズムには、歯を食いしばるクレンチング、すり合わせるグラインディング、カチカチと小刻みに接触させるタッピングがあります。これらは無意識のうちに行われていて、指摘されるまで気がつきにくいものです。
また、ブラキシズムは睡眠中でなくても起こりますので、日頃から歯を噛みしめる癖がないかどうか気にかけてみる必要があります。

睡眠時のブラキシズムは、成人の多くの方にみられます。
そこで、大切なのはブラキシズムをコントロールしていくことです。
ナイトガードは、ブラキシズム治療で最も一般的に行われる方法です。装着することによって、歯や顎にかかる負担を軽減し、ブラキシズムの症状を和らげます。ブラキシズムの症状が和らぐと、今まで感じていたストレスも軽減され、その結果、ブラキシズムも治ってくるというシステムです。また、上の歯と下の歯に隙間をあける癖を咀嚼筋に覚えさせ、ブラキシズムの症状を軽減するという効果もあります。

顎の疲れや歯のすり減りなど気になる方は、是非ご相談下さい。

月別アーカイブ