川崎市 多摩区 ヤガサキ歯科医院 京王稲田堤駅前の感染防止対策について

院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

当院の感染防止対策について

コロナウィルスで感染に対する関心が高まっています。日本歯科医師会の堀会長が4月30日の朝のテレビ番組でもおっしゃっていましたが、当院も含めて全国の歯科医院では今の所、歯科医院内で歯科医師や歯科衛生士から患者さんに感染した事例は1例もありません。
現在全国でコンビニより多い約68000医療機関(2018年時点)あるのに、コロナの感染が日本で2月くらいに始まって、5月ゴールデンウィーク明けまで感染事例がないというのはすごいと思います。

ヤガサキ歯科医院では 5年程前から歯科外来診療環境体制といって、厚生労働省の滅菌消毒の基準を満たす機材をそろえ使用しております。これは厚生労働省に施設基準の申請を受け、認可されているものです。

我々は普段から抜歯などで血液に触れる機会もあり、コロナの感染対策より前から感染には気を遣ってきました。
器具の滅菌といって、使い捨てでない道具は、オートクレーブという細菌やウイルスを死滅させてしまう機械にかけます。当院では通常のオートクレーブだけでなく、クラスBというオートクレーブの機械の中でも滅菌レベルが現時点で最高といわれる機種も使用しております。

感染防止対策

又、ゴム製品など熱に弱い道具にはガス滅菌という機械を使用しておりますので、ほぼ全ての器具を滅菌して使用しております。

感染防止対策

又、患者さんのお口で使用するタービンやコントラといった、歯を治療する時に使う道具も患者さん一人に使った後は、必ず専用の機械で滅菌処理を行っております。

普段使用する道具も、当院では滅菌する前に高熱処理で洗浄を行うミーレというドイツ製の医療用洗浄機にかけた上、先ほどご説明した滅菌機にかけますのでより清潔な器具を患者様に使用しています。

感染防止対策

又、治療時に患者様に使うスリーウエイシリンジという風をかける道具のお口に入れる部分もディスポーザブルの物や、患者さんごとに滅菌して交換するようにしております。

普段治療で使用しているお水も当院では、エピオスという機械で次亜塩素酸ナトリウムのお水を生成し、配管を治療用の椅子の機械に通して使用しております。ですのでわずかにプールに入った時のような匂いを感じるかもしれません。次亜塩素酸ナトリウムとは、細菌やウイルスに対して有効である為、消毒薬によく使われるものです。かなりの高濃度でないと害が出ないので、治療でもよく使われるものです。患者さんのお口で使うお水も汚れていると良くないですし、普通の水道水では消毒効果もない為、当院の治療用のお水は次亜塩素酸水を使用しております。
このお水を生成するだけでも費用がかかっていますが、患者さんの健康の為に今回のコロナの前から使用しております。

感染防止対策

患者さんが座る椅子や周りに関しても、一人の患者さんが終わるごとに次亜塩素酸水を使って消毒し、ふき取りを行っています。

受付では感染防止のシールドを用意し、来院時の非接触の体温測定を行い、手指のアルコール消毒を行っていただいております。現在は診察券等のやり取りも省略できるところは省き、保険証等の必要な物の受け渡しのみにさせていただいております。

感染防止対策

マスク、グローブなどの消耗品も入荷しにくい状況でしたが、当院では1月末の時点で、マスクは50枚入り100箱以上のストックをもっておりましたし、グローブも何千枚もの在庫を持っております。患者さんからご心配いただくこともありますが、ご安心下さい。

感染防止対策

また、ドクターや歯科衛生士、アシスタントもフェイスシールドを装着し、診療をおこなっております。
休憩室も十分換気の上、スタッフの昼食等も院内感染防止の為、個人個人でとっております。

来院された方はお分かりだと思いますが、今までも清掃、清潔には気を使って参りましたが、このように出来ることは更に行って院内感染防止に努めております。どうぞご安心してご来院下さい。

感染防止対策治療についてもご質問をお受けすることが多いですが、歯科治療について不要の治療はありません。当然必要だから治療を行います。

よくメインテナンスやリコールについてもご質問をお受けしますが、例えば歯周病でメインテナンスをうけている方が中断したままになると歯周病が悪化して、歯を失う可能性が高くなってしまいます。

当然コロナにかかるリスクが高い状況であれば、命を守る行動が優先されます。

ただ、歯科医院で感染するリスクがほぼない現状であれば、人によっては歯を守らないと、抜歯して歯が無くなった後の保証は国ではしてくれません。例えばインプラント治療などで歯を1本作るのには最低30~40万円はかかることが多いです。

虫歯であっても悪くなれば痛みを伴いますし、当然進行すれば歯を失うことになってしまします。

1か月程度であればそんなに大きな問題はないかもしれませんが、ずるずると放置して悪くなってしまって、困っている患者さんを私たちは沢山みてきました。

日本歯科医師会や、神奈川県歯科医師会でも同様の考えです。
是非ご自分判断でなく、当院にてメインテナンス、リコールの間隔もご相談下さい。