院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

インプラント

臼歯 インプラント 審美 症例 50代 女性 多摩区在住

臼歯 インプラント 審美 症例 50代 女性 多摩区在住
患者様は左下の奥歯にブリッジが入っていましたが、一番奥の歯の根の状態が悪くなり、抜歯することになってしまいました。
H1.jpg
抜歯して歯ぐきが治るのを待って、左下にかみ合わせをどう作るかの相談になりました。
もう奥に土台となる歯が無い為ブリッジは出来ないので、入れ歯かインプラントかの選択になりました。
そこで義歯(入れ歯)はどうしても抵抗があるとのことで、インプラントをすることになりました。
奥歯に2本のインプラントを入れ、かみ合わせを作りました。
下が術後の写真です。
H2.jpg
左下には白い歯が2本綺麗に入りました。
以下、インプラントを入れてみての患者さまの感想です。
Q インプラント治療前の気持ちはいかがでしたか?
A 義歯を入れるには、まだ抵抗があった。
Q インプラントのオペはいかがでしたか?
A 口を開いたままでいることが(他の治療でも)苦痛だったので不安だったが、オペ自体は痛みもそうなかった。
Q インプラントを入れて、噛んでみていかがですか?
A 長い間噛めないでいたので、幸せです。
しっかり噛めるようになって喜んでいただけて嬉しく思います。
お手入れをしていただきながら、私達も長く良い状態を保っていくお手伝いをしていきたいと思います。
☆☆☆☆☆

カリオロジーの新しい潮流 セミナー

 
9月6日(木)に勤務医の先生と一緒に、GCで行われた予防のセミナーに参加してきました。
演者は、デンタルカリエスという、世界中の文献をもとにまとめられた教科書の著者のひとりでもある、オランダのJ O Frencken先生でした。
今回はそのデンタルカリエスの教科書でも述べられていることを、よりご本人から詳しく聞ける機会とあってとても楽しみにしておりました。
講演では、最近のカリオロジーのエビデンスをもとにお話していただきました。
聞いて分かっていることの確認から、全く新しく聞くこともあり、カリエス(虫歯)について、どうやって予防していくのかをユーモラスにわかりやすく教えていただきました。
Frencken先生は、{Teeth for life} という言葉を繰り返し使われていて、患者さにとっての生活、人生にとっての大切な歯をいかに守っていくかを考えた治療、予防をしていくことを強くおっしゃっていました。
若い先生にとっても患者様の将来の歯や、生活を考えてあげることはとても大切なことであり、すごく参考になることが多かったようです。
講演会後には、私が所属しているスタディーグループ主催の懇親会があり、疑問点などを質問する機会もあり、有意義な時間を過ごすことができました。
F.jpg
今回のセミナーで学んだことを院内の皆でディスカッションし、患者様のお口の健康を長く快適に過ごしていただけるよう、実践していきたいと思います。
☆☆☆☆☆

患者様からいただいた歯の治療をうけての喜びの声

患者様からいただいた歯の治療をうけての喜びの声
☆ 歯医者って痛いし、怖いイメージがあって、大人でも行きづらい感じありますが、ここはスタッフはじめ先生もとても優しく、子供も嫌がらず通うことができました。ありがとうございました。
☆ 引っ越してきてから歯の治療はおろそかになっていましたが、ヤガサキ歯科医院にお世話になりとても助かりました。(痛くなかったです)
☆ 説明をしっかり、治療も丁寧にしていただいたように思います。これからはこまめなケアを心がけます。ありがとうございました。
☆ 保険内でとお願いしたにもかかわらず、丁寧にやっていただいてありがとうございました。スタッフの皆さんもとても感じがよくて通うのが嫌ではなかったです。またクリーニングに伺います。
☆ 説明も治療も丁寧で安心して通院できた。
☆ ドクターが優しくてよかった。治療も痛くなかった。
☆ パソコンなどで虫歯を見える形で説明していただけたので、理解でき、納得して治療が受けられた。
☆ ひどい虫歯の状況で通い始めましたが、今は快適です。
☆ 丁寧な説明と治療でとてもよかったです。
☆☆☆☆☆

月別アーカイブ