院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

スタッフブログ

むし歯とは?

歯医者さんには、虫歯を治療しに来院される方も多いと思います。

今回は虫歯について少し詳しくお話しします。

虫歯とは?

虫歯は、口腔内にいる細菌が、糖分を餌にして作った酸により、歯が溶かされる病気です。

原因菌としては ミュータンス菌 があります。

ミュータンス菌は、食事やおやつなどで摂取する食べ物に含まれる糖分を栄養にして増殖し

その際に菌の周囲にネバネバした物質を作り出します。

このネバネバした物質により菌が歯に協力に付着し、たくさんの細菌の集合体を形成します。

これが増えて歯の表面に白くこびりついた汚れがプラークです。

また、ミュータンス菌は同時に 酸 も作り出します。

するとプラークの中は酸性になり、歯の表面から歯の成分のカルシウムやリンが溶け出してしまいます。

歯が溶ける状態が続くと、穴があいてしまい、虫歯が出来てしまうのです。

ミュータンス菌はほとんどの人の口腔内にいる細菌ですが、増やさないようにすること、酸を作りにくい生活習慣をすることで、

十分に予防が出来る病気なのです。

虫歯の原因には、ミュータンス菌以外にも 歯の質 糖質 などもあります。

この3つの要素が重なると、時間の経過と共に虫歯が発生します。虫歯にならない為にも日頃からこの3つのことを覚えておくと

良いかもしれません。

1ミュータンス菌 上記で説明したますので省略

2歯の質 歯が作られる時の環境にもよりますが、エナメル質や象牙質の歯の質によって、虫歯になりやすい人もいます。

     また、乳歯や萌出したばかりの永久歯も酸に弱いので注意が必要。

     丈夫な歯を育てる為にもバランスの良い食事を心がけて下さい。

3糖質  食べ物に含まれる糖質は、ミュータンス菌が酸を作る材料に使われます。

     間食が多かったり、甘い物を頻繁に摂取する習慣がある人は、歯の表面が酸にさらされる時間が長くなるため虫歯に

     なりやすい環境になります。

このことをふまえて、虫歯予防の方法、セルフケア―のポイントは

1プラークを残さず落とす 虫歯予防の基本は、虫歯の原因となるプラークを残さないことです。

             プラークが付きやすい歯と歯の間、歯と歯茎の境目、奥歯の溝、には歯ブラシの当て方を意識しながら

             丁寧に磨きましょう。歯並びの悪い所や生え替り途中の歯、奥歯は磨きにくいのでその歯に合わせた当て方をしましょう。

             歯と歯の間は歯ブラシが届きにくくプラークが残りやすいのでフロスや歯間ブラシを使いましょう。

2フッ素 フッ素は歯を強化し再石灰化を促進します。歯科医院で塗布してもらうといいと思います。

     歯磨き粉にもフッ素が入っているものが多いので使うといいでしょう。ただし歯磨き粉の中のフッ素は濃度が低いので、すすぎは

     1回程度にしましょう。

虫歯の予防にはセルフケア―がとても大事ですが、自分の口腔内や、歯並び、どんな歯ブラシが合っているかは分かりにくいので、歯医者さんで

クリーニングを受けられるのをおすすめします。

食育について

小児歯科における食育の役割

 

歯科と食育に関してはイメージが浮かびにくいと思います。今回そのかかわりについてまとめてみたいと思います。

健全な食育の為には歯科にかなりの関りがあります。

歯と口腔は食育にとって重要な役割をになっており、食育における目標である、一生美味しく食事をとるための基礎となるのは小児期に作られます。

 

胎児期

赤ちゃんの栄養や健康にとって胎児期はとても大切です。母親自身が規則正しく、バランスの取れた食生活を送ることが重要になります。

また、母親の口腔内状況も大切になります。

妊婦検診での歯科検診もぜひ受信されることをお勧めします。

 

乳児期及び離乳期

母乳は赤ちゃんにとって栄養源としてはもちろんのこと、免疫的にも大切です。また、離乳期や幼児期になってからの、噛んだり、飲み込んだりする練習にもなります。

母乳をしっかり飲ませて、飲み込む力や、吸う力によって口腔が正しく使われる期間をきちんととることが将来のお口の健康につながります。

 

①     離乳期は離乳食を通して、口に入れる、咬む、飲む、などを学んでいく時期になります。

②     物をくわえたり、なめたり、吸ったりすることで、唇や舌やあごを動かす練習になります。無理にやめさせないようにしましょう。

③     離乳食をうまく咬んだり飲んだりする為には、唇がしっかり閉じていることが大切です。食べさせる姿勢にも気を付けて、スプーンなどでうまく食べさせてあげながら気を付けていきましょう。

④     だんだん成長するにしたがって、手づかみなどもしてきますが、それも食の経験として大切なことになります。

⑤     歯の生え方にも注意し、それに応じた離乳食をすすめていきましょう。

⑥     味覚が少しずつ発達してきますので、ベビーフードのみにならず、母親の手作りの離乳食を良く咬んで味わうことで味覚を養っていきます。味やにおいなども感覚の発達に影響しますので、配慮していきましょう。

⑦     歯にとっては甘いものがお口に入り始めると、虫歯などにも気を付けなければなりません。飲み物も含めた食生活と、歯ブラシなどの清掃について、かかりつけの歯医医師や歯科衛生士と一緒に気を付けていきましょう。

 ヤガサキ歯科医院では

 幼児期から小学生6年生までを対象としたキッズクラブがあります。 

 2歳半~3歳頃までに、乳歯が20歯が萌出し小学6年生頃までに永久歯が

 24歯から28歯生え変わります。

 その間 むし歯にならない様に、歯ブラシ、フロス指導、フッ素塗布し

 口の中の状態をデータで残し、歯の写真を撮ります。

 キッズノートにシールを貼りガチャガチャができます。

 楽しみながら通院できます。

 担当衛生士が顎の成長など歯並び,食事、おやつ、など色々な相談にも

 乗ります。是非ご予約をお待ちしてます。

             衛生士  飯田まゆみ

 

9月

 

こんにちは

歯科衛生士の長友です

今日は歯科で使う麻酔についてお話したいと思います

歯科の麻酔が苦手な方は多いと思いますが、その理由は痛いからというものが多いと思います
どういう時に痛いのかというと…
①注射針を刺す時に痛い
 手動の注射器は針の太さを細くすることができず痛みが出る
②麻酔液注入時に痛い
手動の注射器はどうしても早く注入しがちで、一定の速度を保つことができず痛みが出る

当院では上記のことを考慮して針の太さを細くできて、注入速度も調整して一定にできる電動式を採用していますので、極力麻酔時の痛みを抑えられるようにしています

(e-スマイルネットより引用)

   

  

歯ブラシについて

現在、薬局やスーパー等の歯ブラシコーナーを見ると、色々なタイプの歯ブラシがありますよね。
四角いもの、丸いもの、ギザギザしたもの、毛が細いもの、太いものなどなど…選ぶのに困ってしまう方もいらっしゃるかと思います。
もちろん、それぞれの形態にはそれぞれ特化した役割があります。

お口の中は人それぞれ大きさや形態が違いますから、どんな歯ブラシが自分に合っているのか歯医者さんに行って聞いてみてください。きっと自分に合った歯ブラシを見つけることが出来ますよ!

大石
  
  
  
こんにちは。

歯科衛生士の松尾です。

9月に入り、だいぶ気温も涼しくなり、過ごしやすい季節になりましたが、皆様いかがお過ごしですか?

ヤガサキ歯科医院では、2~3か月に1回のペースで院内で勉強会を行っています。

勉強会では、歯科医師と歯科衛生士はそれぞれ当番が周ってきて、セミナーで勉強したこと発表したり、自分の患者さんの症例を発表したり、その他にも自分で勉強したことを皆で共有したりしています。

私は入社3年目なのですが、先日初めて自分の当番の回が周ってきました。

今まで私はパワーポイントでスライドを作ったことがなかったので、今回の勉強会で初パワーポイントでの発表に挑戦しました。

家族のお古のノートパソコンを貸してもらい、”歯科恐怖症”について調べ、自分が担当している患者さんの症例をパワーポイントにまとめ、発表することにしました。

元々、パソコンが苦手なので、データを取り込んだり、レイアウトに苦労しながらの作業だったのですが、先輩や家族に教えてもらいながら、何とかスライドを作ることができました。

発表の練習も家族が付き合ってくれたので、間違っているところを修正し、無事に発表を終えることができました。

結果としては、データの取り込み方や画像の見せ方がしっかりできていなかったのですが、先輩歯科衛生士の方達のアドバイスをもらえましたし、自分を見つめ直すのに、とても良い体験になりました。

今度、パワーポイントで発表する際は、もっと見やすいスライドを作ることを優先して、挑戦しようと思います。

  

   

   

初めましてこんにちは、歯科受付の山下です。

秋風が心地よく、あの猛暑がうそのように感じられる今日この頃です。
先日、小さい頃から通っていた地元の歯医者に検診で行ってきました。
今年の5月にヤガサキ歯科医院の受付として勤めることになってからは初めてでしたので今まで意識して見ていなかった医院内、ドクターや衛生士さん、受付の方の対応など見て学ぶことが多く自分も素敵な受付になりたいと思いました。
小さい頃から通っているので安心感もあり、怖い!行きたくない!という気持ちがないのでヤガサキ歯科医院に来てくださる方にもそう思っていただけたら嬉しいです。
もうすぐ10月に入り”食欲の秋”ですので、みなさま歯を大事にして美味しいものをたくさん食べましょう♪
  

梅雨

こんにちは、衛生士の鈴木です。

今週は梅雨を感じる天気が続きましたね!

じめじめ、ムシムシ、と体もだるくなる感じでした・・・

来週からはこんな天気からうって変わっていきなり真夏日!!の気温に

なるみたいですね?

もう、体がついていけません(x x)

お肉をたくさん食べて体力を付けておこうと思います!

皆様も体調崩さないようにお気をつけ下さい。

6月ももうすぐ終わりですね

こんにちは。歯科衛生士の秋山です。

6月ももうすぐ終わり、今年もあっという間に半分過ぎてしまいますね。

 

皆様は、今年の夏の予定は、もうたてましたか?

私は、いつもギリギリまで予定をたてず、気が付いたら

夏が終わっている事が多いので、今年は今のうちに予定をたてたいと

思っております。

これから暑い日がやってきますが、体調管理には気を付けて

夏を楽しみたいですね。

 

梅雨入り

梅雨に入りましたね。

通勤途中に枇杷がなっています。

川の上にせり出して、誰も採る人がいなく、鳥の餌になっています。

美味しそう~と思いながら、毎日歩いてます。

 

IMG_1326.JPG.jpeg を表示しています

            飯田でした

スカイツリー

こんにちは、歯科衛生士の安藤です。

先日スカイツリーを観に行ったところ、丁度その日から新色のライトアップが始まりました。

今回は「幟」(のぼり)というテーマのようで、上からオレンジ、黄色、黄緑色になっていました。

日によってライトアップのパターンは変わりますが、皆さんも機会があれば見てみて下さい(^.^)

CIMG2720.JPG

紫外線

こんにちは!歯科衛生士の大石です

最近、ますます熱くなってきましたね。

5月の紫外線は強いらしく、早くも日焼けをしてしまいました。

日焼け止めや、日傘など、紫外線対策をしっかり行っていきたいですね!

みなさまこんにちは。助手のナガソエです。

今日で3月も終わりです。明日から4月ですね!新入生、新社会人のみなさんはドキドキしてることでしょう。明るい笑顔で新しい環境に飛び込んで頑張って下さい!

早く暖かくなーれ

こんにちは。衛生士の鈴木です。

最近、暖かくなったり寒かったりで、体調管理が難しいですね・・・

花粉症もだんだんひどくなってきて薬を飲んでもなかなかきかない日々が

続いています(>_<)

早く桜が咲くぐらいの気温になるのを首を長くして待っていますがまだまだ安定しない

気温のようなので、皆様も体調崩さないよう、花粉にも負けずに頑張りましょう!!

月別アーカイブ