院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

院長ブログ

日本包括歯科臨床学会

日本包括歯科臨床学会
12月8日9日と2日間にわたって、以前セミナーを受講した研修会の団体が、この度学会として立ち上がった記念講演会に参加してきました。
H.jpg
この会の独特の考え方として、咬合療法という考え方があります。
歯を削ったりかぶせたりするだけでなく、悪くなってしまう原因を考えて診断しながら治療していくという方法です。
九州の筒井先生ご夫妻が中心になって始まったこの会ですが、影響を受けた多くの先生方が集まって今では大きな会となっているのです。
会員の先生のケースプレゼンテーションを見させていただきましたが、どの先生方も素晴らしい発表で、すごく自分の臨床の参考になりました。
今回学んだことや、これから更に多くの情報を生かしながら、日々の患者様の臨床に生かして生きたいと思いました。
☆☆☆☆☆

Drサーシャとの再会

再会
12月8日の夜に2年前に参加したUCLAのインプラントマスタープログラムでメイン講師としてお世話になったDrサーシャが講演の為来日された為、2年前のメンバー数名とDrサーシャに会う機会をいただきました。
Drサーシャは日本に到着して早速大江戸温泉に行ってきたとのことでしたが、夜に一緒にお酒を交えて食事を頂きました。
Drサーシャはお酒も強いのですが、日本食も結構何でも食べていまして、酢の物まで好物とのことでびっくりしました。
子供さんのことや、今後のセミナーで来日することまでお話しが聞けて嬉しかったです。
今度は又セミナーにて、インプラントのことを中心に色々と学びたいと思いました。
S.JPG
☆☆☆☆☆

西菅小学校 歯ブラシ教室

西菅小学校 歯ブラシ教室
11月29日に昨年に引き続いて、私が学校医である西菅小学校にスタッフと一緒に歯ブラシ指導に行ってきました。
今回も3年生の授業の1時間をいただいて行いました。
DSCF3095.JPG
まず大まかに歯や、虫歯についての説明の後に、当院の歯科衛生士が大きいお口の歯の模型を使って歯ブラシの正しい仕方を説明しました。
DSCF3098.JPG
そして、赤い染め出し薬を使って歯の歯垢(プラーク)を染め出しました。
昔自分も小学校の時に行なった経験があるのですが、初めてやると皆びっくりしたり、喜んだり、にぎやかになります。
鏡で赤くなっているところを確認し、学校の先生が用意して下さった歯の絵の用紙に赤鉛筆で塗っていきます。
奥歯の溝や前歯でも根元の付け根などが染まっていることが多いです。
そこを今度は持ってきた歯ブラシで落とすように磨いていきます。
結構繰り返さないとすぐには落ちない汚れもあることが分かってもらえたようです。
最後に皆からいろんな質問をもらって答えました。
DSCF3110.JPG
中々説明するのに説明しにくい質問もあって答えるのに長くなってしまい、後からもっとわかり易く説明すれば良かったと反省するものもありましたが、楽しく授業が出来たと思います。
少しでも歯に関心を持ってもらい、小学生であっても自分の歯は自分で大切にし、長く使ってもらえるようにしてもらいたいと思いました。
又来年も機会があれば是非継続していきたいと思いました。
☆☆☆☆☆

月別アーカイブ