院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

院長ブログ

UCLAインプラントマスタープログラム3日目

UCLAインプラントマスタープログラム3日目
3日目の今日はスピーカーが代わり、午前中はまずUCLAの補綴科の教授であるDrマクラーレンの講義でした。
136s.jpg
アメリカではインプラントとかぶせものをそれぞれ専門の先生が行うことが多いのですが、DrマクラーレンはDrサーシャの行なったインプラントのかぶせものを作ることも行なっており、どのように一緒に仕事を行なっているか、又、実際かぶせものを作る時にどのようなことに注意して材料などもどう考えて行なっているかを詳しく説明してくれました。
臨床もきれいで、患者さんの満足した笑顔をみて、自分ももっと患者様に満足していただけるよう、レベルアップしていきたいと思いました。
Drマクラーレンはとても早口な英語で通訳なしでは聞き取れないスピードでしたが,通訳の先生に聞いたところ,「まだ訳しやすいですよ」とおっしゃっていて、改めて通訳の先生の英語力、日本語力に驚いてしまいました。
午前の2人目には、USC(南カリフォルニア大学)の先生だったDrリシャドの講義もありました。
167s.jpg
Drマクラーレンとは変わって、ゆっくりした英語で又フレンドリーにお話されるのが印象的でした。
全顎にわたる大きいケースでの補綴物についてのケースを通じて、治療の大変な部分や注意点などを教わりました。
午後はUCLAを長くにわたって代表するペリオ(歯周病)科の教授であるDrヘンリー・タケイの講義でした。
176s.jpg
Drヘンリーは日系アメリカ人とのことで、日本語も話せるとのことでいたが、今回は世界中から先生方が来ているため英語での講義でした。
ヘンリー先生の本はアメリカ中のほとんどの歯学部の大学でのペリオの教科書として使われているほどメジャーな方であり、講義中のスライドも歯周病が綺麗に治っているケースを多く見せていただきました。
最後に、
「インプラントを行うことも大切だが、まず歯周病やカリエスも含めた予防が最も大切なことを忘れないようにして欲しい」
とのコメントで締めくくりとなり、当院で開業当初から行なっている予防を中心としたコンセプトをこれからも意識して診療していくことの大切さを、長い経験からおっしゃっているヘンリー先生のお言葉を胸に、継続していこうと思いました。
178s.jpg
夜には主催であるUCLA gIDEのパーティーがありました。
日高先生もいらしゃって、食事をしながら皆で親交を深めることができました。
アメリカのパーティーは雰囲気が違いますね。僕達ももっと英語が出来ると他の国の人達と話ができ、より楽しめるのでもっと英語を勉強したいと思いました。
思い出深い、盛り上がったパーティーでした。
201s.jpg
206s.jpg
☆☆☆☆☆

UCLAインプラントマスタープログラム2日目

UCLAインプラントマスタープログラム2日目
本日も1日目に引き続きDrサーシャによる講義とライブオペが行われました。
昨日もそうでしたが、オペというのはスムーズにいくものばかりではなく、予定とは異なる状況のこともあるのですが、スムーズにかつ、説明も丁寧にしながらオペを行い、又、前後には講義もしている体力と集中力のあるDrサーシャは本当にすごいと思いました。
今日のオペでも昨日と違った症例で、色々なことが確認できたり、参考になったりしました。
休憩中にはUCLAの歯学部病院内を見学することもできました。
今回の日本グループのオーガナイザーである佐藤先生が以前UCLAにいたこともあり、日本人グループは色々便宜を図ってもらいました。
084s.jpg
今では長身イケメンで売っている?Drサーシャの若かりし写真もあり、皆で笑ってしましました。しかしここに名前が載るのはかなりすごい人達であり、改めて彼の凄さを感じました。
DSC04698s.jpg
日本人の顎顔面補綴の技工士さんがいてお話を聞いたり、普段と違うことにも接することができ、興味深く感じました。
094s.jpg
又今日は試験が午前の最後と、午後の最後に計2回ありました。
今回のセミナーでは試験で基準点に満たないと卒業できないこともあり、真剣に取り組みました。その分大変勉強にもなり知識量も増えたと思います。
夕食は皆でサンタモニカのお店で懇親を深めました。
119s.jpg
☆☆☆☆☆

UCLA インプラントマスタープログラム 1日目

UCLA インプラントマスタープログラム 1日目
393s.jpg
今日からロサンゼルスでUCLAインプラントマスタープログラムのセッションが始まりました。今回は5日間にわたってUCLA歯学部での講義となります。
また、今回は他の国の方と一緒に講義を受けることになっていまして、北米グループ、地中海グループ、日本グループ、イラングループ、そしてロシアからも参加していまして、世界中の国の先生方との講義という今までにあまりない経験でした。
067s.jpg
046s.jpg
本日のメインスピーカーは総合のメインスピーカーであるDrサーシャ・ジョバノビッチです。
054s.jpg
今回は同時通訳で、ロサンゼルスで開業されている成田先生の通訳でした。今までのセッションより効率がいい上に、訳もわかり易く、とても良かったです。
Drサーシャの講義は、今までの復讐のスライドがありましたが、良い復習となりました。
また何といっても今回はライブサージェリーがあり、実際行う患者さんの術前の説明から、術中の説明、そして術後にそれについて質疑応答があり、今までのセッションの講義の内容を実際にライブで見ることが、僕たち臨床家にとってとても参考になりました。
僕たちはいくら講義を受けても実際行うことが仕事ですし、オペを行うことで患者さんの口腔内を快適に噛めるように治すことが目的となるからです。
Drサーシャは技術があることで世界でも有名であり、素晴らしいオペを見ることで自分の技術もより高まるようになると思います。
1日目の夕方には時間をオーバーしてライブオペを見ることがで出来ました。
講演終了後には日本人グループ皆で、ローリーズというリブステーキのお店に行きました。
ステーキハウスと聞いてきたので、アメリカンなワイルドなステーキハウスを想像していたのですが、地元でも有名な立派な内装の所でして、フレンチのお店かと思わせるような内装でした。
お肉も海外で食べた中で上位にランクされる柔らかくてジューシーなお肉で、皆さん相当大きいサイズを結構食べていました。東京と大阪にお店を出しているとのことですので是非日本に帰っても行ってみたいと思います。
079s.jpg
とても充実した1日目でした。
☆☆☆☆☆

月別アーカイブ