院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

院長ブログ

日本口腔インプラント学会

日本口腔インプラント学会

 

9月22日から24日まで仙台にて日本口腔インプラント学会があったので参加してきました。

仙台に行くのは2回目になります。

自分は今年に日本口腔インプラント学会専修医を取得していますが、学会で新しい知識を得ることが今後のインプラント治療につながります。

                             

20170922_073125610_iOS.jpg

                                                                

今回の教育講演では、デジタルの講演でした。

これからは今までのアナログだけでなく、デジタルの診療が増えていきます。

インプラント治療においても、これからはインプラントの治療計画から、インプラント埋入時、印象時、技工物制作など、ほぼすべてにおいてデジタルの時代になると思います。

現在までの状況から、これからの予測まで興味深く聞きました。

これからもアンテナをのばして、より良い治療結果が出せるように、知識や技術を高めていきたいと思います。

                                  

1111.jpg

 

 

          

☆☆☆☆☆

歯のつめもの、かぶせもの

こんにちは。副院長の安藤です。

夏があっという間に終わってしまいましたね!

そろそろ食べ物がおいしい季節ですね。

おいしいものを食べるためにも、お口の環境を万全にしましょう!

今日は、歯の豆知識

つめもの、かぶせものです!

むし歯を取って削った歯は通常別のもので補わなければなりません。

むし歯で溶けた部分は、再生されないのです。

つめものとは、小さい虫歯をつめる材料です。

大きなむし歯を治した場合はかぶせものといって、歯をすべて覆うような大きな材料になるのです。

では、つめものや、かぶせもの、歯の代わりのなる材料にはどんなものがいいのでしょうか。

毎日いろんなものを食べれるように、丈夫であることはもちろんです。

一番は、歯に似ている材料なのです。

どんなに丈夫でも、歯より硬すぎては他の歯を傷つけてしまいます!

ですから、歯と同じくらいの硬さであることが必要です。

また、出来る限り自分の歯と、つめものやかぶせものの、境目(マージン)がわからないよう、

歯にピッタリしている必要があります。

境目(マージン)が合っていないと、そこに汚れがたまり、再度むし歯になってしまったり

歯周病を引き起こす原因になります。

具体的に、どんな材料が適しているかというと、

歯と同じような硬さがあり、歯にピッタリした材料としては

白金加金ゴールド、セラミックが挙げられます。

白金加金ゴールドとは、いわゆる金歯のことで、丈夫でかつ歯にぴったり合った材料です。

古くからある材料で、むし歯にもなりにくい性質があります。

セラミックは、みなさんもどこかで聞いたことがあるかと思いますが

いわゆる白い歯です。

せとものと言われる材料で、見た目の美しさはピカイチです。

硬さも以前のセラミックと比べて、歯と同じくらいの硬さでできるようになり、

丈夫でかつ美しい歯を求められる方にはおすすめです。

他には、保険治療が可能なパラジウム合金、光重合レジンなどがあります。

パラジウム合金も丈夫な材料ですが、歯より少し硬すぎる性質があります。

また、光重合レジンは小さい虫歯をつめる場合は最適な材料です。

むし歯の大きさや、噛みあわせの状態によって最適な材料は変わってきます。

出来る限り長持ちするように、ヤガサキ歯科医院ではつめもの、かぶせものの治療に取り組んでいます。

特徴としては、マイクロスコープを使ったつめもの、かぶせものの治療、

精密な材料での型取りなどを行っています。

むし歯がなくても、古いつめものやかぶせものが歯に合っていないと

汚れがたまって将来むし歯になりやすくなります。

銀の歯が目立つのでやり替えたい、古いかぶせものを変えたいなどと

思われいらっしゃる方も是非ご相談下さい。

詳しくはスタッフまで!

(白金加金ゴールド、セラミック、マイクロスコープ治療は保険外診療になります。)

9月

 

こんにちは

歯科衛生士の長友です

今日は歯科で使う麻酔についてお話したいと思います

歯科の麻酔が苦手な方は多いと思いますが、その理由は痛いからというものが多いと思います
どういう時に痛いのかというと…
①注射針を刺す時に痛い
 手動の注射器は針の太さを細くすることができず痛みが出る
②麻酔液注入時に痛い
手動の注射器はどうしても早く注入しがちで、一定の速度を保つことができず痛みが出る

当院では上記のことを考慮して針の太さを細くできて、注入速度も調整して一定にできる電動式を採用していますので、極力麻酔時の痛みを抑えられるようにしています

(e-スマイルネットより引用)

   

  

歯ブラシについて

現在、薬局やスーパー等の歯ブラシコーナーを見ると、色々なタイプの歯ブラシがありますよね。
四角いもの、丸いもの、ギザギザしたもの、毛が細いもの、太いものなどなど…選ぶのに困ってしまう方もいらっしゃるかと思います。
もちろん、それぞれの形態にはそれぞれ特化した役割があります。

お口の中は人それぞれ大きさや形態が違いますから、どんな歯ブラシが自分に合っているのか歯医者さんに行って聞いてみてください。きっと自分に合った歯ブラシを見つけることが出来ますよ!

大石
  
  
  
こんにちは。

歯科衛生士の松尾です。

9月に入り、だいぶ気温も涼しくなり、過ごしやすい季節になりましたが、皆様いかがお過ごしですか?

ヤガサキ歯科医院では、2~3か月に1回のペースで院内で勉強会を行っています。

勉強会では、歯科医師と歯科衛生士はそれぞれ当番が周ってきて、セミナーで勉強したこと発表したり、自分の患者さんの症例を発表したり、その他にも自分で勉強したことを皆で共有したりしています。

私は入社3年目なのですが、先日初めて自分の当番の回が周ってきました。

今まで私はパワーポイントでスライドを作ったことがなかったので、今回の勉強会で初パワーポイントでの発表に挑戦しました。

家族のお古のノートパソコンを貸してもらい、”歯科恐怖症”について調べ、自分が担当している患者さんの症例をパワーポイントにまとめ、発表することにしました。

元々、パソコンが苦手なので、データを取り込んだり、レイアウトに苦労しながらの作業だったのですが、先輩や家族に教えてもらいながら、何とかスライドを作ることができました。

発表の練習も家族が付き合ってくれたので、間違っているところを修正し、無事に発表を終えることができました。

結果としては、データの取り込み方や画像の見せ方がしっかりできていなかったのですが、先輩歯科衛生士の方達のアドバイスをもらえましたし、自分を見つめ直すのに、とても良い体験になりました。

今度、パワーポイントで発表する際は、もっと見やすいスライドを作ることを優先して、挑戦しようと思います。

  

   

   

初めましてこんにちは、歯科受付の山下です。

秋風が心地よく、あの猛暑がうそのように感じられる今日この頃です。
先日、小さい頃から通っていた地元の歯医者に検診で行ってきました。
今年の5月にヤガサキ歯科医院の受付として勤めることになってからは初めてでしたので今まで意識して見ていなかった医院内、ドクターや衛生士さん、受付の方の対応など見て学ぶことが多く自分も素敵な受付になりたいと思いました。
小さい頃から通っているので安心感もあり、怖い!行きたくない!という気持ちがないのでヤガサキ歯科医院に来てくださる方にもそう思っていただけたら嬉しいです。
もうすぐ10月に入り”食欲の秋”ですので、みなさま歯を大事にして美味しいものをたくさん食べましょう♪
  

日本審美歯科学会

日本審美歯科学会

 

9月14日から17日にわたり、富山にて日本審美歯科学会が開かれましたので、参加してきました。

今回の学会は国際審美歯科学会(IFED)の世界大会も同時に日本で開催されるという年とのことで、海外から多くの演者がいらっしゃいました。

自分もセラミック治療など、審美的な治療を求められる患者さんも多く、世界の先生達の治療や、考え方、研究結果などはとても気になるところです。

演者の先生は日本の先生方はもちろん、アメリカ、ブラジル、ドイツ、カナダなど、海外の演者も多くいらっしゃいました。

   20170916_004812750_iOS.jpg                                        

                                                                       

海外の演者はプレゼンテーションの仕方もそれぞれ独特のものがあり、映像が綺麗だったり、視覚的に見せるプレゼンがあったり、海外の論文をきちんとまとめて発表している方も多く、大変参考になることが多かったです。

日本の先生方も臨床の写真も多く、術前術後の経過が良くわかり、これからの臨床に役立つ情報が多くありました。

今回から参加した審美歯科学会ですが、今後も参加して審美治療に役立てていこうと思います。

実りある学会でした。

 

 

 

☆☆☆☆☆

デンツプライ キャビトロンセミナー

デンツプライ キャビトロンセミナー

9月10日(日)に都内のデンツプライでキャビトロンという会社の超音波スケーラーのセミナーがありましたので、当院の歯科衛生士4人と一緒に受講してきました。

当院でも患者さんの歯石を除去する際にハンドスケーラーの他に、超音波スケーラーを併用していますが、今回は当院や、日本で多く使われているピエゾ型ではなく、マグネット式の超音波スケーラーとのことで、どのような違いがあるのか、講義や実習を受けてきました。

                                    

20170910_044150361_iOS.jpg

                                                                                                  

器械の特徴や、実際の使い方から、臨床ケースまで教えていただきました。

その後、1人1台実際にウズラの卵や、マネキンを使って使用してみました。

当院でも経験のある衛生士が参加しましたので、それぞれに使用感など体験できたと思います。

                                                      

20170910_063053880_iOS.jpg

                                                   

                                   

実際に使用してみて、従来のピエゾ型よりも効率よく歯石除去が出来そうで、当院でも購入して使用することにしました。

これからそれぞれの衛生士と共に、効率よく、又、取り残しが無いようにできれば患者さんの口腔内の歯周環境を良くできますので、是非使っていきたいと思います。

いいセミナーとなりました。

                                   

                 

☆☆☆☆☆

患者様からいただいた喜びの声

 

患者様から頂いた喜びの声

 

 

☆   今まで行ったことのある歯医者さんの中で一番安心して満足のいく治療を受けられました。

 

☆   小さい子供を連れて通える歯医者さんがなかなかなかったので大変助かりました。ありがとうございます。

 

☆   丁寧に説明、対応していただき満足できました。ありがとうございました。

 

☆   説明もわかりやすく、安心して治療を受けられました。

 

☆   こんなに少しの症状、気になることで相談しても良いのかと思うようなささいな事でも相談してみようと気になるような雰囲気で丁寧に対応していただきました。ありがとうございました。

 

☆   すごく丁寧で良かった。先生もやさしく治療もスムーズでした。ヤガサキ歯科医院に来てよかったです。ありがとうございました。

 

☆   歯を削る際の痛みがほとんどなかった。詳しい説明があったので安心だった。

 

☆   治療の時間が以前通っていたところより短いと思います。

 

☆   安心して治療をお願いできました。ありがとうございました。

 

 

 

☆☆☆☆☆

 

 

電動歯ブラシ

こんにちは。かなり涼しくなり、秋らしくなってきましたね。歯科医師の余です。

電動ハブラシを使いたいのですが、どの電動ハブラシを使えば良いですかと聞かれることが普段の診療中でもよくあります。

確かに様々なメーカーから数多くの種類が出ており、値段や機能など考えるべき要素、選択肢が多すぎて迷ってしまいます。

ネットで検索してみても、オススメの商品を何種類か紹介しているサイトがほとんどで、結局どれを選べばいいのか分からないことがほとんどだと思います

「一番高い商品を買えば、外れはない」という発想もありますが、歯磨きに関して不必要な機能がついて高額になっている商品があるのも事実です。

ここで、皆さんに一番お伝えしたいことは、電動歯ブラシは文字通り電動で毛先が動く歯ブラシなので、実際には磨けていない箇所も「振動によって磨けた気になってしまう」ことがあるということです。

つまり、電動でないハブラシで綺麗に磨くことができない方は、電動を使っても磨けないということです。

まずは、普通のハブラシで綺麗に磨けているかを歯科医院でチェックしてもらいましょう。

では、実際私が色々使ってみておすすめの電動歯ブラシについてお伝えします。

私が今自宅でも使っていておすすめの電動ハブラシは、『ソニックケア』という電動ハブラシです。

音波水流と呼ばれるシステムでブラシヘッドに毎分約31,000回の超高速振動が起こります。毛先の届きにくい歯間部や奥歯などの汚れが綺麗に取れるとのことです。

自らの実感としても以前より口の中がさっぱりとして、歯の色も少し綺麗になりました。歯の表面がツルツルになり、プラークという汚れが短時間で取れやすくなっています。

迷ったら使ってみてください!!

とはいえ、歯がしっかり磨けないと磨いた気になるばかりで奥歯が虫歯になってしまうこともあるので気をつけて使って行きましょう。

月別アーカイブ